PING G410 PLUSドライバーの試打動画まとめ

PINGのG410 PLUSドライバーについて、試打動画をまとめました。

PING G410 PLUSドライバーは、渋野日向子の効果で大人気!

PINGのGシリーズのドライバーは、G400のLSTがアスリートゴルファーの間で評価が高く、一気に注目を集めました。

そして、PINGと契約している渋野日向子がメジャー制覇したことから、優勝時に手にしていたG410 PLUSドライバーが俄然注目モデルとなりました。

PINGはものづくりの面で評価が高いメーカーのため、人気先行という訳ではなく、G410の評価は前作に劣らず高く、アベレージゴルファーからアスリートゴルファーまで、幅広い層に支持されています。

G410 PLUSをロフト角別に打ち比べ

スライサーのアマチュアゴルファーが、G410 PLUSドライバーを9.0°、10.5°のロフト角別に打ち比べています。

最初に10.5°で試打されていて、スライスが出ない、真っすぐ飛ぶと高評価でしたが、その後、9.0°で試打されると、スライスを連発されています。

「ロフト角がある方がスライスが出ないのかな」という感想を述べられていまして、一般的にもそのように言われています。

ロフト角選びの重要さを改めて感じさせてくれる、とても参考になる動画です。

G410 PLUSドライバーをプロが試打・評価

ロフト角9°、PING TOUR 173(65 S)で試打した動画です。

  • PINGのクラブは10回打って平均点が高い。
  • ウェイトは3ヶ所に装着可能。FADEにするとLS TECに近くなり、DRAWにするとSFTに近くなる。
  • LS TECでなくても、FADEポジションにすれば調度良い。
  • G400のバランスの良さが残ってて、慣性モーメントが大きくなっている。
  • 弾道が曲がらない。
  • マイナス点を挙げるとすると、前作までのスリーブが使えない点。

G410 PLUSとG410 SFTドライバーを打ち比べ・比較

マーク金井氏により、スタンダードモデルのG410 PLUSドライバーとドロー仕様のG410 SFTドライバーを試打・比較した動画です。

  • G400と比べると、慣性モーメントが大きいわりに、ボールのつかまりが良い。
  • ウェイト位置をDRAWに変えると弾道がはっきり変わる。
  • 弾道調整は、スリーブでフェースの向きを決めて、その次にウェイトを変えると良い。
  • PLUSよりもSFTに方が、構えた時にフェースがスクエアに近い。
  • SFTはつかまりが良い。とは言え、スライスしている人がドローになるわけではない。
  • PLUSをドローにしたのとSFTは、あまり変わらない。

G410シリーズのドライバー3種をクラブフィッターが打ち比べて解説

  • スピン量は特別少なくは感じないが、サイドスピンは抑えられている。
  • 打ち出した方向に真っすぐ飛ぶ。

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い

 

620MB・CB、T100・200・300アイアンを横田真一プロが試打した結果

タイトリストのアイアン、620シリーズとTシリーズを、横田真一プロがタイトリストのショップで打ち比べして、打感などを試打・評価されていますので、取り上げてみたいと思います。

タイトリストの620シリーズアイアンとTシリーズアイアン

タイトリストからは当記事執筆の2020年7月現在、620シリーズ、Tシリーズのアイアン、そして、日本市場向けのVG3シリーズがあります。

今回、横田真一プロが試打したのは、620シリーズとTシリーズです。

620シリーズのアイアンは、620MBと620CBアイアンの2種類があります。そして、Tシリーズのアイアンは後からモデルが追加されていて、当初はT100、T200、T300の3種類でしたが、T100・S、T400が追加され5種類となっています。

撮影の時期には、T100・SとT400がまだ店頭になかったようで、620MB、620CB、T100、T200、T300の5本を試打されています。

620MB、620CB、T100は軟鉄鍛造

620シリーズは、ツアー向けのアイアンで、MBはマッスルバック、CBはキャビティーバックです。

キャビティーバックと聞くとやさしそうな印象を受けますが、ポケットは無く、ブレードは薄く、シャープで、アベレージゴルファーが簡単に扱えるようなアイアンではありません。

T100アイアンはCO-FORGED(精密鍛造)と呼ばれるタイトリストの特許製法により、タングステンを搭載した軟鉄鍛造となっています。

タイトリスト 620MB・620CBアイアン!マッスルバックとキャビティーバックの2タイプ!2019年8月30日発売

T200、T300アイアンはステンレス

T200アイアン、T300アイアンはステンレス製のアイアンです。

そして、T200は今時のアイアンらしく、中空構造が採用されていて、中にタングステンが搭載されています。

T300アイアンは薄いフェースに厚めのキャビティーとなっていて、飛距離性能とミスへの許容性を高めた形状になっています。

横田真一プロによる試打

手に取った印象では、断然、620MBアイアン推しで、T100アイアンも高評価でした。

試打は、T300、T200、T100、620CB、620MBという順番で、徐々にシビアになっていく順です。

7番のロフト角を見比べると分かりやすく、29°、30°、33°、34°、35°となっていきます。

ちなみに、この試打の中で登場しないT100・Sは31°、T400は26°です。

T400アイアンの最新情報をまとめました

当然ながら、Tシリーズよりも620シリーズの方が打感が良く、試打前の段階でも好感触のようです。

ただ、打感とトレードオフで飛距離が落ちます。

T300、T200はキャリーで170ヤード超えですが、T100は160ヤード超え、620系は150ヤード超えに留まっています。

T100の打感が良いと評価されていて、飛距離も162ヤード出ています。

結論として、横田真一プロがどれを最良と思ったのか、本人もマッスルバックの打感重視か、飛距離性能を得て楽にプレーした方が良いか、迷われているように感じました。

最終的には、打感が良くても飛距離が出るアイアンの方が楽と述べられているので、T100アイアンは上級者にも適していそうです。

T100アイアンは、更に飛距離性能を高めたストロングロフトのT100・Sアイアンもありますので、この辺りの選択ができるのも有難いです。

 

SIM MAXドライバーの試打動画まとめ

テーラーメイドのSIM MAXドライバーについて、試打動画をまとめました。

SIM MAXは、やさしい方のドライバー

テーラーメイドの新シリーズ「SIM」からは、アスリートゴルファー向けの調整機能が付いたSIMドライバーと、アベレージゴルファー向けのSIM MAXドライバーが発売されています。

なお、後者のSIM MAXにはドローモデルがありまして、SIM MAX Dドライバーという第3のモデルも発売されています。

本記事では、SIM MAXドライバーについて取り上げます。

SIM MAXドライバーとM6ドライバーを試打比較

  • M6より弾いている感じがする。SIMより柔らかい。
  • M6より吹け上がる感じが無い。
  • SIMよりボールがつかまる。
  • ヘッドスピードが40~42m/sぐらいの人は、SIMよりSIM MAXが良い。

SIM MAXドライバーとSIMドライバーを試打

  • SIM MAXは重心距離が長いので、ヘッドターンがゆっくり。
  • フェースを開かずに振ると良い。
  • 広いエリアでフェースの反発がある。

SIM MAXドライバーを試打

  • SIM MAXはSIMよりも軽い分、振りやすい。
  • 距離重視で振りやすさを求めるのであればSIM MAX、コントロールしてドロー・フェードを打ちたい方はSIM
  • SIM MAXの方がつかまりやすいので、ハイドローが出る。

松山英樹はZXドライバーのヘッドとシャフトを模索中か?

ゴルフ界はツアーの中止・延期が多発し、落ち着かない年となっていますが、松山英樹の2020年の成績は好調を維持しています。

成績と合わせて注目されるのがクラブセッティングでして、アイアンだけでなく、ついにドライバーも契約しているスリクソンに戻したことが話題となっています。

SIM MAXからZX5ドライバーに移行

松山英樹はスリクソンとクラブ契約していますが、ウッド系は色々なメーカーのものをこれまで試しています。

ここ数年は、テーラーメイドのMシリーズを好んでいて、2020年当初は後継のSIM MAXドライバーを使っていました。

ところが、2020年はスリクソンがニューモデルを出す年でして、遂に、松山英樹プロがスリクソンのニュードライバーに切り替えた、というより戻りました。

スリクソンとしては悲願達成でしょう。

飛距離は出るが、FWキープ率に課題

ZX5ドライバーを使い始めてから飛距離は出ているようですが、肝心のFWキープ率が悪いようです。

3日目には小さめヘッドの『ZX7』と『DI』の組み合わせで一旦「71.43%」とFWキープ率を引き上げたものの、最終日には『ZX5』と『DI』の組み合わせで再び「28.57%」に落ち込んだ。(引用:ALBA)

一旦は、ヘッドをZX7に変えつつ、シャフトも色々と試しているようです。

SIMでは大型ヘッドのSIM MAXを選択していましたが、それ以前はMシリーズで小ぶりなヘッドを選択していましたので、ZX7の方が使いやすいのかもしれません。

寛容性で言えば、ZX7よりもZX5の方が高く、「やさしい」「助けてくれる」ドライバーなのですが、プロとしては「思い通りに操作できる」「叩いても引っ掛けない」ことの方がお助けになるのかもしれません。

3日目はZX7、最終日はZX5ドライバー

ZX7ドライバーでFWキープ率は向上しましたが、最終日はシャフトを変えてZX5ドライバーに戻しています。

最終日はBMW選手権を戦い抜いたZX5ドライバーに戻していますので、ヘッド性能としては、ZX5の寛容性を持った飛距離性能に期待を寄せているのかもしれません。

スリクソン ZXシリーズ(2020)の全ドライバー・全アイアンを紹介

 

SIM MAX Dドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM MAX DドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM MAX Dドライバー USモデル

SIM MAX Dドライバーの試打動画

USモデルの試打・評価

こちらはSIM MAX DドライバーのUSモデルを取り上げた動画です。

  • SIMシリーズは全体的にフェード系の球がでやすいが、SIM MAX Dドライバーはサイドスピンが少ない。
  • 簡単にドローが打てるわけではないが、サイドスピンが少なく、ストレートな弾道に近い。
  • 打感はやや硬め。SIMドライバーよりは柔らかい。

日本モデルの試打・評価

こちらは後から日本テーラーメイドから発売となってSIM MAX Dドライバーの日本モデルを試打した動画です。

  • ドロータイプが日本で売られるのは久しぶり。
  • Dと謳う程、すごくつかまる感じではない。
  • SIM、SIM MAXはつかまりを抑えたドライバーのため、ニュートラルぐらい。
  • 打感はSIM MAXと近いか同じ。SIMは乾いた感じの打感。
  • 構えた時につかまえてくれそうな安心感はある。
  • ヘッドスピードが遅めの方向け。

ドローバイアス設計

出典:taylormadegolf.com

ヒール寄りにインナーウェイトが搭載されていて、ドローバイアス設計が採用されています。

これにより、重心距離が短くなり、スイング後半でヘッドをスクエアに戻しやすくなりますので、ボールのつかまりが良くなります。

なお、多くのゴルフ評論家、試打者が述べている通り、SIMシリーズはもともとフェード系が出やすいクラブのため、ドローバイアスと言えど、ドローが出やすいわけではなく、どちらかと言えば、フェード系からニュートラルになったと感じられる方が多いようです。

いずれにしても、SIMシリーズの中では最もつかまりが良いドライバーとなりますので、右に出やすい方、スライス気味の方にはスタンダードなSIM MAXドライバーよりも適しています。

ラージフェース

出典:taylormadegolf.com

SIM、SIM MAX、SIM MAX Dとなるにつれ、フェース高が確保されていて、ラージフェースになっています。より構えやすく、ミスへの許容性も高まっています。

また、フェースのトップラインも他の2モデルと比べると奥に下がっていてグース気味になっています。この違いも、球のつかまりのよさにつながり、構えた時も安心感があります。

SIM MAX Dドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56~60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

UST Helium 5

フレックス 重量 トルク 弾道高さ スピン
S 54g 5.5 中~多
R 53g 5.5 中~多
A 49g 6.1 中~多

SIM MAX DドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、日本モデルとUSモデルで公式サイトで掲載されているデータに違いはありません。いずれもロフト角が9、10.5、12°の3種類となっています。

シャフトについては、日本モデルではSIM MAXとSIM MAX Dで標準シャフトが同じTENSEI BLUE TM50となっていますが、USモデルではSIM MAXとSIM MAX Dで標準シャフトが異なっています。

VENTUS BLUE 6からUST Helium 5になっていて、約11g軽量でスピンが入りやすく、打ち出しも高いシャフトになっています。

SIM MAX DドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM MAX Dドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$499.99、日本は73,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト