Mグローレ ドライバー 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのMグローレ GLOIRE ドライバーについて取り上げます。

テーラーメイド Mグローレ ドライバー

Mグローレドライバーは、M3、M4などが属する「M」と、日本オリジナルブランドの「グローレ」が融合したモデルです。

Mグローレは果たした「M」シリーズなのか「グローレ」シリーズなのか、それとも全く新しいブランドになるのか、この点についてはニュースリリースで下記のように表現されています。

「世界を席巻する「ツイストフェース」を「GLOIRE」に搭載!!」
https://www.taylormadegolf.jp/newsRelease_2018.html/newsRelease_2018.html

ベースは「グローレ」で、そこにMのテクノロジーである「ツイストフェース」を載せたという形で、グローレに属するように読み取れます。

フォージドのツイストフェースを搭載!

Mグローレに搭載されているツイストフェースは、フォージドのフェースです。チタン(6- 4 ti)素材の鍛造のため、打感と打音にも優れています。

出典:http://www.taylormadegolf.jp/m-gloire.html

ツイストフェースの詳しい説明については、「M4ドライバーの試打・評価・徹底解説」での説明ご覧頂くとして、ハイトゥ・ローヒルに集中する打点のブレに対して、フェースを捩じれにより弾道をセンターに寄せてくれる働きをしてくれます。

ハンマーヘッドも搭載!

M3、M4のツイストフェースと並ぶもう一つのテクノロジー、「ハンマーヘッド」についても、Mグローレに搭載されています。

ハンマーヘッドとは、ソール前方のスピードポケットが2本のリブで剛性を高めたものです。これにより、フェースを薄くすることが可能となり、反発力が上がると同時に、バックスピンを減らしてくれます。

Mグローレのクラウン

クラウンは、シルバーとゴールドをイメージしたようなカラーリングとなっていて、デザイン性の高さと高級感が感じられます。

Mグローレの特徴の一つが、軽量化!

M3 M4 Mグローレ
307g 297g 278g

※標準シャフトのSRスペックでの値

標準シャフトのSRスペックが装着されたモデルで、クラブ重量を比較してみると、M4はM3より約10g軽く、MグローレはM4より更に約20g軽くなっています。

グローレ Fドライバーの重量が同じく標準シャフトのSRスペックで287gですので、Mグローレは10g軽くなっています。シャフトの長さもM4ドライバー、グローレFよりも若干長くなっています。軽量化、長尺化とくれば、ターゲットゴルファーが浮かび上がってきます。クラブ重量感としても、ターゲット層はゼクシオにかなり近いのではないかと思います。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載していない!

まず、ソールを見てお気づきの方もいると思いますが、M3で搭載されているウェイト調整機能は、Mグローレでは搭載されていません。

そして、M3、M4の両方に搭載されているホーゼル部のロフト角・ライ角調整機能もMグローレでは搭載されていません。これはキャロウェイがアジア向けにGBB PICやROGUEでスターモデルを出しているのと恐らく同じ理由で、軽量化を進めるために外したものと思われます。

Mグローレ ドライバーの試打・評価

Mグローレ ドライバーをマーク金井氏が試打

重心角が大きく、つかまりが良い。ヘッドが軽いのでヘッドスピードが速くない人に向いています。

中井学プロによるクラブ解説

クラブ設計について、時間を割いて解説してくれています。

新旧モデルの打ち比べ解説動画

Mグローレドライバーと前作となるグローレF2ドライバーの打ち比べ動画です。

Mグローレドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5/11.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
Speeder EVOLUTION TM FUBUKI TM5
長さ 46インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 50/47/42g
クラブ重量 281/278/273g
バランス D4
トルク 4.9/5.0/5.2
キックポイント 先中

ロフト角は9.5°、10.5°、11.5°の3種類が用意されていますので、球が上がりづらい方は高ロフトを選択することができます。スペック面での特徴はクラブ重量と長さです。Rスペックで273gですので、前の章でも触れましたようにグローレF2よりも約10g軽くなっています。そして、クラブ長さは46インチとなっていますので、ヘッドスピードが速くないゴルファーが、軽いヘッドと長めのシャフトで飛距離を出しやすくなっているドライバーです。

Mグローレドライバーの販売価格と発売日

Mグローレドライバーの発売開始日は2018年10月26日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトはSpeeder EVOLUTION TMの1シャフトのみで、本体価格は82,000円となっています。

 

M2ドライバー 2017 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM2ドライバー 2017年モデルについて取り上げます。

テーラーメイド M2ドライバーは2世代ある

M2ドライバーは、最初のモデルが2016年に発売され、翌年、2017年バージョンが発売されました。そのため、M2ドライバーは年代違いで2種類存在します。写真左が2017年モデルで、右が初代の2016年モデルです。本記事では新しい方の2017年モデルのM2ドライバーを取り上げます。

M2のMの意味はMulti Material(マルチマテリアル)

M1ドライバー、M2ドライバーのMは、Multi Material(マルチマテリアル)の頭文字を取っています。マルチマテリアル、つまり複合素材をヘッドに用いているということで、チタンとカーボンが用いられています。

カーボンは航空素材と同じように軽量化に寄与しますので、カーボン比率を高めていくことで余剰重量が生まれ、重心設計の自由度が増し、低スピン、高弾道、高慣性モーメントといった特徴を持たせやすくなります。

スピードポケットは反発性能がアップしている

フェースのすぐ後ろにある溝、スピードポケットは、前作より面積的にはスモール化されたように見えますが、機能性が高まっており、反発性能が向上しています。

ソールにサウンドリブを搭載し、打音も良い

M1ドライバーにない要素として、M2ドライバーにはジオコースティックデザインが採用されています。ソールに搭載されたサウンドリブにより、心地良い打音がもたらされます。

ロフト角の調整機能が搭載されている

M2ドライバーは、M1ドライバーに搭載されている重心調整機能がありませんが、ホーゼル部にはロフト角の調整機能が搭載されています。専用のトルクレンチを使って、調整することができます。

クラウンの前方部分はホワイトで、黒いフェース面が分かりやすい!

クラウンの前1/4ぐらいはホワイトになっています。フェースが黒ですので、フェースとクラウンが識別しやすく、アドレスしやすくなっています。

M2ドライバーの試打・評価

M2ドライバーを練習場で試打した動画

室内の試打も悪くありませんが、コースや練習場の試打は打球が目で追えるので参考になります。

M2ドライバーの解説

永井延宏プロによるM1、M2ドライバー2017年モデルの解説です。

M2ドライバー USモデルの試打

コスパが良いということで、USモデルを好んで買われる方も増えています。

M2ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト TM1-217
長さ 45.75インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 53/51/48g
クラブ重量 298/296/293g
バランス D2
トルク 4.6/5.0/5.2
キックポイント 先中

ロフトは9.5°と10.5°の2種類が用意されています。クラブ重量は標準シャフトを装着したモデルでは約295gとなっています。前作のM2 2016年モデルと比べると2~4g重くなっています。

今作のM2ドライバー2017では、ジオコースティックデザインが搭載されていますので、ドライバーの打音を意識するゴルファーには心地良く触れるモデルとなっています。

M2ドライバーの販売価格と発売日

M2ドライバーの発売開始日は2017年3月9日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類あります。

  • TM1-217(S、SR、R): ¥63,000+税
  • FUBUKI V 60(S):¥80,000+税

 

M3ドライバー 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM3ドライバーについて取り上げます。

テーラーメイド M3ドライバー 2017年モデル


テーラーメイドのM3ドライバーは、ヘッドサイズ違いで2種類発売されています。写真左がヘッド体積440ccのM3 440ドライバー、右が460ccのM3 460ドライバーです。

同時に発売されているM4ドライバーというのがあり、M4がアベレージゴルファー向け、M3がアスリートゴルファー向けと位置づけられています。とは言え、最近ではプロもM4を選ぶゴルファーが出て来ており、アスリート・アベレージという表現は必ずしも適当ではないかもしれません。

M3ドライバーは、M1ドライバーの後継モデル!

M3ドライバーは、前年に発売されているM1ドライバーの後継モデルにあたります。ちなみに、M1ドライバーは、2016年モデルと2017年モデルがあります。

M3ドライバーの特徴は、ウェイト調整機能

Mシリーズのアスリート向けモデルの特徴は、ウェイト調整機能にあります。ソールに搭載されたYトラックにより、ウェイトを動かして重心を前後左右に調整することができます。

特に、前モデルまではレールが2つに分割されていましたが、M3では連結されウェイト移動がしやすくなっています。

出典:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/180116_01.pdf

統合されたレールの中にウェイトが二つ搭載されており、これらを上図のように動かすことで、浅重心・深重心、ドロー・フェードといった重心設定により弾道の工程・左右・スピン量の調整が可能となっています。

M3ドライバーにもツイストフェースを搭載!

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

M4ドライバーだけでなく、M3ドライバーにも話題のツイストフェースは搭載されています。テーラーメイドでは50万発にも及ぶ打球データを解析し、ゴルファーの打点がフェース面上でハイトゥ・ローヒールに集中してバラけることを見つけ出しました。そして、この打点のブレにクラブ側から対処するために、フェースを捩じる(ツイスト)という今までにない解決方法を生み出しました。これがツイストフェースです。

これはM4ドライバーの記事でも先に触れていますが、ツイストしているかどうかは実際にフェースを見たり触ったりしても、分かるか分からないかぐらいの捩じれ具合です。

ツイストフェースのメカニズム

出典:https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468573_03.pdf

ハイトゥ、ローヒールの打点からの弾道がどのように修正されるかについて、プレスリリースから抜粋した上図にて詳しく説明されています。

ちなみに、ツイストフェースはその後に発売されているMグローレドライバー、M5ドライバー、M6ドライバーにも搭載されていますので、テーラーメイドとしては自信のあるテクノロジーだと感じられます。

ハンマーヘッドは2つのリブがフェースの反発を高めてくれる!

M4に搭載されているハンマーヘッドはM3にも搭載されています。従来、スピードポケットと呼ばれていた溝に2本のリブが設けられています。これにより、スイートエリアが拡大し、高い反発性能ももたらしてくれます。これにより、慣性モーメントが大きくなっているため、ツイストフェースによる効果と相まって、弾道の直進性が高くなっています。

ちなみに、こちらがM1 2017年モデルになります。スピードポケットは搭載されていませんので、M3は溝が導入され、盛沢山となっています。

M3ドライバーのフォルム

ホーゼル部分にはロフト角の調整機能が搭載されています。ソールのウェイト調整機能と合わせると、相当範囲の調整レンジになりますので、弾道をクラブ設定の側からイメージに近づけやすくなっています。

ヘッドを横から見た画像です。ブラックとシルバーがベースとなっていて、M4より落ち着いた印象を与えてくれます。

M3ドライバーの試打・評価

M3ドライバーをマーク金井氏が試打


M3ドライバーとM2ドライバーの両方を試打した打ち比べ動画です。

M3ドライバーを色々なアマチュアが試打してツイストフェースを実感

何人かでM3ドライバーを打っていて、真っすぐ飛ぶ様子を見れます。

スライサーが打っても真っすぐ飛ぶ、M3ドライバー

普段、スライスする人が打ってみた動画です。

M3 460ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト KUROKAGE TM5
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR
シャフト重量 55/53g
クラブ重量 309/307g
バランス D2.5
トルク 4.1/4.5
キックポイント

ロフトは9.5°と10.5°の2種類が用意されています。クラブ重量は標準シャフトを装着したモデルで約310g程度となっていますので、前作のM1 2017年モデルと比べると3ぐほど軽くなっています。バランスはD2からD2.5になっていますので、振ってみると、若干、重量感を感じるかもしれません。

M3ドライバーの販売価格と発売日

M3ドライバーの発売開始日は2018年2月16日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは5種類あります。

  • KUROKAGE TM5(S、SR): ¥72,000+税
  • Tour AD IZ-6(S): ¥89,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION IV(S):¥89,000+税
  • Diamana RF 60(S):¥89,000+税
  • ATTAS COOOL 6(S):¥89,000+税

 

M4ドライバー 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM4ドライバーについて取り上げます。

テーラーメイド M4ドライバー

M4ドライバーは、Mシリーズドライバーの2018年モデルで、2017年に発売のM2ドライバー 2017の後継モデルになります。同時に発売されているM3ドライバーがアスリート向けモデル、M4ドライバーはアベレージゴルファー向けモデルと言われています。

M4ドライバーの最大の特徴は、ツイストフェース!

M4ドライバーの最大の特徴は、フェースにあります。テーラーメイドでは50万発にも及ぶ打球データを解析し、ゴルファーの打点がフェース面上でハイトゥ・ローヒールに集中してバラけることを見つけ出しました。そして、この打点のブレにクラブ側から対処するために、フェースを捩じる(ツイスト)という今までにない解決方法を生み出しました。これがツイストフェースです。

ツイストしていると聞くと、真っすぐ打てるのかと思ってしまいそうですが、実際には目で見て分かるか分からないかぐらいの捩じれ具合です。

ツイストフェースのメカニズム

出典:https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468573_03.pdf

ハイトゥ、ローヒールの打点からの弾道がどのように修正されるかについて、プレスリリースから抜粋した上図にて詳しく説明されています。

ちなみに、ツイストフェースはその後に発売されているMグローレドライバー、M5ドライバー、M6ドライバーにも搭載されていますので、テーラーメイドとしては自信のあるテクノロジーだと感じられます。

ハンマーヘッドは2つのリブがフェースの反発を高めてくれる!

ソール前方のフェースの直ぐ後ろにあるスロットには、2本のリブが設けられています。これにより、スイートエリアが拡大し、高い反発性能ももたらしてくれます。これにより、慣性モーメントが大きくなっているため、ツイストフェースによる効果と相まって、弾道の直進性が高くなっています。

ちなみに、こちらがM2 2017年モデルになります。ポケットの大きさも増しているように見えます。

M4ドライバーのフォルム

ホーゼル部分にはロフト角の調整機能が搭載されています。M3にはソールにウェイト調整機能も搭載されていますが、M4はロフト調整機能のみとなります。

ヘッドを横から見た画像です。ブラックとシルバーをベースとして、前作ではアクセントカラーがイエローだったのが、レッドに変わり、落ち着きがありながらもシャープさが感じられます。

M4ドライバーの試打・評価

M4ドライバーをマーク金井氏が試打

マーク金井氏はM3よりM4の方が好きだそうです。

M4ドライバーとM2ドライバーの試打動画

M4ドライバーとM2ドライバーの両方を試打した打ち比べ動画です。

3up CLUBによる解説動画

じわじわと人気が出ている3up CLUBにて、M3ドライバーとM4ドライバーのどちらが買いかを議論している動画です。

M4ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト FUBUKI TM5
長さ 45.75インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 54/52/50g
クラブ重量 299/297/295g
バランス D2.5
トルク 4.6/5.0/5.2
キックポイント

ロフトは9.5°と10.5°の2種類が用意されています。クラブ重量は標準シャフトを装着したモデルでは約300gとなっています。前作のM2 2017年モデルと比べても1~2g重くなっただけですが、バランスはD2からD2.5になっていますので、振ってみると、若干、重量感を感じるかもしれません。

M4ドライバーの販売価格と発売日

M4ドライバーの発売開始日は2018年2月16日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは3種類あります。

  • FUBUKI TM5(S、SR、R): ¥65,000+税
  • Tour AD IZ-6(S):¥82,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION Ⅳ(S):¥82,000+税

 

PING G410 SFTドライバー 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 SFTドライバーについて取り上げます。

PING G410ドライバーは2種類リリースされている!

PINGの2019年のドライバーは、Gシリーズの10代目となるモデルで、G410です。G410からは2種類のモデルがリリースされていて、写真左がG410 PLUSドライバー、右がG410 SFTドライバーです。

前作のG400ドライバーでは、先に発売されたG400ドライバースタンダードモデル、後から発売されたG400MAXドライバーがニュートラルなモデルとなります。G410では、現時点でPLUSとSFTの2種類のみで、ニュートラルなモデルはG410PLUSドライバーと考えて良さそうです。SFTの方はこれまでと同様にスライサー向けのドロー仕様のドライバーとなります。本記事ではG410 SFTドライバーを取り上げます。

PING G410 SFTドライバー

こちらがG410 SFTドライバーです。G410PLUSではヘッド後方に可変ウェイトが搭載されていますが、こちらのG410SFTでは、ヒール寄りにウェイトが固定されています。

重心がヒール寄りに設定されヘ、スライスが出にくい!

出典:https://clubping.jp/product/product2019_g410_d.html

これはPINGのUSサイトの方で述べられている内容ですが、従来モデルのG400ドライバーと比べて、重心位置がヒール側に50%寄っています。

スライスを生む大きな原因の一つは、インパクトの際にフェースがスクエアでなくオープンになっていることによります。G410SFTドライバーは、重心距離が短く、ヘッドを返しやすくなっていますので、よりスクエアな状態でインパクトしやすくなり、スライスが抑えられる効果が働きます。

G410SFTドライバーのクラウンには、タービュレーターが6本搭載!

クラウンにはタービュレーターが6本搭載されていて、空気抵抗を極限まで抑え、ヘッドを振り抜きやすくしてくれます。

G410ドライバーの公式動画

フォージドフェースで、フェースがたわむ!

PING独自のフォージドフェースが搭載されていて、フェースがたわんでボール初速を高めてくれます。

G410 SFTドライバーの試打・評価

マーク金井氏によるSFTとPLUSの打ち比べ試打動画


G410のPLUSとSFTを打ち比べた動画です。

G410 SFT ドライバー、GOLF PLAYING 4による試打

みんなのゴルフダイジェストによる試打動画


こちらもSFTとPLUSを打ち比べた動画です。

PING G410 SFTドライバーのスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 59.5°
ヘッド体積 455cc
標準シャフト ALTA J CB RED
長さ 45.75インチ
フレックス X/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約291g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

前作のG400SFTドライバーでは10°と12°が用意されていましたが、今作のG410SFTドライバーは10.5°のみとなっています。G410PLUSドライバーの方はロフトが9°、10.5°、12°の3種類となっていますので、どうしてもロフトがあわないという方は、G410PLUSドライバーでウェイトをDRAWにして使うという選択もあります。

この前の章で紹介した試打動画の中で、PLUSのDRAWとSFTはあまり差が無いといった感想もありました。

PING G410 SFTドライバーの販売価格と発売日

PING G410SFTドライバーの発売開始日はPLUSと同じく2019年3月21日(木)です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは7種類あり、装着シャフトにより価格が異なります。

  • 69,000円(税抜):ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 81,000円(税抜):The ATTAS、Speeder EVELUTION V
  • 84,000円(税抜):TENSEI CK Pro Orange