ブリヂストン Bシリーズ 2023年モデルのドライバー

ブリヂストンゴルフのBシリーズのニュードライバーが、ルール適合リストに掲載されました。

現行のBシリーズでは、B1、B2、B3SD、B3DDの4タイプがプロパーモデルとして市場展開されています。

2代目となる2023年のリニューアルモデルは、B1とB2の存在が確認されました。

B-Limited B1 LSドライバー

*出典:R&A

こちらは、B-Limitedという冠が付いていますので、プロパーモデルではなく限定発売のモデルと思われます。

現行の初代Bシリーズのリリースの時も、B-Limited B1ドライバーという限定モデルが発売されていますので、同じ位置づけのドライバーと考えられます。

  • ロフト角9°
  • SP-COR
  • SLIPLESS BITE MILLING
  • SPINE STABILIZER HOSEL
  • ウェイトポート(左右)

ソールの中央から前方ぐらいのトゥ側・ヒール側に、取り外しできそうなウェイトが1つずつ搭載されています。

トゥ側は6、ヒール側は4と記されていますので、左右で重量が異なっていて、入れ替えることによりつかまりを調整できることが想像されます。

最近は、AEROJET LS、PARADYM◆◆◆、ZX7 MKⅡなど、ウェイト重量を揃えず調整余力を持たせたタイプが主流となっています。

なお、ツアー会場で確認されているB-Limitedモデルは、ソール後方に移動式ウェイト調整機能が搭載されているものもありますので、まだまだ別のバージョンもありそうです。

もう一つ触れておきたい点として、「SPINE STABILIZER HOSEL」が挙げられます。これは恐らくネックに搭載された可変スリーブによる角度調整機能がだと思われますが、SPINE STABILIZERとありますので、シャフトを回転させずにできるタイプに変更された可能性が考えられます。

他メーカーでは本間が「ノンローテティングシステム」という名称で一早く採用していまして、同様のタイプのものではないかと思われます。

B1 STドライバー

*出典:R&A

こちらは現行のB1ドライバーのリニューアルモデルと思われるB1 STドライバーです。

STの意味はまだ公表されていませんが、Straight、Stableといった安定感を意味するものや、Speed、Spinといったハードさを意味するものが想像されます。

B1の位置づけを考えると、プロパーモデルの中で最もハードなタイプで、小ぶり・低スピン・強弾道を特徴としたモデルとなりますので、その位置付けは恐らく変わらないでしょう。

  • ロフト角9.5°、10.5°
  • SP-COR
  • DRAW・FADEのウェイト調整機能
  • ウェイトポート(左右)
  • SLIPLESS BITE MILLING
  • SPINE STABILIZER HOSEL

B1 STドライバーは、B-Limited B1 LSドライバーとよく似ています。大きく異なる点は、ソール後方にウェイト調整機能が搭載されている点です。

ウェイトポートを3つ搭載していて、ニュートラル、ドロー、フェードの切替が可能となっています。

可変スリーブと組み合わせることで、かなり自由に弾道をカスタマイズできそうです。

B2 HTドライバー

*出典:R&A

こちらは現行のB2ドライバーのリニューアルモデルと思われるB2 HTドライバーです。

B1のSTに対して、B2はHTというワードが添えられています。こちらもHTの意味は現時点で確認されていませんが、現行のB2がドローバイアスであることを考えると、ハイドローを意味するものではないかと思われます。

  • ロフト角9.5°、10.5°
  • SP-COR
  • ウェイトポート(左右)
  • SLIPLESS BITE MILLING
  • SPINE STABILIZER HOSEL

B2 HTドライバーにもトゥ側・ヒール側にウェイトが1つずつ搭載されていますが、位置がソール後方に寄せてあり、ウェイトの大きさが通常のものより小ぶりに見えます。

また、トゥ側はSD、ヒール側はDDと近くに記されていますので、重量を変えるか取り外すかして、Straight Drive、Draw Driveの度合いを高めることができそうに見えます。

まとめ

ブリヂストンのBシリーズのニューモデルについて取り上げました。

現時点では、適合リストに掲載されたことと、ツアー会場でブリヂストンの契約プロが手にしていることで、情報が集まってきてきます。

商品サイクルを考えると、発売時期は2023年後期と思われますので、近々、メーカーからも公式な詳細情報がリリースされると思います。

あわせて読みたい