ステルスPLUSドライバーの評価・試打動画

テーラーメイドから発売されているステルスPLUSドライバーについて取り上げます。

ステルスPLUSドライバー

テーラーメイドが遂に発売したカーボンフェースのドライバー。以前にも挑戦したことがありましたが、今回は不退転の決意でカーボン化に挑んでいます。

ドライバーヘッドの中で最も重量が嵩むのがフェース。そのフェースを従来のチタン素材からカーボン素材に置き換えることで、大幅な軽量化に成功しています。

余剰重量が大幅に生み出されたことが功を奏してか、SIM2で廃止されたスライダー式のウェイト調整機能が、ステルスPLUSドライバーで復活していて、前側に搭載されていることで浅重心による低スピン化にも貢献しています。

ステルスシリーズは、かなりツアープロ寄りに設計されていると言われていて、2022年のドライバー市場の中で、1、2を争う低スピン・低弾道のハードスペックモデルと言われています。

ステルスPLUSドライバーの試打・評価

テーラーメイド ステルスPLUS ドライバー トラックマン試打

  • 60層のカーボン素材を精巧に組み合わせて、フェース全面にナノレベルのポリマーコーティング(PU)を施したフェース素材が採用されています。
  • フェース重量はチタンの43gから24gと44%の軽量化を達成 この大きな余剰重量をより周辺に配分できることが、大きなメリットです。
  • フェース面積は20%拡大し、スイートエリアが広がっています。面積が大きくなっても「イナーシャジェネレーター」と流線型クラウンによって、空気抵抗は『SIM2』よりもさらに軽減されています。
  • 音響性能にもこだわり、カーボンを採用することで懸念される、打感や打音の影響を感じさせません。
  • STEALTH PLUS+は、3機種の中でもっとも上級者向けモデル。『SIM』で採用されていたスライディングウェイトが復活(10g)。低重心設計で低スピン性能が高い強弾道が持ち味の特性です。
  • 標準シャフトは『RED』よりもやや硬めの『TENSEI SILVER TM50(’22)』。 『PLUS+』はセレクトフィットストア限定製品です。

ステルス+とステルスの打ち比べました!どちらの方が良いのか?

ロフト9°、赤VENTUSの6Xで試打されている動画です。

ステルスとステルスPLUSについて、違いなどを語られています。

動画の中で触れられているマーク金井氏の動画については、以下に掲載しています。

テーラーメイドステルスを大解剖! マーク金井オルタナゴルフ・新作ドライバー編【1】

  • マーク金井オルタナゴルフ・新作ドライバー編【1】は、テーラーメイドの最新ドライバーステルスをマーク金井が大解剖!
  • 誰も言わなかったステルスの本当の姿をオルタナティブに浮き彫りにします。
  • SIM2と比べてどう変わったのか?わかりやすく説明しています。

話題の最新ドライバー『STEALTH PLUS』で最新シャフト徹底試打検証!!シャフト別にどういう人に合うかも徹底解説!!

  • 今回は話題のステルスプラスに最新シャフトを装着して、最新シャフトがどういう人に合うのかを徹底検証!!
  • 今回の試打クラブがステルスプラスということもあり、ややハードスペックも試打しているので、是非クラブ選びの参考にしてみて下さい。

ステルスPLUSドライバーのスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 56°
体積 460cc
長さ 45.75インチ

ステルスPLUSドライバーのシャフト

シャフト 硬さ シャフト
重量
クラブ
重量
トルク バランス 調子
TENSEI SILVER
TM50 (’22)
S 約60 約312 3.9 D3.5
SR 約57 約310 4.3 D3
R 約55 約308 4.7 D3
Tour AD UB-6 S 65 約316 3.2 D3.5
SPEEDER NX 60 S 63.5 約315 3.7 D3
Diamana PD 60 S 64.5 約315 3.3 D3.5 中元

あわせて読みたい