ゼクシオ12 2022の全モデルを一挙紹介!ドライバー・フェアウェイウッド・ハイブリッド・アイアン・パター

ダンロップから発売の12代目ゼクシオ、ゼクシオ12(2022)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

ゼクシオ12シリーズ 2022

出典:dunlop.co.jp

ダンロップのゼクシオのシリーズ12代目、ゼクシオ12。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン、パターが発売となっていて、一通り全てのクラブを揃えることができます。

今作の特徴は、アクティブウィングとリバウンドフレームの2つです。

アクティブウィング

アクティブウィングは、ウッドに搭載された空力コントロールの新たなテクノロジーです。

空力というと、空気抵抗を抑えてヘッドスピードを上げるものが極々一般的ですが、スイングを大事にするゼクシオは、敢えて空気抵抗を発生させることで、ダウンスイング中に発生しやすいフェースオープン、トゥダウンを抑える目的で採用されています。

リバウンドフレーム

リバウンドフレームは、スリクソンに搭載されたテクノロジーで、ヘッドの剛性を柔と剛で組み合わせることによって、大きな撓みが生み出されます。

このメカニズムはスリクソンのドライバーだけでなく、ゼクシオプライムのウッドやゼクシオボールにも採用されています。

そして、ゼクシオ12ではアイアンにも取り入れられ、ヘッド剛性の違う構造を組み合わせた飛びのメカニズムは、ゼクシオ全体で採用されています。

ゼクシオ12 ドライバー(12代目)

特徴・適合ゴルファー

新開発のアクティブウィングが搭載され、ダウンスイング中にフェースが開く、トゥが下がるといったブレが抑えられます。

前作のゼクシオ11で搭載されたカウンターバランス効果を生むウェイトプラステクノロジーも継承されていて、より正確で安定したスイングがしやすくなっています。

282gの軽量クラブで、ヘッドスピードが遅めの方が楽に振れ、爽快な金属音で心地良く飛ばすことができます。

右へのミスも出にくく、球の高さも出ますので、スライスを抑えたい方、楽に振りたい方におすすめです。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:282g(R)

ゼクシオ12フェアウェイウッド

特徴・適合ゴルファー

ドライバーと同様に、新開発のアクティブウィング、リバウンドフレームが搭載されています。

また、WEIGHT PLUSフルラバーグリップも採用されていますので、アクティブウィングとの相乗効果で、より安定して正確なスイングがしやすくなっています。

番手は3、4、5、7、9と細かく用意されていて、ロフト角でみると15°~23°までカバーされています。

シャローフェースで球をしっかり上げげくれて、ミスに対する強さも備わっていますので、フェアウェイウッドが苦手な方にとって、とても扱いやすいです。

スペック

番手 3 4 5 7 9
ロフト角 15° 16.5° 18° 20° 23°
ライ角 58° 58.5° 59° 59.5° 60°
ヘッド体積 185cc 174cc 162cc 147cc 136cc
長さ 43.25” 42.75” 42.25” 41.75” 41.25”

ゼクシオ12ハイブリッド

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオでは数世代前からユーティリティではなく、ハイブリッドという名称になっています。

呼び方こそ変わりましたが、同じウッド系ユーティリティであることには変わりは無く、世代が違っても同じ感覚で扱いやすくなっています。

ハイブリッドにもアクティブウィングとリバウンドフレーム、そして、ウェイトプラステクノロジーが搭載されていて、安定した正確なスイングをしやすくなっています。

前作同様、四角いフェースで、フェースのトップラインはオフセットになっていますので、ウッド系ユーティリティではありますが、ややアイアンライクに構えやすくなっています。

スペック

番手 H3 H4 H5 H6
ロフト角 18° 20° 23° 26°
ライ角 59.5° 60° 60.5° 61°
ヘッド体積 129cc 128cc 126cc 124cc
長さ 40.75” 40.25” 39.75” 39.25”

ゼクシオ12アイアン

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ特有のパーツが細分化された構造で、ステンレスボディ、タングステンウェイト、チタンフェースなどが組み合わされています。

アイアンにも柔・剛の剛性の組み合わせ構造によるリバウンドフレームが採用されていて、撓み効果で飛距離が出やすくなっています。

ディスタンス系アイアンでありながら、ロフト角は7番で28°ありますので、飛距離が出せつつ、球もしっかりと上がりやすくなっています。

アイアンらしいグリーンを狙える弾道で、楽に振れてゴルフとしての楽しさが味わえるアイアンです。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 カーボン スチール
5 22 61.5 38.25 38
6 25 62 37.75 37.5
7 28 62.5 37.25 37
8 32 63 36.75 36.5
9 37 63 36.25 36
PW 42 63.5 35.75 35.5
AW 48 63.5 35.75 35.5
SA 56 63.5 35.75 35.5

ゼクシオブレードパター(2022)

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ12と合わせて、高慣性モーメント設計のゼクシオブレードパターが発売となっています。

ちなみに、前作のゼクシオ11の時はマレットタイプでしたので、ゼクシオ12の今作では異なるタイプのパターといことになります。

ソールの左右にはタングステンニッケルウェイトが搭載されていて、ヘッドがブレにくい高慣性モーメント設計となっています。

スペック

  • ライ角:70°
  • 長さ:34インチ

あわせて読みたい