Mizuno ST-Z 230ドライバーの試打・評価動画

ミズノ ST-X / ST-Z 230 ドライバーを試打|新製品レポート

 

 

テクノロジー

フェイス寄りに搭載された青い部分があります。これがゴアテックチャンバーで、ウレタン樹脂となっています。

この中に鉄心ステンレスが内蔵されていて、ボールがフェースとインパクトする際にコアテックチャンバーがたわみ、鉄心ステンレスが前に行くことで復元のエネルギーが強くなり、より高い反発力が得られます。

フェース

フェースは、前作同様ベータチタンを使用していて、従来のチタンよりも非常に硬くてたわみやすい金属です。

打感も非常にソリッドなのが特徴です。

ミズノ純正のツアーAD GM Dシャフトは、重量55g、登録5.4、調子は中調子になっています。

装着するとクラブ総重量は300gぐらいです。

ヒール

ヒール側のエリアでは、カーボン素材を使用していて、一番後方にあるウエイトがややヒール側にスライドする形になっています。

重心の位置がややヒール側になっていて、ボールがつかまりやすいモデルとなっています。

Xモデル

Xモデルは、ライ角が59度の設定になっており、少しアップライトの設計になっています。

Zモデル

Zモデルは、ライ角が57.5度の設定になっていて、ソール全体に綺麗にカーボンで設計されています。

ヒール側のBIOSはあまり強くかかっていません。

ソール後方のウェイトもしっかり真ん中に設定されていて、Xモデルに比べると直進性をしっかりと高めたモデルです。

まとめ

ミズノのST-X ST-Z 230ドライバーは、コアテックチャンバーを導入したことで反発性能が向上し、フェースにベータチタンを使用していることで打感もソリッドなモデルとなっています。

ST-X ST-Z 230ドライバーをH/S43前後のアマチュアゴルファーが試打・評価

ST-X 10.5度 純正ツアーD GM D 55 S

  • 打感は素晴らしく、振りやすい感じでした。
  • 初速は非常に早く、ロースピンなのかもしれませんが、シャフトが弱いかなと感じました。
  • 距離は245ヤードで、キャリーは出ませんでしたが、非常に降りやすい感じでした。

ST-Z 9.5度 純正ツアーD GM D 55 S

  • シャフトはしっかりしているような感じがしましたが、右にすっぽ抜けてしまいました。
  • 距離は250ヤードを超えていましたが、シャフトが柔らかすぎるかなと感じました。

ST-X 10.5度 純正ディアマナMM D 62S

  • シャフトは重い感じがしましたが、左肩上がりまぷりという感じでした。

ST-Z 9.5度 ディアマナ BF 60 S

  • 右に引っ掛けてしまいました。
  • 距離は250ヤードを超えていましたが、シャフトが柔らかすぎるかなと感じました。

あわせて読みたい