2022年のゼクシオは、ACTIVWING(翼)を搭載!

ゼクシオ 2022年モデルが発売!

ダンロップからゼクシオの2022年モデルが発売になります。

ゼクシオは2000年に発売が開始されていて、2年毎にニューモデルが出ていますので、今回の2022年モデルは、12代目ということになります。

ゼクシオ2022年モデルの名称

ゼクシオの名称は、4代目から6代目まで色々な名前が付けられていました。

年代 世代 モデル名
2006年 4代目 ALL NEW XXIO
2008年 5代目 The ゼクシオ
2010年 6代目 新・ゼクシオ

一時、やや迷走した感もあったような気もしますが、製品としては基本的な特徴がブレずにいますので、それが長く愛される秘訣でもあります。

2012年の7代目からは、ゼクシオ7、ゼクシオ8と世代数を付与するシンプルな名前になっています。

今回のモデルは、名前のつか方が踏襲されるとすれば、ゼクシオ12(ゼクシオトゥエルブ)ということになります。

今回のゼクシオは、翼を搭載

*引用:https://www.youtube.com/watch?v=IgLEWlfVayk

既にティザー動画が公開されていまして、ゼクシオ12代目と思われるドライバーの映像が登場しています。

動画は、「翼のXXIO」とタイトルに付されています。

*引用:https://www.youtube.com/watch?v=IgLEWlfVayk

別の角度の映像では、クラウン前方にPINGのGシリーズのタービュレーターを思わせるラインが確認できます。

翼が意味するものの形状や効果は、現時点では不明ですが、恐らくはエアロ設計が採用されているのではないかと思います。

可変スリーブはゼクシオX 2022に搭載か?

出典:R&A

先程のティザー動画を見ると、ネックの部分に調整機能が搭載されていることが分かります。

軽量モデルで知られるゼクシオに可変スリーブが搭載されるというのは、違和感があります。

R&Aに掲載されているゼクシオ2022を確認してみますと、可変スリーブがあるモデルの特徴とも言うべき点が見当たりません。

具体的には、ソール側からトルクレンチを挿し込むポート、ネック部分に調整機能のポジション合わせをするインジケーションマークです。

R&Aに掲載されているものが、市販されるモデルではない可能性もありますが、それでもゼクシオレギュラーモデルに搭載される可能性は少ないと思います。

といいますのも、ゼクシオX(エックス)の方には、今回、可変スリーブが搭載されることが、同じくR&Aの掲載内容から確認されているからです。

そのため、動画で登場しているドライバーヘッドは、ゼクシオX(エックス)の方の可能性がありそうです。

 

 

あわせて読みたい