EPIC SPEEDドライバーの試打動画まとめ

キャロウェイのEPIC 2021シリーズから発売のEPIC SPEEDドライバーについて、試打動画をまとめました。

EPIC 2021シリーズは、3種類のドライバーがあり、比較試打した動画も取り上げましたので、3種類のモデルの違いがよく分からない方にも分かりやすい内容となっています。

EPIC SPEEDドライバーは、3機種の中でスタンダードに位置する

EPICの2021年シリーズのドライバーは、3機種あります。写真左から、EPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSです。

この他にも、MAVRIKと同様にFASTタイプの存在も確認されていますが、本記事掲載時では市販されていません。

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドの最新情報

従来はスタンダードモデルとサブゼロモデルに分かれていましたが、EPIC 2021からサブゼロが無くなりました。

代わりにMAXでありながらLSという、これまでの考え方とは違ったモデルが登場していまして、ドライバーの在り方が変わってきた最近の傾向を良く表しているようにも思います。

 

本記事で取り上げているのは、一番左のEPIC SPEEDドライバーで、3機種の中でスタンダードモデルとして位置づけられています。

  • エアロシェイプで空力性能が高く、ヘッドスピードが出る
  • ハイバックなディープで、操作性がある
  • AI設計により、フェースの幅広いエリアで高初速が出やすい

EPIC SPEEDドライバーをプロがトラックマンで計測試打

試打るTVさんにて、EPIC SPEEDドライバーをトラックマンを使って計測試打している動画です。

  • EPIC FLASHは甲高い破裂音で、MAVRIKは柔らかく静かな音だった。EPIC SPEEDは、MAVRIKより弾く感じがする。
  • 投影面積が大きいタイプではなく、やや小ぶりなヘッド。後ろが長くなくて、しまって見える。
  • 球はそれなりにつかまるが、EPIC FLASHスターのように極端につかまるわけではない。
  • フェースターンはしやすい、動きやすいクラブ。
  • スタンダードタイプだから中間的なモデルということではなく、3機種それぞれが特徴を持っている。

EPIC 2021の3タイプのドライバーを打ち比べ

EPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSの3タイプのドライバーを打ち比べしています。

  • 一番飛ぶのは、EPIC MAX LSドライバー。
  • ストレッチしている形状のヘッドが苦手な方、球をコントロールしたい人は、EPIC SPEEDドライバー。
  • 慣性モーメントが大きいのは、EPIC MAXドライバー。

プロキャディがEPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSを試打

  • 3機種はヘッド体積は同じだが、顔が全然違う。
  • EPIC MAXは構えやすく安定していて簡単。EPIC SPEEDは、操作できて面白味がありそうなヘッド。
  • EPIC SPEEDは、多くのゴルファー層が広い。

あわせて読みたい