ゼクシオ11ドライバーと10ドライバーの適合ゴルファー

ゼクシオから2020年に11代目モデルが発売されました。

そこで、最新モデルのゼクシオ11ドライバーと1世代前のゼクシオ10ドライバーについて、モデルの特徴や違いから適合ゴルファーについて取り上げます。

ゼクシオ11ドライバーとゼクシオ10ドライバーの違い

ゼクシオはこれまで軽量化をずんずんと進めてきました。これはレディースゴルファーやシニアゴルファーに人気という側面があり、また、ゴルファーの高齢化も影響しているとも言われています。

そんな路線を歩んできたゼクシオは、ゼクシオ10でレギュラーモデルとしてはシリーズ最軽量となる270gを実現しています。

そして、11代目はどうなるのかという注目の中、ゼクシオが持ってきた答えは重量アップという予想外の結果でした。

ゼクシオ11ドライバーは、10g増えた280gとなっていますが、単なる重量増ではなりません。

カウンターバランスというグリップエンド側の重量バランスを高めたことで、クラブヘッドの重さを感じさせず、一方でグリップエンドの重量増により安定感が増すことで、手元側の軌道を安定させるという仕組みが採用されています。

それでは、ゼクシオ10とゼクシオ11の両ドライバーについて、どのようなゴルファーに適しているか見ていきましょう。

クラブフィッターによる解説

  • ゼクシオ11は、カウンターバランスにより、少ない力でヘッドを走らせやすい。ゼクシオ10の方がヘッドが重く効いてるため、少し触れる人によい。
  • ゼクシオ10とゼクシオ9では、ゼクシオ9はシャフトがしなってプレーンに乗ってくれるので、手元がしなった方が良い人にはゼクシオ9が良い。

ティーチングプロによる解説

  • 形状の違いは殆どない。
  • ゼクシオ10ドライバーは、クラブ重量が軽い。軽いだけでは飛距離は伸びないので、シャフトの手元が柔らかいことで、タメがしっかり作られるようになっている。体にまきついたようになってヘッドが下りてくることで、ヘッドが走るようになっている。
  • ゼクシオ11ドライバーは、手元側に重りを入れることで、スイングを安定するようになっている。手元側が重いことで、テイクバックで同じ位置に上げやすくなっている。

ゼクシオ11ドライバーとゼクシオ10ドライバーの試打・評価

ゼクシオ11ドライバーの試打・評価

ゼクシオ11ドライバーの新たな飛びの秘密はグリップエンドにある!?

ゼクシオ10ドライバーの試打・評価

XXIO ゼクシオ10ドライバー 試打・評価・徹底解説

まとめ

ゼクシオ10とゼクシオ11について、二方の解説を取り上げました。クラブ重量に関する評価については、異なる方向への解説となっているようです。

スペック値として参考になるものとして、スイングウェイトというものがあります。バランスと呼ばれる場合もあります。

この値は、ゼクシオ10がSRでD6、ゼクシオ 11がSRでD3となっています。ゼクシオ11ドライバーの方がカウンターバランスによりヘッドが軽く感じられるということになります。

実際にどのように感じられるかは、スイング軌道やスピードによっても変わってくると思いますので、実際に試打されてみて違いを感じられると良いと思います。

 

横田真一が驚いた!名器ドライバー6本+1本

ゴルフユーチューバーの横田真一プロと試打ラボしだるTVの石井プロが対談され、横田真一プロが驚いたドライバーについて語られています。

テーラーメイドのクラブがテーマではありましたが、テーラーメイド以外のモデルも含めて名前が挙がった6本のドライバーを紹介します。

※対談の動画はこちらです。

テーラーメイド 初代 M2ドライバー(2016)

テーラーメイドの初代Mシリーズから発売のM2ドライバーです。

Mシリーズの後半のモデルでは、奇数がアスリート向け、偶数がアベレージゴルファー向けとして捉えられていますが、初代・2代目ぐらいまでは、偶数モデルもアスリートライクです。

動画の中でも述べられていますが、初代M2ドライバーからなかなか離れられないプロがいたほど出来が良く、名器とも呼ばれてます。

ちなみに、翌年のM2ドライバーを好む方も多く、未だに使い続けている人も少なくありません。

M2ドライバー 2016 試打・評価・徹底解説

ブリヂストン PRO230チタンドライバー

ここからは一気に古くなります。ブリヂストンから1993年に発売されたヘッド体積230ccのドライバーです。この時代はこれで大型でした。

その後、1997年にはフェースに8インチのバルジをつけたPRO230チタンエイトドライバーが発売され、こちらも人気がありました。。

ミズノプロ 300Sドライバー

こちらもミズノの名器と呼ばれているミズノプロ 300Sドライバーです。

上記画像で紹介しているものは、ツアースピリットモデルⅢ。

なかなか中古でも探すのが難しいモデルですが、海外の動画で実際に打っているところも紹介されています。

ブリヂストン ツアーステージ X-500ドライバー

こちらもブリヂストンの名器、ツアーステージ X-500ドライバーです。

2000年に発売されたモデルで、打感が良く、285ccのディープフェースで、ツアープロに愛用されたドライバーです。

丸山茂樹プロが世界最小ストロークタイ「58」を記録したときのドライバー。中島常幸プロが新製品に見向きもせず、ずっと愛用していた名器。
*引用:fc2

キャスコ パワートルネード DD-FOURドライバー

KASCOは、四国に本社を構える日本のゴルフメーカー。本間ゴルフと契約する前は、横田真一プロはKASCOと契約していました。

ゴルフボールや高反発のゼウスインパクトでご存知の方もいると思います。

テーラーメイド 初代グローレドライバー

テーラーメイドのアジア市場向けブランドのグローレの初代ドライバーです。

やさしく高弾道で飛ばせ、ボールのつかまりもあり、クラブ重量も軽めに仕上がっていますので、日本人ゴルファーが扱いやすいドライバーです。

テーラーメイド SIM2ドライバー

こちらは最近のモデルであるSIM2シリーズを横田真一プロが試打されて、一番感触が良かったモデルです。

https://golf-club-news.com/3705/%e6%a8%aa%e7%94%b0%e7%9c%9f%e4%b8%80%e3%81%8csim2%e3%81%ae2%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%81%ae%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%92%e8%a9%a6%e6%89%93%ef%bc%81%e6%9c%80%e5%be%8c%e3%81%ab/

SIM2シリーズは3タイプのモデルがありますが、選ばれたのは最もハードなSIM2ドライバーです。

SIM2の全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定

 

横田真一がSIM2の2種類のドライバーを試打!最後にエースドライバーのMAVRIKと対決試打

テーラーメイドから発売の2021年モデル、SIM2のドライバーについて、横田真一プロが3モデル全てを試打して動画がアップされています。

 SIM2シリーズのドライバー3モデル

テーラーメイドのSIM2シリーズは、前年のSIMの2代目となります。

動画の中では、前作が2種類と説明されていますが、実際は、前作も今作も3種類のドライバーが発売されています。

左からSIM2ドライバー、SIM2 MAXドライバー、SIM2 MAX-Dドライバーです。

特徴は主に以下の4点です。

  • アルミニウム素材が用いられている
  • ソールまでフルカーボン
  • 溶接せずに組み立てられている
  • スライダー式ウェイトは廃止されている

SIM2の全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定

横田真一プロがSIM2の3種類のドライバーを試打

こちらの動画で、横田真一プロが、実際にSIM2シリーズのドライバー3種類をコースで試打されています。

動画の前半では、パーツを組み立てて ヘッドが出来る様子を実現で見せてくれていますので、興味がある方は、5:25からご覧になってみてください。

試打については、SIM2 MAX-Dドライバー、SIM2 MAXドライバー、SIM2ドライバーの順に行われていて、動画の最後には、自身のエースドライバーであるキャロウェイのマーベリックと対決試打されています。

SIM2 MAX-Dドライバーの試打・評価

このドライバーの対象ゴルファーを想定して、ヘッドスピード40m/s以下で試打されています。

スピン量が適度に入り、球が上がりやすいと評価されています。

SIM2 MAX-Dドライバーが合うゴルファーとしては、スイングがつっこんでしまって、球が上りにくい人、回転系・トルク系のスイングをする人に良いとのことです。

ちなみに、横田真一プロは地面反力を使って、上下の体の動きを使うタイプで球が上りやすいため、合わないようです。

SIM2 MAXドライバーの試打・評価

構えてみると、SIM2 MAX-Dドライバーよりもリアルロフトが立つので、強い球が出そうに感じるそうです。

SIM2がアスリート向けと言う解釈がされていますが、ツアープロでSIM2 MAXドライバーを好む選手が多いそうです。

ヘッドスピード40m/sぐらいで試打されていて、スピン量が下がって良い弾道が出ています。

SIM2ドライバーの試打・評価

横田真一プロは、SIM2が一番感触が良かったとのことで、購入したいクラブとしてこのSIM2ドライバーを選ばれています。

実際に、横田真一プロのエースドライバーであるマーベリックを同じシャフトで打ち比べして、キャリーは共に約292ヤードで同等の結果を出しています。

まだSIM2の方はまだ打ち慣れていないことを考慮すると、伸び代もありそうで、SIM2ドライバーのポテンシャルの高さを感じさせます。

SIM2の全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定

 

SIMグローレドライバーの試打・評価まとめ

テーラーメイドから発売のSIMグローレドライバーについて、試打・評価をまとめました。

SIMグローレドライバーの特徴

SIMグローレドライバーは、アジア向けに発売されているグローレシリーズに、SIMシリーズのテクノロジーを取り入れたモデルです。

2年前にはSIMシリーズの前身にあたるMシリーズとグローレの融合モデル、Mグローレが発売されていて、スライスが出にくいドライバーとして、今尚評価されているドライバーです。

今回のSIMグローレは、事実上、Mグローレの後継モデルと考えられていて、「軽量」「ドローバイアス」の2つの特徴があります。

SIMグローレを計測試打

  • 46インチだけど、長さを感じない。
  • 球が曲がらない。
  • スピンが入らないので、球が吹けない。
  • Mグローレはヘッドスピードを落とすと飛んだが、SIMグローレはヘッドスピードを上げても飛ぶ。
  • AirSpeederなので、シャフトがしなやかで仕事してくれる。
  • Mグローレから移行してくると、シャフトに物足りなさを感じるかもしれない。
  • Mグローレより、SIMグローレの方がヘッド性能が高い。

ミート率が1.5超えを連発していますので、反発の良さと初速の速さが感じられます。

SIMグローレとMグローレを打ち比べ試打・評価

  • SIMグローレはドローするというより、直進性が高い。
  • SIMグローレは、限りなくSIMに近い。
  • MグローレよりSIMグローレの方が飛距離が出る。
  • SIMだと重い、50歳を超えて軽いクラブを使いたいという方は、SIMグローレが良い。
  • 球を捕まえたいという方は、Mグローレが良い。

SIMグローレドライバーの口コミ・評価

 

この投稿をInstagramで見る

 

川本順二(@kawamotojunji)がシェアした投稿

「スライスに悩む人向け? 球がつかまるドライバーの選び方」が興味深かった件

ゴルファーの抱える悩みで代表的なものがスライスです。実際、アマチュアゴルファーの8割がスライサーだとも言われています。

スライス改善する方法としては、スイング改良と適したゴルフクラブ選びがありまして、スライサー向けのドライバーの選び方に関する興味深い動画がありましたので、取り上げます。

スライサー向け!つかまりの良いドライバーの選び方

スライサー向けに、つかまりの良いドライバーの選び方について、3up CLUBさんにて議論・解説している動画がyoutubeで公開されています。

▼スライサー向けのドライバーの選び方の動画です。

こちらが「スライスに悩む人向け? 球がつかまるドライバーの選び方」と題した動画です。

動画の中では、ドローバイアスモデルとして3種類のドライバーが取り上げられ、実際に試打されています。

また、最近のツアープロも含めたドライバーの傾向についても、興味深い話が展開されています。

以下に、筆者の見解も含めながらテーマ別に要約していますが、時間がたっぷりある方は、上掲の動画をゆっくりとご覧になってみてください。

ドローバイアスは、ツアープロも使うようになってきた

本間ゴルフのツアーワールド GSドライバーは、谷原秀人プロが使っていて、優勝争いを演じてたことでも話題となっています。

動画の中でも触れられていますが、以前は、つかまりの良いドライバーはアスリートゴルファーやツアープロにとっては扱いにくいものと思われていました。

しかし、ここ最近の上級者向けのドライバーは、PING G425 LSTドライバー、SIM2ドライバーなども、球のつかまりが良くなっていて、一昔前とドローバイアスに対する認識がWELCOMEな方向に確実に変わってきています。

スライス改善のドライバーは、2タイプある

スライス改善のための特徴が盛り込まれたドライバーは、2タイプあると、関プロが述べられています。

1つは重心距離が短いタイプ、そしてもう1つは重心角が大きいタイプです。

以前は、重心距離を短くしてヘッドを動かせる、つまり、スクエアに返しやすいモデルが主流でしたが、最近は、プロギアが力を入れているように重心角を大きくしたドライバーが増えています。

重心距離を短くすると、どうしても慣性モーメントが小さくなってしまい、慣性モーメントを大きくする最近の傾向と合わないことが影響しているようです。

慣性モーメントを大きくすると、自然と重心角は大きくなりますので、副産物か相互作用か分かりませんが、スライス改善の要素として重心角を取り入れる動きが自然になっているように思います。

短い重心距離、大きい重心角、どちらが自分に合ってるか?

動画の中で、ゴルフライターの鶴原氏が、面白い疑問を投げかけています。

「ヘッドのターンのしやすさは、重心角が大きい方が良いか、重心距離が短い方が良いかは、打ってみないと分からないのか?」

鶴原氏自身は、重心角は弾道に影響が出ず、重心距離の方が影響が出るので、分かって選べると良いと述べられています。

鹿又さんの答えは、色々と試して打って感じた方が良いというものです。

関プロの答えは、重心距離が短いものが合う人は、ハンドファーストの人、重心角が大きいものが合う人は、ハンドレイトの人と述べられています。

筆者の感想としても、関プロの考えにとても近く、ハンドレイト、ハンドファーストで分ける考え方は、目安として良いように思います。

と言いますのも、ハンドレイトの場合、ヘッドの重みがフェースを開く方向に作用してしまい、スライスが出やすくなる感じがありますので、ハンドレイトの方は、深重心で大きな重心角のクラブをシャットにスイングするのが合っているように思います。

ハンドファーストの場合は、シャットというよりも自分でしっかり返すタイプになると思いますので、やはり、ヘッドを操りやすい重心距離が短いものが合っているように思います。

動画で紹介されていたスライサー向けドライバー5本

動画の中で、ドローバイアスの代表的なドライバーで、実際に試打されたものが3本、そして、重心角・重心距離ではない要素でスライス改善になっているドライバーを2本紹介されています。

筆者としては、強烈に大きな重心角を持つPRGRのegg5500ドライバーも取り上げて欲しかったので、次回の動画に期待です。

本間ゴルフ ツアーワールド GSドライバー

ツアーワールド GSシリーズの全モデルを一挙紹介!発売日も決定

キャロウェイ BIG BERTHAドライバー

ビッグバーサ B21シリーズ!ドライバー~アイアンまで全モデルを紹介!

テーラーメイド SIM グローレ

SIM+GLOIRE=SIM グローレ ドライバー

ヤマハ インプレスUD+2ドライバー

inpres インプレス UD+2 ドライバー2019 試打・評価・徹底解説

ダンロップ ゼクシオ11ドライバー

ゼクシオ イレブン 11の発売日が決定!全モデルを一挙紹介!

まとめ

スライサー向けのドライバーの選び方について、取り上げました。

ドローバイアスのドライバーのタイプとして、重心角と重心距離の2つがあり、自分に合うのがどちらかを知ることが大事になります。

どちらが自分に合うのかを見極める方法については、お三方も唸っていましたので、なかなか難しい問題なのかもしれません。

ただ、関プロが最後の方で述べていたハンドレイト、ハンドファーストは、とても参考になると思いますので、その視点で一度考えて見るのも面白いと思います。