ビッグバーサ アイアン 2023の評価・試打動画

ビッグバーサ アイアン 2023

キャロウェイのビッグバーサ アイアン 2023は、2021年に発売されている同名モデルのリニューアルモデルです。

特徴は変わらず、シリーズ全体でつかまりの良さを前面に打ち出していて、アイアンは限界ぐらいまでグースが設けられたネック形状になっています。

7番のロフト角は27°で、いわゆるディスタンス系アイアンに属しますが、ヘッドがどっしりしていて、ロフト角以上に球が上がりやすくなっています。

同じ2023年に発売されているパラダイムシリーズのアイアンと比べても、オートマチック性、高弾高さは、ビッグバーサの方が優れています。

ビッグバーサ アイアン 2023の試打・評価

キャロウェイ ビッグバーサ アイアン トラックマン試打

試打ラボしだるTVにて、ビッグバーサアイアンを試打されています。

試打クラブは、ヘッドが7番27°で、シャフトがNSプロ 950GH neo Sです。

スライスの悩みが一気に解決!キャロウェイ「ビッグバーサ」シリーズ(2023年モデル)

クラブフィッターの小倉勇人氏が、キャロウェイ2023年最新「ビッグバーサ」シリーズ全般について解説されています。

<ビッグバーサ アイアン>

  • アイアンは、がっつりグースネックになっている。
  • 厚めのブレード、ダーククロムメッキの仕上げで、ヘッドは大きいけど大きく見えない。
  • 打つと、オートマチックにつかまって、飛距離が出る。
  • スライスに悩んでいる方は、ビッグバーサシリーズをセットで買ってしまうと良い。

【BIG BERTHA】本気でスライスに悩んでいるゴルファーに贈るクラブ

スライスに悩むゴルファー代表のプロフィギュアスケーター・小塚崇彦氏。

キャロウェイのクラブ史を知り抜く、QPさんこと関雅史プロと一緒にキャロウェイゴルフ東京本社のプレミアムフィッティングにて、新しい『ビッグバーサ』シリーズを試打。

ビッグバーサ アイアン 2023のスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
I#6 24 62 37.5
I#7 27 62.5 37
I#8 31.5 63 36.5
I#9 36.5 63.5 36
PW 42 64 35.75

ビッグバーサ アイアン 2023のシャフト

シャフト 硬さ シャフト重量 トルク 調子
SPEEDER NX for Callaway R 52g 3.6
N.S.PRO 950GH neo S 98g 1.7

あわせて読みたい