テーラーメイド P790アイアン 2021の最新情報!前作よりも弾きが強い!

テーラーメイドから発売のP790アイアン 2021年モデルについて取り上げます。

P790アイアン 2021の外観と特徴

2021年に発売のP790アイアンは、2回目のリニューアルとなります。

初代が2017年に発売されていて、2代目が2019年。今回の2021年モデルは3代目ということになります。

こちらは前作となる2019年モデルと比較したもので、左が2021年モデルで右が2019年モデルです。

実は2019年モデルと2017年モデルは、外観が非常に良く似ていたため、一目で違いが分かりにくいほどでしたが、その点が考慮されたためか、2021年モデルはバックフェースのデザインがシンプルになっていて、違いがよく分かります。

P7MBアイアンやP770アイアンとも似ていまして、中空アイアンでありながら、マッスルバックにも見えるぐらい、すっきりとしています。

バックフェースのデザイン以外で、外観の違いで注目したいのは、ネック部分とトップラインです。

2021年モデルはグースが入っていて、しっかりボールをつかまえやすくなっています。

トップラインについては、790という数字そのものがブレード長(横方向の長さ)を表していますので、大きさに違いはありませんが、厚みがあるように見えます。

進化の方向としては、やさしい方向にシフトしていると言えます。

引用:https://www.taylormadegolf.jp/taylormade-irons/New-P790-%28%2721%29-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3/DW-JJC69.html

テクノロジー面での大きな変化としては、スピードフォームが従来比69%もの軽量化が図られていて、名称も新たにスピードフォームエアーが搭載されています。

打感・打音の向上、そして、寛容性のアップが図られています。

フェース面は、前作の2019年モデルでも薄肉化が図られていますが、2021年モデルではテーラーメイド史上最薄の1.5mmになっていて、飛距離性能が高められています。

特にL字型のフェースになっていますので、貫通型スピードポケットとの相乗効果により、フェースの下目でのヒットに強さをは発揮してくれます。

P790アイアン 2021のスペック

番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 19 21 23.5 26.5 30.5 35 40 45
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 64
長さ 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75

前作と比べて、ロフト角、長さは変更がありません。ただし、ライ角は0.5°アップライトになっています。

P790アイアン 2021のシャフト

シャフト 硬さ 重量 トルク 調子
MODUS3 ツアー105 S 106.5g 1.7
950GH neo S 98g 1.7

公式サイトに掲載されているシャフトは、NSプロの950GHneo、MODUS3 ツアー105の2種類です。

前作ではダイナミックゴールドの120 VSSが掲載されていましたが、2021年モデルではNSプロのみとなっています。

NEW P790アイアン 2019の発売日・発売価格

P790アイアン 2021年モデルの発売日は、2021年9月4日が予定されています。

  • NSプロ950GH neo装着
    6本セット(5~PW):181,500円
    単品(3、4):30,250円
  • NSプロ MODUS3 105装着
    6本セット(5~PW):181,500円
    単品(3、4):30,250円

あわせて読みたい