ROGUE STドライバー 適合リストに大量掲載!【2022年・キャロウェイの新作】

ROGUE STシリーズのドライバーが 適合リストに大量掲載

キャロウェイの2022年モデルと言わさされていた「ROGUE ST」が適合リストに掲載されました。

掲載されればメディアが取り上げるのは分かっていますから、年明け早々に仕掛けてくるあたり、海外ブランドならではのプロモーションの上手さを感じさせますね。

キャロウェイのドライバーは、AI設計を採用してバリエーションを容易に増やせるためか、適合リストに掲載されるヘッドの数が半端ではありません。MAVRIKシリーズでは30件近くありました。

*出典:https://www.randa.org/

今回の「ROGUE ST」は、現時点で12件ありますので、リストもこのように長くなります。

なお、レフティーモデルも含まれての12件のため、ヘッドの種類で言うと7件となるようです。ただし、あくまで現時点での話です。

内訳としては、◆◆◆トリプルダイヤモンドのマークがあるものがほぼ半分となっていますので、プロ向けモデル3件、一般向けモデル4件ということになりそうです。

ROGUE ST 一般向けモデル(4種類)!?

一般向けに市販されるモデルは、通常、トリプルダイヤモンドのマークがありませんので、今回確認されたモデルの中で、マークが無い4件を先ず紹介します。

左から、順に以下の名称となっています。

  • ROGUE ST MAXドライバー
  • ROGUE ST MAX Dドライバー
  • ROGUE ST MAX LSドライバー
  • ROGUE ST MAX FASTドライバー

スタンダードモデルはこれから出てくるか?

MAXをベースとして、LSやFASTがあるラインナップ構成は、前年のEPIC ’21と似ていますが、異なる点もあります。

先ず、スタンダードモデルだった「SPEED」タイプが無い点です。キャロウェイはAI設計による空力に力を入れていますので、名称は変われど「SPEED」に位置するモデルは用意してくると思います。

ドローモデルが充実

もう1つは、MAXにドロー仕様の「MAX D」が追加されている点です。そもそもMAX自体がつかまりをややドローですが、ヒール寄りにウェイトが搭載されていて、さらにつかまり性能を高めたタイプということになります。

ドローウェイトがあるのは、ROGUE ST MAX DドライバーとROGUE ST MAX FASTドライバーの2種類となります。

MAX FASTはかなり軽量化されていて対象ゴルファーが限られてしまっていましたが、一般的な重量のモデル(恐らく300g前後)でドローバイアスになっていますので、幅広いゴルファー層のスライサーがROGUE STシリーズを利用できそうです。

ROGUE ST プロ向けモデル(3種類)!?

先程の一般向けに市販されると思われるモデルとは反対に、◆◆◆トリプルダイヤモンドのマークがあるモデルは現時点で3機種あります。

左から、順に以下の名称となっています。

  • ROGUE STドライバー◆◆◆
  • ROGUE ST LSドライバー◆◆◆
  • ROGUE ST Sドライバー◆◆◆

名称からすると、ROGUE STドライバーがスタンダードモデルのように思えますが、◆◆◆のマークが記されていてツアープロ向けと思われますので、このモデルではないと思います。

これまでにない名称のモデルとして、一番右に「ROGUE ST S」というモデルがあります。

Sは、SPIN(スピン)を意味することが多いですが、これまではLS(低スピン)、DS(ドロースピン)といった形でスピンの種類が表記されていましたので、別の意味かもしれません。

前年のEPIC ’21と比べると、SPEEDタイプがありませんので、「SPEED」の「S」という可能性もありそうです。

先程の一般向けモデルとは明確に異なる点として、ソール前方にウェイトが搭載されています。

以前のサブゼロの特徴で、上級者向けの低スピン・強弾道の性能を高めたモデルと思われます。

まとめ

キャロウェイの2022年モデルと言われているROGUE STシリーズのドライバーについて、適合リストに掲載された件を取り上げました。

なお、この記事は、新たな情報を反映している関係上、以前の内容から大幅に更新しています。以前の情報については参考までに下記に掲載しておきますので、経緯・経過など、ご興味がある方はご覧頂ければと思います。

ROGUE STドライバー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rob Slade(@rob.c.slade)がシェアした投稿

ヨーロピアンツアーにて、キャロウェイの新たなドライバーが確認されました。

毎年この時期になると、キャロウェイは新作の情報がちらほら出始めます。

例年のスケジュールでいくと、年明けに情報解禁、2月に発売という流れになると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rob Slade(@rob.c.slade)がシェアした投稿

こちらはソールが見えてる角度からの映像です。

同じ「ROGUE」という名前が付いているだけあって、中央の構造は、2018年のROGUEと似ています。

ちなみにこちらが2018年に発売のROGUEドライバーです。

ソール後方に大きなウェイトを搭載か?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rob Slade(@rob.c.slade)がシェアした投稿

構造上でまず目が行くのは、ソール後方にあるゴールドのパーツです。

搭載位置からして、高比重金属によるウェイトではないかと思われます。

一見、以前のROGUEほどシャローな深重心には見えませんが、深い所に大き目のウェイトがあると考えると、慣性モーメントをかなり意識したドライバーのようです。

MAX LS、MAX-Dの2機種を確認

まだメーカー発表は一切ありませんので、現時点でSNSにて確認されている情報からは、複数の機種の存在が分かっています。

冒頭で紹介したモデルは、ROGUE ST MAX LSドライバーです。

そして、その後に紹介したヘッドが2つ並んだ映像に移っているのは、ROGUE ST MAX-Dドライバーです。

MAX LSは、EPIC 2021年モデルで初めて登場したタイプのヘッド、今回のROGUE STでも発売されるようです。

もう1つのMAX-Dは、筆者の記憶では過去に聞いたことのない名前です。

EPIC 2021では、MAX、MAX FASTという機種がありましたので、全体としては、スタンダードモデル、MAX、MAX LS、MAX-D、MAX FASTの5機種になるのではないかと思います。

あわせて読みたい