G410 LSTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG410 LSTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G410 LSTドライバー USモデル

G410にLSTも追加ラインナップ

G410シリーズのドライバーは、当初、スタンダードモデルのPLUSと、ドロー仕様のSFTの2種類のみの発売となっていました。

後から聞こえてきた話として、低スピンタイプのLSTは、前作が良すぎたため、それを上回るところまで持ってくるのに時間が掛かったと言われています。

実際に、前作を上回っているのかは気になるところかと思いますが、鈴木愛プロはG410 LSTドライバーに乗り換えていますので、プロからのお墨付きが出ていると言えそうです。

LSTにもウェイト調整機能をPLUS

G410シリーズでは、PLUSドライバーに、ドロー・フェードに切り替えられるウェイト調整機能が搭載されました。そして、この機能はG410 LSTドライバーにも搭載されています。

空力を重要視するPINGにとっては、ヘッドに凹凸を伴う装置を搭載することは悩ましかったと思いますが、時代の流れに沿ったのか、遂に搭載されたという形になっています。

ロフト角の調整機能は、進化したが、互換性は無し

G410シリーズのドライバーにも、引き続き可変スリーブが搭載されています。ロフト角の調整が可能となっていまして、今作では調整レンジが0.5°広がって1.5°となっています。

しかしながら、前作までのスリーブとは互換性がありません。お気に入りのシャフトを抱えている人にとっては、マイナス面の仕様変更ということになりそうです。

G410 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:450cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • PING Alta CB 55 Red
  • PING Tour 65
  • PING Tour 75
  • Project X EvenFlow Black 75
  • Mitsubishi Tensei CK Orange 60

PING Alta CB 55 Red

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 56.0g High
Regular 59.0g Mid High
Stiff 63.0g Mid
X-Stiff 66.0g Mid

PING Tour 65

フレックス 重量 弾道
Regular 58.0g Mid
Stiff 62.0g Low Mid
X-Stiff 67.0g Low

PING Tour 75

フレックス 重量 弾道
Regular 68.0g Mid
Stiff 75.0g Low Mid
X-Stiff 80.0g Low

Project X EvenFlow Black 75

フレックス 重量 弾道
5.5 72.0g Low Mid
6 73.0g Low
6.5 78.0g Low

Mitsubishi Tensei CK Orange 60

フレックス 重量 弾道
Regular 61.0g High
Stiff 63.0g Mid High
X-Stiff 65.0g Mid

G410 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角とそのラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで57°となっています。

ライ角は同じかUSモデルの方がアップライトなことが多い印象がありますが、PINGのG410シリーズについては、日本のモデルの方がアップライトになっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

G410 LSTドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドの最新情報

キャロウェイのEPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドがルール適合リストに掲載されました。

EPIC’21の追加されると思われる2モデルについて、現在、分かっている情報を取り上げます。

EPIC MAX FASTは、ドライバーとフェアウェイウッドがある

出典:https://www.randa.org/

こちらがR&Aの適合リストで確認されたEPIC MAX FASTドライバーとEPIC MAX FASTフェアウェイウッドです。掲載されたのは3月のようです。

EPIC ’21は、現在、EPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSの3種類のドライバーがリリースされていますので、EPIC MAX FASTドライバーは4種類目のドライバーということになります。

フェアウェイウッドについては、LSがありませんので、3種類目となります。

主要テクノロジーは同じ

新たなFASTタイプに搭載されているテクノロジーは、先に発売されているものと同様になっています。

  • JAILBREAK AI スピードフレーム(ドライバー)
  • JAILBREAK AI ベロシティブレード テクノロジー(フェアウェイウッド)
  • FLASHフェースSS21(共通)

ジェイルブレイクにより、無駄な撓みを抑えてボールスピードをアップし、FLSHフェースによりフェースの幅広いエリアで優れた反発を発揮してくれます。

EPIC MAX FASTドライバー

出典:https://www.randa.org/

EPIC MAX FASTドライバーは、フェースの直ぐ後ろのソール部分がスタンダードなモデルと異なっています。

恐らく、MAVRIKのFASTタイプと同様に、より軽いチタン素材が使われていて、ヘッドの軽量化が図られているようです。

ロフト角・ライ角の調整機能についても、先に発売されている3モデルには搭載されていますが、EPIC MAX FASTドライバーには搭載されていません。

これは、可変スリーブを搭載すると重量が嵩張るため、軽量化を図るために未搭載としていると考えられます。

適合リストの掲載内容によると、ロフト角は9.5°、10.5°、12.0°となっています。前年のMAVRIK MAX FASTドライバーでは、12.0°というスペックはありませんでしたので、なかなか自力で球を上げきれない方にとっては、心強いスペックです。

EPIC MAX FASTフェアウェイウッド

こちらはEPIC MAX FASTフェアウェイウッドです。前年のMAVRIK MAX FASTはドライバーしかありませんでしたので、FASTタイプの適用が広がった形となります。

タイトリストの同じく軽量モデルのTSi1もフェアウェイウッドが発売となっていて、市場全体で軽量モデルのニーズが高まっているのかもしれません。

EPIC MAX FASTフェアウェイウッドの特徴としては、ドライバーと同様にヘッド前方に軽量素材が用いられているように見えます。

ウェイトは、EPIC MAXフェアウェイウッドと同じく、ソールの前方・後方に1つずつ装着されています。

通常、フェアウェイウッドは全番手が適合リストに掲載されるのですが、EPIC MAX FASTフェアウェイウッドは5番のみとなっていますので、番手は1種類の可能性があります。

まとめ

EPIC ’21のFASTタイプのドライバー、フェアウェイウッドについて、最新情報を取り上げました。

詳細スペックや発売時期・発売価格などの情報は、現時点では公式情報がなく分かりませんが、今後、SNSや公式サイトなどで公式情報が出て来ると思います。

ヤマハ RMX VDドライバー、適合リストに掲載!

ヤマハのRMX VDドライバーがルール適合リストに掲載されました。

RMXシリーズのニューモデルと思われる新たなドライバーについて取り上げます。

RMX VDドライバー

出典:https://www.randa.org/

R&Dのドライバールール適合リストに、ヤマハのドライバーが2種類掲載されました。

いずれも「RMX VD」という名称ですので、RMXシリーズのニューモデルのようです。

今度のRMXは1種類か?

これまでのRMXシリーズのドライバーは、RMX 116、RMX 216といった名称で、ディープで操作性のある「1」のモデル、シャローで寛容性のある「2」のモデルがありました。

しかし、今回確認されたドライバーヘッドは、「1」や「2」と言う数字が付いておらず、「RMX VD」1種類です。

今後、「1」「2」といった数字表現は用いられずに新たなモデルが追加掲載されるのかは不明です。

ヤマハ史上初?ウェイトによる弾道調整機能を搭載

RMX VDドライバーは、ソール後方にスライド式のウェイト調整機能が搭載されているように見えます。

スライド部分の両端には、FADE、DRAWの文字が記されていますので、ウェイトを左右に移動させることで、ドロー・フェードの弾道調整が行える仕組みとみて間違いないでしょう。

最近のドライバーの特徴として、PING、タイトリスト、ブリヂストンなど、ウェイト移動によるドロー・フェードの調整機能を搭載するメーカーが増えていますので、ヤマハも同じ流れと言えそうです。

ロフト角は9.5°と10.5°

RMX VDドライバーは、RMX VD(Prototype)とRMX VD(Prototype)(Version 2)の2種類のヘッドが掲載されています。

いずれのモデルもロフト角の登録は、9.5°と10.5°の2種類です。

ロフト角調整機能を搭載

ソールのネック寄りには、シャフトを固定するネジが見えますので、可変スリーブによるロフト角・ライ角の調整機能(RTS)は、引き続き搭載されているようです。

同様の機構であれば、シャフトの挿し込み向きを変えることで、4種類の調整が可能となります。

ヘッド形状はアスリートが好む洋ナシ型

ヘッド形状については、ネック寄りが絞り込まれた形状になっていて、洋ナシ型のようです。

ウェイトの標準位置もトゥ側にあるように見え、操作性があり、左へのつかまったボールが抑えられ、低スピンで強い球が出やすいヘッドのように見えます。

 

BALDO CORSA PERFORMANCE 438・458ドライバーの2モデルを一挙紹介

BALDOから2021年のニュードライバー2モデルが発売となっています。

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバーの438と458について、スペックや特徴などを取り上げます。

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバー

438と458の2モデル

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバーの2021年モデルは、438と458の2モデルとなっています。

BALDO CORSA PERFORMANCE 438ドライバーは、440ccの小ぶりでディープなヘッド、それと比べて、BALDO CORSA PERFORMANCE 458ドライバーは、438よりも投影面積が大きく460ccの大型ヘッドとなっています。

ハニカム構造を採用

構造面の特徴としては、ソールに蜂の巣のようなハニカム構造が採用されています。

この構造により、剛性と衝撃吸収性が備わり、ボールを捉まえて初速をアップさせる役割を果たしている。

低スピン・強弾道

従来と比べて、セミカップフェース構造の面積が25%拡大していて、速いボール初速が実現されています。

センターで捉えた時のバックスピン量については、従来よりも約500~700回転抑えられるため、低スピンでライナー性の強い弾道が出やすくなっています。

BALDO CORSA PERFORMANCE 438ドライバー

特徴

ヘッド体積440ccのこぶりなヘッドで、フェース高があり、ディープ形状となっています。

重心距離が36.0mmと短く、重心角は25.0°で、ヘッドを操作したい人に適しています。

スペック

ヘッド体積 440cc
ロフト角 8.5〜11°
ライ角 59°
ヘッド重量 198g

重心設計

重心距離 36.0mm
重心深度 40.5mm
重心高 34.0mm
重心角 25°

発売価格

ヘッド価格は、70,000円(税別)、ヘッドカバーは別売りで3,800円(税別)です。

BALDO CORSA PERFORMANCE 458ドライバー

特徴

ヘッド体積460ccの大型ヘッドですが、438よりはシャローなものの、ふっくらとした洋ナシ形状です。

重心距離は41.0mmあり、438よりは操作性が控えめですが、重心角は26.0°と最近のドライバーとしてはかなり小さめになっています。

スペック

ヘッド体積 460cc
ロフト角 8.5〜11°
ライ角 60°
ヘッド重量 198g

重心設計

重心距離 39.5mm
重心深度 41.0mm
重心高 33.0mm
重心角 26°

発売価格

ヘッド価格は、70,000円(税別)、ヘッドカバーは別売りで3,800円(税別)です。

EPIC SPEEDドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのEPIC SPEEDドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

EPIC SPEEDドライバー USモデル

フレーム状に進化したジェイルブレイク・テクノロジー

出典:callawaygolf.com

2021年のEPICで最も顕著に変わってポイントの1つが、ジェイルブレイクの構造です。

従来まではヘッド内を縦に貫通させた二本の柱でしたが、EPIC 2021では四角いフレーム形状となっています。

より剛性が高くなりヘッドの無駄な撓みが抑えられ、ボールスピードがアップします。

エアロ設計を採用

2021年のEPICドライバーは、全部で3種類発売となっています。

MAVRIKで採用されたディープでハイバックなサイクロン・ヘッド・シェイプは、EPIC SPEEDドライバーのみに採用されています。

これが影響してか、EPIC MAX・EPIC MAX LSドライバーに搭載されているペリメーター・ウェイト(スライダー式のウェイト調整機能)は、EPIC SPEEDでは搭載されていません。

AI設計による新たなフラッシュフェースを搭載

出典:callawaygolf.com

フェースには、AI設計による新たなフラッシュフェースが搭載されていて、フェースの広いエリアで高初速が実現されています。

AIによるシミュレーションは、ヘッド形状・ジェイルブレイクも加味してモデル別に行われていますので、3種類のドライバーそれぞれで最適なフェースが搭載されています。

EPIC SPEEDドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

ロフト角、ライ角、長さなど、基本的な主要スペックは、USモデルと日本モデルで同じです。

ただし、日本モデルでは9.0°、10.5°の2種類ですが、USモデルでは12.0°も用意されています。

EPIC SPEEDドライバーは、ヘッド後方が持ち上がったハイバック形状となっていますので、球が上りづらい方は、12.0°のあるUSモデルという選択もありそうです。

EPIC SPEEDドライバー USモデルの標準シャフト

  • Project X Cypher 40 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

Project X Cypher 40 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 40 Mid-High Low

Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 50 Mid Mid
Stiff 50 Low-Mid Mid

Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 60 Low-Mid Mid
Stiff 60 Low-Mid Mid

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ライ角・ヘッド体積・長さなど、日本モデルとUSモデルで違いがありませんが、ロフト角のラインナップに違いがあります。

日本モデルは9.0°と10.5°のみですが、USモデルでは8.0°があります。より低く打ち出したい方にとって、8.0°というなかなかないスペックは魅力的かもしれません。

シャフトは日本モデルではDiamana 50 for Callawayが標準シャフトですが、前述の通りUSモデルでは異なるシャフトとなっています。

USでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は84,700円~となっています。1ドル110円で計算すると20,000円弱ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト