G425 LSTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 LSTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 LSTドライバー USモデル

低スピン性能

G425 LSTドライバーは、ヘッド体積が前作に当たるG410 LSTドライバーと同じ445ccで、シリーズ中で最も小振りなヘッドです。

ヘッド形状は操作性を求める上級者に好まれる洋ナシ型で、ヘッドの奥行きが浅めで、浅重心設計となっています。

そのため低スピン性能に優れ、スタンダードモデルであるG425 MAXと比べると、約500〜700 rpmのスピン量の抑制が実現されています。なお、前作であるG410 LSTと比べると、約200 rpmのスピン量の減少となっています。

マットブラックなカラーリング

G425 MAXとG425 LSTは、ヘッド形状に違いがあるもの、ヘッド後方に移動式ウェイトが搭載され、非常に似通っています。

ただ、ソールのフェースの直ぐ後ろの部分が、G425 MAXやG425 SFTではシルバーなのに対して、G425 LSTは艶消しのマットブラックになっています。

ソール面はキャディーバッグに挿している時に見え、LSTは落ち着きのある精悍な印象を与えてくれ、G425シリーズのなかでも特別なドライバーで有ることを感じさせてくれます。

17gの移動式タングステンウェイトを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G425 LSTドライバーには、前作と同様に移動式のウェイト調整機能が搭載されています。ウェイト重量はMAXが26gなのに対して、LSTでは17gとなっています。

ウェイトを移動することで、ドロー・フェードの弾道調整が行えます。

なお、G425 LSTは、前作のG410 LSTと比べてボールのつかまりが良くなっています。

G425 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57.0°
  • ヘッド体積:445cc
  • ヘッド重量:208g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D4

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じで、9.0と10.5°の2スペックです。

ライ角はUSモデルの方が1°フラットになっていて、57.0°です。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 LSTドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が1万円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G425 MAXドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 MAXドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 MAXドライバー USモデル

待望のMAXが遂に発売に

PINGのGシリーズは、G400、G410と立て続けにヒットを飛ばしていて、プロ・アマ問わず人気のモデルとなっています。

特にG400で発売されたG400 MAXドライバーは、ヘッドサイズが460ccでアベレージゴルファーが扱いやすく、とても人気のドライバーでした。

G410シリーズでもMAXの発売が期待されていたものの、残念ながらリリースされませでしたが、遂にG425シリーズでMAXが発売となっています。

G425 MAXドライバーは、460ccの大型ヘッドでありながら、スタンダードモデルでもありますので、G400とG410 PLUSを足したようなモデルと言えます。

26gの移動式タングステンウェイトを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G410 PLUSで初めて搭載された移動式ウェイトは、G425シリーズでも引き続き搭載されています。

ウェイトの可動距離は小さくなっているように見えますが、大きな慣性モーメントが実現されていますので、ウェイトを移動させても弾道がブレにくくなっています。

可変スリーブ

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

可変スリーブが搭載されていて、ロフト角は±1.5°まで、ライ角はフラットへ、合計8つの調整ポジションへの切替が可能となっています。

なお、可変スリーブのバージョンは、トラジェクトリー・チューニング2.0となっていますので、前作のG410と互換性があります。

G425 PLUSドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • ヘッド重量:206g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D3

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 MAXドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで58.5°となっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 MAXドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が1万円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


PRGR RSドライバー 2020(5代目)の試打・評価まとめ

プロギアのRSシリーズの2020年モデルから発売のRSドライバー 2020について、試打・評価をまとめました。

PRGR RSシリーズの5代目(2020年)はドライバーが3種類


PRGRのRSシリーズの2020年版は、5代目となります。ドライバーは3種類あり、左から、RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーです。

  • RS Fドライバー:思いきり叩け、強弾道で飛ばせる。
  • RSドライバー:つかまりが良く、高弾道で飛ばせる。
  • RS+ドライバー:RSドライバーの飛びに、振りやすさとやさしさを追加。

本記事で取り上げるのは、スタンダードタイプのRSドライバー2020(5代目)です。

RSドライバー2020(5代目)

RSドライバーは、RS Fドライバーがフェード仕様なのと比べると、つかまりが良く、ドロー仕様と言われています。

ただし、RSシリーズはPRGRのアスリート向けブランドのため、スライスに悩むアベレージゴルファーの方は、eggというシリーズがありますので、そちらも合わせて検討されると良いかもしれません。

RSドライバーは、つかまりと弾道の高さが特徴です。標準シャフトはDiamanaが装着されたモデルでクラブ重量は304g(SR)あります。もう少し軽めで振りたい方は、RS+ドライバーを選択すると、標準シャフトのSpeederでクラブ重量は294g(SR)となります。

RSドライバー(RS5)を計測試打

  • つかまるクラブ。スライスで悩んでいる方に良い。
  • 前作よりも思っている通りに振りやすい。
  • 打感は前作よりもフェースに乗っていて厚い感じがする。
  • スピンが入り過ぎない。やさしい。

RSドライバーをプロが試打・評価

RSシリーズドライバーは、4つの芯を1点に集めた構造となっていて、強芯・広芯が特徴です。試打では芯を外したらどうなるかも試されています。

  • ドローを打とうと思わなくても、シャフトの良いしなりでつかまってくれる。
  • ヘッドは座りが良く、安心感がある。
  • 芯を外しても、ミート率・スピン量は良い値が出る。広芯に救われる。

RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーをマーク金井氏が打ち比べ

ヘッドが返ってくるのが手に伝わってくるため、自然と逃がしてしまい、試打では右に抜ける球が出ているそうです。

  • つかまりが良い。ナチュラルドロー。
  • 重心角が大きく、ヘッドが返ってくる。

ツアーワールド GSシリーズの全モデルを一挙紹介!発売日も決定

本間ゴルフから2021年に発売のツアーワールドGSシリーズについて、全モデルのラインナップ・発売日・発売価格について取り上げます。

ツアーワールド GSシリーズ

本場ゴルフにはターゲットゴルファーに合わせて幾つかのラインがあります。ツアーワールドはアスリート向けと思われている方も多いと思いますが、更に2種類のラインに分かれています。

現在は、ツアーワールド TRがアスリート向け、そして、ツアーワールド GSが幅広いゴルファー向けとなっています。

アベレージゴルファーでこれまでツアーワールドに憧れはあったもの手を出せずにいた方も、GSは扱いやすいシリーズとなっています。

それでは、ツアーワールドGSシリーズのドライバーからアイアンまで、各クラブを紹介します。

ツアーワールド GSドライバー

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • クラブ重量:293.5(10.5°・SR)

ロフト角は9.5、10.5、11.5°の3タイプあります。シャフトは標準のSPEEDTUNED 48の他、公式サイトではVIZARD FD、VIZARD FPが紹介されています。発売価格は68,000円。

ツアーワールド GS フェアウェイウッド

番手 3 3 5 7
ロフト角 15 16.5 18 21
ライ角 57.5 57.5 58.0 58.5
ヘッド体積 188 188 174 158
クラブ長さ 43.0 43.0 42.5 42.0
クラブ重量(SR) 305.5 305.5 309.5 313.5

番手は3番がロフト違いで2種類、5番、7番の合計4種類です。シャフトは標準のSPEEDTUNED 48の他、公式サイトではVIZARD FD、VIZARD FPが紹介されています。発売価格は35,000円。

ツアーワールド GSユーティリティ

番手 3 4 5 6
ロフト角 18 21 24 27
ライ角 58.0 58.5 59.0 59.5
ヘッド体積 130 130 130 130
クラブ長さ 40.5 40.0 39.5 39.0
クラブ重量(SR)  333.5 337.5 341.5

番手は3、4、5、6の4種類です。シャフトは標準のSPEEDTUNED 48の他、公式サイトではVIZARD UT-Hが紹介されています。発売価格は30,000円。

ツアーワールドGS アイアン

番手 ロフト角 ライ角 オフセット クラブ長さ ※
4 20 60.5 3.5 38.5
5 23 61 3.5 38
6 26 61.5 3 37.5
7 29 62 3 37
8 33 62.5 3 36.5
9 37 63 2.5 36
10 42 63.5 2.5 35.5
11 47 63.5 2 35.5
SW 56 64 2 35

※シャフトはSPEEDTUNED 48

クラブセッティングは4~11番、SWの9本です。シャフトは標準のSPEEDTUNED 48の他、公式サイトではN.S.PRO 950GH neo、N.S.PRO Zelos FOR T//WORLD、VIZARD IB-WFが紹介されています。発売価格は5本セット(6~10番)で95,000円~です。

ツアーワールド GSシリーズの発売日

ツアーワールドGSシリーズの発売日は、2021年1月29日(金)です。

BIG BERTHA B21ドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのビッグバーサ B21ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

ビッグバーサ B21ドライバー USモデル

ドローバイアス設計でスライス軽減

出典:callawaygolf.com

ビッグバーサ B21ドライバーのヘッド内部には、ドローバイアスウェイトが搭載されています。スライスに悩むゴルファーにとって、最適な重心設計となっています。

さらに、ビッグバーサB21ドライバーは、スピン量が抑えられる設計になっていますので、ミスヒットによる無駄なスピンが大きく発生するのが抑えられ、より直進性の高い弾道で飛ばすことができます。

フラッシュフェースSS21を搭載

MAVRIKシリーズに搭載されているAIデザインにより設計されたフェース、フラッシュフェースSS21は、ビッグバーサB21シリーズにも採用されています。

ジェイルブレイクテクノロジーも搭載

キャロウェイのここ数年のドライバーには、GBB EPICで初めて搭載されたJAIL BREAKレクノロジーが搭載されており、ビッグバーサ B21ドライバーにも同様に搭載されています。

無駄な撓みが抑えられ、インパクトエネルギーが効率的にボールスピードに変換されます。

ビッグバーサ B21ドライバーUSモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • Callaway RCH 45 Graphite
  • Callaway RCH 55 Graphite
  • Callaway RCH 65 Graphite

Callaway RCH 45 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 45 high low
Regular 45 high low

Callaway RCH 55 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 55 high low
Regular 55 mid low-mid
Stiff 55 mid mid

Callaway RCH 65 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 65 mid mid
Stiff 65 low-mid mid

ビッグバーサ B21ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

まずモデル名ですが、USではBig Bertha B21ですが、日本ではBib Berthaとなっています。日本では名称に「B21」が付いていませんが、映像を見る限り同じモデルです。

スペックについては、日本モデルはロフト角が10.5°のみですが、USモデルは9、10.5、12°の3種類となっていて、選択肢が広くなっています。

標準シャフト装着時のクラブ長さにも違いがありまして、日本モデルは45.5インチ、USモデルでは45.75インチとなっています。

シャフトは日本モデルではSpeeder EVOLUTION for Callawayが標準シャフトですが、前述の通りUSモデルでは異なるシャフトとなっていて、フレックスだけでなく、3つの重量帯から選ぶことができます。同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

ロフト角と合わせて考えると、USモデルの方がスペックの選択肢が多く、日本はある程度、対象ゴルファーを絞り込んだ形になっています。

ビッグバーサ B21ドライバーUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

そして、ビッグバーサB21ドライバーについては、USモデルも日本モデルも日本国内の大手ショッピングサイトにて購入することができます。

当記事執筆時点の出品価格は、USモデルで5~6万円、日本モデルえ6~9万円となっています。USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト