G430 MAX 10Kドライバーの評価・試打動画

G430 MAX 10Kドライバー

G430 MAX 10Kドライバーは、PINGのG430シリーズに後から追加されたモデルです。

G430には、既にHLシリーズが追加されていますが、2024年の追加は10Kタイプです。

10Kは奇しくもテーラーメイドと名前も内容も重なっていて、縦横の慣性モーメントの合計が10,000g・cm2を超えた高MOIを意味しています。

G430 の10Kシリーズは、MAXとMAX HLの2種類ありますので、ヘッドスピードが遅めの方もHLの方で使うことができます。

G430 MAX 10Kドライバーの試打・評価

【PING】新モデル『G430 MAX 10K』をツアープロが試打検証。『G430 MAX』との比較検証も!

  • PINGの新製品【 G430 MAX 10K ドライバー】を、ツアープロの勝又崇之プロが試打!
  • 『G430 MAX』とどう違う?どんなゴルファーに合う?

【最新クラブ】G430 MAX 10K・ドデカイ慣性モーメントでクラブがスッ!!「気軽にマン振り」が流行りそうな予感

ピンから登場した【 G430 MAX 10K(ジー ヨンサンマル マックス テンケー)】ドライバーと、同時に登場した【 G430 MAX 10K HL(ジー ヨンサンマル マックス テンケー エイチエル)】ドライバーを紹介。

人気のG430シリーズに、驚異の慣性モーメントを備えたモデルがラインアップ。「曲がらない」ってこういう感覚だったのかと、初めて知ることができる未知なるクラブなのです! 打てば分かる、10Kの実力。

<試打クラブ>

  • ピン G430 MAX 10K(ジー ヨンサンマル マックス テンケー)ドライバー
  • ピン G430 MAX 10K HL(ジー ヨンサンマル マックス テンケー エイチエル)ドライバー

『G430MAX 10K』ドライバー解説&試打評価【PING(ピン)】

  • ピンの2024年NEWモデル『G430MAX 10K』ドライバーの解説動画です。
  • ヘッド上下・左右の慣性モーメントが10000g・cm2という過去最大の大MOIドライバーです。
  • 大MOIを実現するテクノロジーを解説しつつ、試打した感想を踏まえてNEWモデルの特性を深掘りします。

G430 MAX 10Kドライバーのスペック

ロフト角 9.5° 10.5° 12°
ライ角 59.5°
体積 460cc
長さ 45.75インチ

G430 MAX 10Kドライバーのシャフト

シャフト フレックス 長さ 重量 トルク 調子
ALTA J CB BLACK R 45.75 49 5.3
SR 53 5.2 中先
S 58 5
PING TOUR 2.0 CHROME 65 R 45.25 55 4.4
S 60 4.2 中元
X 65 3.8
PING TOUR 2.0 CHROME 75 R 45.25 67 3.7
S 69 3.3 中元
X 72 3.2
ALTA J CB BLACK S 45.25 59 3.8 中元
X 65 3.5 手元
ALTA J CB BLACK S 45.25 73 3.2 中元
X 76 2.9 手元
FUJIKURA SPEEDER NX 35 46 38 6.3
FUJIKURA SPEEDER NX 45 46 45 5.1 先中

あわせて読みたい