XXIO ゼクシオ10フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

ダンロップのゼクシオ10フェアウェイウッドについて取り上げます。

XXIO ゼクシオ10フェアウェイウッド

ゼクシオ10フェアウェイウッドは、ゼクシオ10から発売されているフェアウェイウッドです。ゼクシオ10は、2000年に初代モデルが発売されてから2年毎のリニューアルを重ね、10代目となるモデルです。

シャローバックの安心感のある形状

ゼクシオ10フェアウェイウッドは、従来モデルよりも投影面積が大きいシャローバック形状になっています。構えた時に安心感がえられます。

ゼクシオ10フェアウェイウッドもカラーが選べる!

ゼクシオ10ドライバーと同様に、フェアウェイウッドでもネイビーとレッドの2色が用意されています。ちなみに言うまでも無いかもしれませんが、ゴルフショップでの売れ筋を見てみると、ネイビーの方が圧倒的に人気があります。

ゼクシオ10フェアウェイウッドも、芯が拡大!

ゼクシオ10のフェースは、強度を増して薄肉化を進めたカップフェースが採用されています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2017/s149.html

こちらはドライバーの画像になりますが、打点確率の高いエリアの反発を高め、そのエリアが拡大されています。前作と比べて、芯で捉える確率が高まっています。

ゼクシオ9からの変更点

ゼクシオ9から買い替える方には、性能のアップと同じぐらい、スペックの変更点が気になるとことです。今回、ゼクシオ9からゼクシオ10へのリニューアルで、2点ほど注目したい変更点があります。

モデル ゼクシオ9 ゼクシオ10
ライ角 58° 59°
長さ 43インチ 43.25インチ
クラブ重量 286g 279g

上の表は3番ウッドでのデータとなります。他の番手でも同じですが、まず、クラブの長さがゼクシオ10では0.25インチ長くなっています。これは、飛距離を伸ばそうという設計側の意図だと思われます。ちなみに、0.25インチは6.35mmですから、違いを感じない人もいると思います。

次に、クラブの重量は7g軽量化されています。ドライバーの方は2gの軽量化でしたので、フェアウェイウッドの方は大きく軽量化されています。こちらはクラブが軽くなりますので、振りやすさに寄与します。

POINT:前作からの変更点

  • クラブが0.25インチ長くなっている。
  • クラブ重量が7g軽くなっている。

ゼクシオ10フェアウェイウッドの試打・評価

ゼクシオ10フェアウェイウッドの5番ウッドを試打

アベレージスコア95前後のゴルファーによる試打動画です。

ゼクシオ10フェアウェイウッドを練習場で試打

屋外で打っていますので、実際の打音・弾道が参考になります。直進性が高いです。

アマチュアゴルファー二人による試打

ゼクシオ10ドライバーはミスがミスにならないドライバーです。

ゼクシオ10フェアウェイウッドのスペック

番手 3 4 5 7 9
ロフト角(°) 15 16.5 18 20 23
ライ角(°) 58 58.5 59 59.5 60
ヘッド体積(cc ) 186 174 161 146 128
クラブ長さ(インチ) 43.25 42.75 42.25 41.75 41.25
クラブ重さ(g)R 279 282 286 290 294

ゼクシオ10フェアウェイウッドの販売価格と発売日

ゼクシオ10ふぁあウェイウッドの発売開始日は2017年12月9日(土)です。販売価格は、標準シャフトのゼクシオ MP1000 カーボンシャフトが装着されたモデルで、53,000円(税抜き)となっています。ちなみにゼクシオ9は55,000円でしたので、2,000円安くなっています。

あわせて読みたい