【楽天モバイル無料プラン終了】でも、楽天モバイルがお得な件

楽天モバイルの料金プランが2022年7月1日から、楽天UN-LIMIT6から7に移行します。

これにより、1GBまでは0円のプランが廃止となり、改悪だと話題になっています。

筆者自身、楽天モバイルユーザーでして、結論から言いますと、楽天モバイルを利用し続けます。

本記事では、何故、筆者が楽天モバイルにとどまり続けるか、その理由を説明します。

楽天モバイルの料金プランが楽天UN-LIMIT6から7になるとどうなるか?

▼楽天UN-LIMIT6と7の比較表

プラン 楽天UN-LIMIT6 楽天UN-LIMIT7
~1GB 0円 980円
1~3GB 980円 980円
3~20GB 1980円 1980円
20GB~ 2980円 2980円

楽天UN-LIMIT6と7の料金プランは、変更箇所が1ヶ所のみです。

ただ、0円のメニューが無くなっただけに、ユーザーにとってはインパクトが大きいため、話題としても大きくなっています。

具体的な違いは、0~1GBまで0円だったのが、1~3GBと同じく980円になりました。

つまり、0~3GBが980円となり、実質、データ利用量が0GBでも980円が発生します。

筆者の月間データ利用量は、1GB未満

筆者は、これまで1年間の利用料金無料のキャンペーンで、4月まで料金は一切かかりませんでした。

それでも、基本的にはWIFIでしか使わないため、月間のデータ利用量は1GB未満だった月が殆どです。

つまり、1年間の無料キャンペーンが無かったとしても、利用料金は0円だったわけです。

今回、1年間の無料キャンペーンが終わって間もなく、0円メニューがなくなりましたので、0円メニューの稼働に4~6月の3ヶ月だけで、有った意味が無いじゃん=”ほぼ詐欺”と感じています。

さらに、”ただで使われても困る”という蔑んだような物言いは、やっぱり信用ならぬ人だなと改めて実感しました。

楽天カードのポイント1%付与も、公共料金は0.2%に下げられ、ポイントが付かないケースも増えています。

⇒カード利用獲得ポイントの還元率が異なるご利用先

ユーザーからすると、改悪を限界まで重ねていく会社という認識です。

ここまで言うと、楽天モバイルを止めそうな勢いですが、比較検討した結果、楽天モバイルにとどまることとしました。

携帯通信各社の料金プランを、データ利用量別に表にまとめました

楽天UN-LIMIT7の発表直後、楽天モバイルからpovo2.0への移行が増えて、povoが一時パンクしたようです。

ある程度のまとまった数が楽天モバイルから出ていくのは事実のようです。

筆者もどこかに移行する気持ちでいたため、携帯通信各社の料金プランを調べてみました。

データ利用によって料金が異なるので、データ利用別にまとめたものが以下の表です。

プラン 楽天
UN-LIMIT7
ahamo povo Y!mobile linemo mineo
~1GB 980円 2700円 980円 1980円 900円 1180円
1~3GB 980円 2700円 980円 1980円 900円 1180円
3~5GB 1980円 2700円 2700円 2980円 2480円 1380円
5~10GB 1980円 2700円 2700円 2980円 2480円 1780円
10~15GB 1980円 2700円 2700円 2980円 2480円 1980円
15~20GB 1980円 2700円 2700円 2980円 2480円 1980円
20GB~25GB 2980円 4500円 2980円 2480円 1980円
25GB~100GB 2980円 4500円 3780円 2480円 1980円

筆者は、家出のWIFIが中心のため、月間3GBまでに抑えることができます。

その条件で見てみると、候補に挙がってくるのは、980円の楽天、povo、900円のlinemo、1180円のmineoあたりです。

povoは料金プランが特殊で、足らなくなったら、都度、データ転送量を購入する形になります。これだと子供の分が天井無しになるのが目に見えているのと、管理が面倒なので、povoな選択肢から外れます。

残るはlinemoとmineoです。

linemoは3GBの900円と25GBの2480円の選択式です。3GB900円は魅力的ですが、段階的な従量課金ではないところは不便です。

mineoはMAXで1980円なので、楽天のMAX2980円と比べるとかなり安いです。家族の使用状況によっては、mineoの方がお得になりそうです。

思っていたほど、他社がお得なわけではなく、逆に楽天は3段階に分かれている点は、データ利用量が少ないユーザーにとっては有難い仕組みです。

【結論】当面は楽天のまま、今後の候補はmineo

当面は、最安料金が980円と最安クラスなのと、データ利用量が3段階に分かれているので、楽天モバイルを利用し続けます。

対抗馬として魅力的なのは、mineoです。

最安プランこそ1180円で少し高いですが、データ利用量は楽天よりも多い4段階制で、MAX料金も楽天より500円も安いです。

今後、家族のデータ利用量があまりにも多いようであれば、mineoに移行を検討します。

あわせて読みたい