TS3ドライバー 試打・評価・徹底解説

タイトリストのTS3ドライバーについて取り上げます。

TSドライバーは3種類4種類ある

★追記:TS1ドライバーが追加で発売されましたので、3→4に訂正します。
(⇒タイトリスト TS1ドライバーの最新情報!試打動画もあり!)

出典:https://www.titleist.com/

TSはタイトリストから2018年後半に発売されている新たなブランドです。市場関係者の間では、これまでの915、917の流れをくむ919D2、919D3ドライバーがリリースされると考えていた方が多かったようですが、名前もコンセプトも全くことなるモデルがリリースされました。

2018年の10月にまずTS2、TS3ドライバーがリリースされ、当記事執筆時点では、USサイトでTS4ドライバーの情報も掲載されています。(日本サイトでは掲載がありません)

ツアープロではなく、市場に目を向け始めた!?

タイトリストと言えば、ツアープロの意見を取り入れて製品開発を行っていて、ぶっ飛び系のドライバーとは対極にあるイメージがあります。しかし、今回のTSモデルは、タイトリスト・スピードというスピードに拘って開発する特別プロジェクトが立ち上げられ、ゼロベースで開発されています。ターゲットゴルファーは、従来のツアープロや上級者層だけではなく、中級者ぐらいまで視野に入れていると考えて良いでしょう。

スリクソンもZero Srixonと銘打って従来の小ぶりなヘッドを廃止しましたので、業界全体が「やさしい」「飛ぶ」ドライバーに傾いています。

TS3ドライバーは、中弾道・低スピンタイプ

こちらがTS3ドライバーです。全く新たなモデルですが、TS2、TS3というモデル名に添えられた数字は、従来の917D2、917D3等と同様になっています。

「2」「3」の定性的な意味合いは継承されつつも、これまでのような明確さはありません。例えば、917D2は460ccの丸形ヘッド、917D3は440ccの洋ナシ型でした。

TS2・TS3ドライバーは、共にヘッドサイズが460ccとなっています。形状はTS3の方が洋ナシ型でストレッチが短いように感じられます。弾道は中弾道の低スピンで、TS2と比べて操作性が高いモデルとなっています。

POINT!TS3ドライバーの特徴

  • 重心調整機能により弾道を調整できる。
  • ヘッド後方が持ち上がっていて、中弾道・低スピンで飛ばせる。
  • 洋ナシ型のヘッド形状で、操作性もある。

Sure Fit CGを搭載、ウェイト調整できる

出典:http://www.titleist.co.jp/htm/catalog/2019/190222_DealerCatalog2019_Final2.pdf

TS3モデルの最大の特徴は、ウェイト調整機能です。ソール後方に貫通しているスティック状のウェイトは、左右のマグネット式の重りを付け替えることで、ニュートラル、ドロー、フェードに変えることができます。

ネックにはロフト・ライ調整機能を搭載

ネック部分には、カチャカチャ式と呼ばれている専用レンチで脱着を行うロフト・ライ調整機能が搭載されています。

先ほどのウェイト調整はTS3ドライバーのみの機能ですが、こちらの調角機能はTS2、TS3の双方に搭載されています。

TS3ドライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打


試打だけでなく、ヘッドの特徴の解説が参考になります。

TS2ドライバーとTS3ドライバーの特徴を解説


ヘッド形状の違いについて詳しく解説されています。

TS3ドライバーのスペック

ロフト角 8.5/9.5/10.5°
ライ角 58.5°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト Titleist Tour AD 60
長さ 45.25インチ
フレックス SR/S
シャフト重量 58/60g
クラブ重量 310/312g
トルク 4.1/3.9
キックポイント 中調子

ロフトが8.5、9.5、10.5の3種類です。クラブ長さは、標準シャフトの装着モデルで45.25インチとなっていまして、シャフト種類が違うもののTS2よりも0.25インチ短くなっています。

TS3ドライバーの販売価格と発売日

TS3ドライバーの発売開始日は2018年9月28日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは3種類あります。

  • Titleist Tour AD 60 (SR/S) 本体価格 ¥72,000 + 税
  • Tour AD VR-6 (S) 本体価格 ¥89,000 + 税
  • Speeder 661 EVOLUTION V (S) 本体価格 ¥89,000 + 税

 

あわせて読みたい