ROGUE ドライバーの全モデルを一挙紹介

キャロウェイから発売のROGUEドライバーの全モデルを紹介します。

ROGUE ローグドライバーは全部で4モデルある!

ROGUEドライバーは4種類のモデルが発売されています。

  • ROGUE サブゼロドライバー
  • ROGUEドライバー
  • ROGUE スタードライバー
  • ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン

ROGUEスタードライバーは、アジア向けに発売されているモデルで、ヘッドはアメリカでドローモデルとして発売されているものです。ただし、調角機能の有無やウェイトの重量の違いがあるため、完全に同じではありません。

そして、ROGUE スタードライバー スピードスターバージョンは、シャフトとグリップが軽量化されていて、通常のスタードライバーよりも13g軽くなっています。

JAIL BREAK TECHNOLOGYはさらに進化

GBB EPICで初めて搭載されたヘッドを二本の柱が縦に貫通するJAILBREAKは、ROGUEでも搭載されています。チタン製で形状が砂時計型にスリム化され約25%軽量化されています。

出典:https://callawaynews.jp/products-news/2417/

そして、GBB EPICともう一つ異なる点として、JAILBREAKはドライバー、フェアウェイ、そして、ユーティリティにも搭載されています(低い番手には未搭載)。

ROGUEドライバーのプロダクトビデオ

こちらはキャロウェイ公式チャンネルによるROGUEドライバーの解説動画です。後から発売されたスピードスターを除いた基本3モデルについて解説されています。

X-FACE VFT

ROGUEに搭載されているX-FACE VFTは、薄肉化が進みボール初速をアップするだけでなく、フェースの軽量化と余剰重量の創出につながっています。

GBB EPICにあったペリメーター・ウェイティングは搭載されていない

出典:https://news.callawaygolf.jp/

GBB EPICのスタードライバーに搭載されていたスライダー式のウェイト調整機能は、ROGUEではどのモデルにも搭載されていません。スクリューウェイトはオプションで異なる重量が販売されていて、交換することができます。また、サブゼロはウェイトが2つ搭載されていますので、前後を入れ替えることもできます。

また、ROGUEサブゼロとROGUEドライバーには、アジャスタブルホーゼルが搭載されていますので、ロフト・ライを合わせて8通り調節することができます。

ここからは個々のモデルについて詳しく見ていきましょう。

ROGUE サブゼロドライバー

こちらが上級者向けと位置づけられているROGUE サブゼロドライバーです。特徴はGBB EPICと同様にソールの前後にスクリューウェイトが搭載されている点です。ソール前方にウェイトがあることで、重心が浅く設定でき、低スピン、低弾道で飛ばすことができ、操作性も兼ね備えています。

ROGUE サブゼロドライバーのスペック

ロフト角(°) 9 10.5
ライ角(°) 56
クラブ長さ (インチ) 45.25
ヘッド体積(cc) 460
フェース素材/構造 α+βチタン / NEW JAILBREAKテクノロジー + X-Face VFT
ボディ素材 α+βチタン/トライアクシャル・カーボンクラウン

ROGUE サブゼロドライバーのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは2種類です。

  • Speeder EVOLUTION for CW 50(S)
  • Tour AD IZ-6 (S)

ROGUE ドライバー

こちらがROGUEドライバーです。やさしく球が上がりやすいモデルです。スタードライバーとの違いとしては、ウェイトの搭載位置がソール後方のセンター位置になりますので、つかまりを意識したモデルではありません。また、ウェイトも5gでスターモデルよりも重くなっています。

ROGUE ドライバーのスペック

ロフト角(°) 9 10.5
ライ角(°) 58
クラブ長さ (インチ) 45.25
ヘッド体積(cc) 460
フェース素材/構造 α+βチタン / NEW JAILBREAKテクノロジー + X-Face VFT
ボディ素材 α+βチタン/トライアクシャル・カーボンクラウン

ROGUE ドライバーのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは1種類でフレックスはS、SR、Rの3種類です。

  • Speeder EVOLUTION for CW 50(S)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(SR)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(R)

ROGUE スタードライバー

こちらがアジア市場向けに発売されているROGUEスタードライバーです。アメリカではドロー仕様として発売されているもので、ソールのスクリューウェイト位置を見ると、ヒール寄りで重心距離が短く設定されています。

フェースターンがしやすくなっていますので、スライサーの方が真っすぐ飛ばしやすいモデルとなっています。

ROGUE スタードライバーのスペック

ロフト角(°) 9 10.5 12
ライ角(°) 58
クラブ長さ (インチ) 45.75
ヘッド体積(cc) 460
フェース素材/構造 α+βチタン / NEW JAILBREAKテクノロジー + X-Face VFT
ボディ素材 α+βチタン/トライアクシャル・カーボンクラウン

ROGUE スタードライバーのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは4種類です。標準シャフトはSpeeder EVOLUTION for CW 50となります。

  • FUBUKI for CW 40(S)
  • FUBUKI for CW 40(SR)
  • FUBUKI for CW 40(R)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(S)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(SR)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(R)
  • Speeder 474 EVOLUTION IV(S)
  • Speeder 569 EVOLUTION IV(S)

ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン

こちらがROGUEスタードライバーの軽量モデル、ROGUEスタードライバー スピードスターバージョンです。シャフトが3g、グリップが10g軽量かされていて、Rスペックではクラブ重量が272gとなっています。

重量感で言うと、ゼクシオドライバーやMグローレと同じレベルになりますので、ヘッドスピードが遅めの方に向いているモデルです。

ROGUE スタードライバー スピードスターバージョンのスペック

ロフト角(°) 10.5
ライ角(°) 58
クラブ長さ (インチ) 45.75
ヘッド体積(cc) 460
フェース素材/構造 α+βチタン / NEW JAILBREAKテクノロジー + X-Face VFT
ボディ素材 α+βチタン/トライアクシャル・カーボンクラウン

ROGUE スタードライバー スピードスターバージョンのシャフト

シャフトは専用の軽量モデルとなり、フレックスは2種類です。

  • FUBUKI for CW SPEED STAR(SR)
  • FUBUKI for CW SPEED STAR(R)

ROGUEモデルのヘッドカバー

ヘッドと同様にブラックがベースカラーで、やや淡いスカイブルーがアクセントになったデザインです。

 

XXIO ゼクシオ8ドライバー 試打・評価・徹底解説

ダンロップのゼクシオ8ドライバーについて取り上げます。

XXIO ゼクシオ8ドライバー

ゼクシオ8ドライバーは、国内No.1の人気モデル、ゼクシオの8代目モデルです。爽快な打球音、クラブの軽さ・やさしさが特徴のドライバーです。

スイング慣性モーメントという新たな発想!

ゼクシオ8ドライバーは、「スイング慣性モーメント」という新たな考え方を採用しています。「いつものスイングで、もっと速く、もっと遠くへ飛ばせる ゼクシオ エイト ドライバー」という表現が添えられ、クラブの側からスイングを変えていく工夫が取り入れられています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2013/nws_s64.html

スイング慣性モーメントについては、まずこちらの図を見ると分かりやすくなっています。アイススケートの選手が高速回転する場面があります。その時、手を体の近くに寄せて、回転体である体を小さくすることで回転を速くしています。

これと同じ理論で、ヘッドを体から近いところを回転させることで、スイングスピードをアップさせるというものです。

こちらの動画でも説明されていますので、詳しく知りたい方はご覧になってみてください。

ゼクシオ8はヘッドが1g重くなっている

ゼクシオ8ドライバーでは、ヘッド重量が1g増えています。理論上は運動エネルギーがアップしますので飛距離アップにつながりますが、1gというのは恐らく実感できないぐらいの重量で、あまり大きな飛距離アップにはつながらないようにも思います。それよりも注目すべき点は、ヘッドが1g重くなりましたがグリップは10g、シャフトは1g軽くなっていますので、クラブ重量が10g軽量化されている点です。

ヘッドが1g重くなったというより、クラブ全体として軽量化したことによって、ヘッドスピードが遅めの方にとっては振りやすくなり、スイングスピードがアップすることによる飛距離アップの効果が生まれやすくなると思います。

重心位置はヒール寄りに!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2013/nws_s64.html

クラウンの軽量化により余剰重量が生まれていて、ヒール寄り、ヘッド後方に重心位置が移動しています。これにより、つかまりが良く、ミスに強く、高い打ち出しの弾道となります。

フェースはカップフェース構造が採用されています。

ゼクシオ7からの変更点

ゼクシオ7ドライバーから買い替えをされる方は、スペックの変更点が気になるところだと思います。ロフト角、ライ角、シャフト長さといった基本的なスペックは変わっていませんが、クラブ重量が282gから272gに変わっています。10g変わっていますので、かなり軽く振れるドライバーに仕上がっています。

また、軽量化した箇所は主にシャフトになりますので、相対的にヘッドの重量感は増しています。実際、バランスはD1、D2からD3、D4に変わっていますので、このあたりも差は感じられるかもしれません。

ゼクシオ8ドライバーの試打・評価

ゼクシオ8ドライバーをヘッドスピード43m/sで試打

ヘッドスピード43m/sで試打した結果、スピン量が5000を超えていて、ヘッドスピードが遅い方が適していることが改めて分かる動画です。

ゼクシオ8ドライバーの打球音

屋外で打つと打球音・響き具合が良くわかります。ゼクシオは改めて良い音がするのが分かります。

ゼクシオ8ドライバーのスペック

ロフト角 8.5/9.5/10.5/11.5/12.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト MP-900カーボン
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R/R2
シャフト重量 49/47/44/43g
クラブ重量 282g(Rスペック)
トルク 5.6/5.7/5.8/5.9
キックポイント

ロフトは8.5°から12.5°まで1°刻みで5種類あります。ゼクシオ7よりクラブ重量が10g軽くなっていますので、よりヘッドスピードが遅めの方が振りやすいドライバーとなっています。

ゼクシオ8ドライバーの販売価格と発売日

ゼクシオ8ドライバーの発売開始日は2013年12月7日です。販売価格は、標準シャフトのゼクシオ M8900 カーボンシャフトが装着されたモデルで、80,000円(税抜き)となっています。

 

XXIO ゼクシオ9ドライバー 試打・評価・徹底解説

ダンロップのゼクシオ9ドライバーについて取り上げます。

XXIO ゼクシオ9ドライバー

ゼクシオ9ドライバーは、ゼクシオのレギュラーモデルとして9代目となるドライバーです。シニアや初心者を中心に、やさしく爽快に使える点が支持されているドライバーです。

ゼクシオ9ドライバーの特徴はスイング軌道

ゼクシオ9ドライバーは、「軌道は力だ。」のキャッチコピーが付けられて発売されています。そして、ここ最近のゼクシオと言えば、「DST」の文字がヘッドに記載されていて、今回も記載されています。

Dual Speed Technologyは引き続き継承され、ヘッドとシャフトの両方にスピードアップを実現する仕組みが採用されています。

軽くてしなかやなシャフト、ゼクシオ史上最も重いヘッドがスイングを速くする

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2015/s26.html

ゼクシオ9ドライバーは、ゼクシオ史上で最も重いヘッドとなっています。そして、シャフトは軽量化を図りながらもしなやかに仕上がっています。

これにより、前作のゼクシオ8とゼクシオ9でヘッド軌道を比べると、トップでの切り返しからヘッドが重さとシャフトのしなやかさで残り、体の近くを回ってくれます。

ここからはゼクシオ8のスイング慣性モーメントの理論で、ヘッドが体の近くを通るとスイングがコンパクトになり、回転が速くなります。

いつものスイングでヘッドスピードが上がり、ヘッドの重さも増していますので、飛距離がアップするというメカニズムになっています。

ゼクシオ8より、重心が深く・低くなっている!

丸いバッジ型のウェイトの位置が、写真左のゼクシオ9では、15mm後方に移動しました。これにより、深重心・低重心となり、ボールが上がりやすくなっています。

ゼクシオ8からの変更点

ゼクシオ8から買い替えをされる方は、スペックの変更点が気になるところだと思います。ロフト角、ライ角、シャフト長さといった基本的なスペックは変わっていませんが、注目したい点は2点あります。

一つ目は前にも触れましたが、ウェイトバッジの位置が後方になったら、深重心・低重心になっています。ボールの上がりやすさに影響する設計変更となります。二つ目はヘッド重量です。クラブ重量は変わっていませんが、ヘッド重量は2g重くなっています。その分、シャフトが2g軽くなっています。

ゼクシオ9ドライバーの試打・評価

2種類のシャフトで試打

MP-900シャフトとMiyazakiシャフトの2種類のシャフトを試打した動画です。

練習場での試打を測定器で計測して評価

左右のブレが少なく、スライサーに向いているとの評価です。

ゼクシオ9ドライバーのスペック

ロフト角 8.5/9.5/10.5/11.5/12.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト MP-900カーボン
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R/R2
シャフト重量 46/44/41/40g
クラブ重量 272g(Rスペック)
トルク 6.2/6.3/6.4/6.5
キックポイント

ロフトは8.5°から12.5°まで1°刻みで5種類ありますので、ボールが上がりやすい人、上がりにくい人に合わせて選ぶことができます。そして、シャフト柔らかめのR2まで用意されていますので、例えば10.5°のRを使っていて、もう少しシャフトのしなりが欲しいという方は、R2を選択することができます。

ゼクシオ9ドライバーの販売価格と発売日

ゼクシオ9ドライバーの発売開始日は2015年12月5日です。販売価格は、標準シャフトのゼクシオ MP900 カーボンシャフトが装着されたモデルで、88,000円(税抜き)となっています。

 

PING G400MAXドライバー 試打・評価・徹底解説

PINGのG400 MAXドライバーについて取り上げます。

PING G400シリーズのドライバーは全部で4種類!

PINGのG400シリーズのドライバーは、G400スタンダードドライバー、G400SF TECドライバー、G400LS TECドライバーに加えて、後からG400MAXドライバーが発売され、全部で4種類のラインナップとなっています。

PING G400 MAXドライバー

こちらがG400 MAXドライバーです。先に発売されているスタンダード、SF TEC、LS TECは、ヘッドサイズがやや小ぶりの445ccなのに対して、G400MAXはルール限界の460ccとなっています。

ソールウェイトはG400スタンダードの2倍!


出典:https://clubping.jp/product/product2018_g400_max.html

G400スタンダードドライバーと比べて、ソール後方のタングステン・ウェイトは重量が2倍となっています。深重心設計で慣性モーメントが大きく、打点がブレても弾道がブレにくくなっています。また、低重心でもあるため、球があがりやすくなっています。

G400MAXドライバーの公式PVです。モデルの解説とプロ二人による試打・評価も紹介されています。

フェースのたわみが13%アップ


新たな反発素材 FORGED T9S+チタンがフェースに用いられていて、G400スタンダードモデルと比べて、フェースのたわみが約13%増加しています。

G410 PLUSのクラウンには、タービュレーターを搭載!


クラウンには空気の流れを制御するタービュレーターが搭載されていますので、無駄な抵抗が減り、ヘッドが走って安定して振り切ることができます。

G400MAXドライバーの試打・評価

マーク金井氏によるG400MAXドライバーの試打


スライサーよりもフックのミスが出やすい人の方が適しているそうです。

みんなのゴルフダイジェストによる試打動画


G400の4種類のドライバーを打ち比べた貴重な動画です。

鈴木愛プロによる試打


鈴木愛プロが発表会にて試打して解説してくれています。ちなみに鈴木愛プロのクラブセッティングでは同じG400シリーズのLS TECを選択しています。

PING G400 MAXドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト ALTA J CB
長さ 45.75インチ
フレックス TS/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約293g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

ロフト角は9°、10.5°の2種類が用意されています。ALTA J CBシャフトを装着した場合、シャフトは一般的なR、SR、Sに加え、更に硬めのTSも選択可能です。

PING G400 MAXドライバーの販売価格と発売日

PING G400MAXドライバーの発売開始日は2018年3月8日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは6種類あり、装着シャフトにより価格が異なります。

  • 63,000円(税抜):ALTA J CB、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 75,000円(税抜):ATTAS CoooL、Speeder EVOLUTION Ⅳ

 

XXIO ゼクシオ10ドライバー 試打・評価・徹底解説

ダンロップのゼクシオ10ドライバーについて取り上げます。

XXIO ゼクシオ10ドライバー

ゼクシオ10ドライバーは、ゼクシオのレギュラーモデルで10代目となるドライバーです。2000年に初代ゼクシオドライバーが発売されてから、きっちり2年毎のリニューアルを重ね、2018年で10代目に到達しました。世代の間が一定して2年であることも、人気が途切れることがなく続いていることの現れです。

ゼクシオ10ドライバーは3タイプある!

ゼクシオ10ドライバーは3タイプ発売されています。写真左から、レギュラーモデルのゼクシオ10ドライバー、Miyazakiモデル、特注対応のクラフトモデルです。

  • レギュラーモデル
    ヘッドスピードが速くない人に適したやさしいモデル
  • Miyazakiモデル
    ほどよい重量感で叩いて飛ばせるモデル
  • クラフトモデル
    ヘッドスピードの速い人に適した特注対応モデル

本記事ではゼクシオ10ドライバーのレギュラーモデルを取り上げます。

 

ゼクシオ10ドライバー レギュラーモデルは2カラーから選べる!

ゼクシオ10レギュラーモデルは、ネイビーとレッドの2色あります。こちらのレッドをレディースと間違われる方がいますが、レディースの赤系はソールウェイトがピンクでカラー名もボルドーで、やや明るいワインカラーとなっています。

ゼクシオ10ドライバーのコンセプトは「芯食い」

ゼクシオ10ドライバーは、芯で捉えて飛ばすことをコンテプとにしています。そして、芯食いのメカニズムとして、シャフトとフェースの2つで工夫がなされています。

ゼクシオ10ドライバーは、芯が34%拡大!

ゼクシオ10ドライバーのフェースは、強度を増して薄肉化を進めたカップフェースが採用されています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2017/s149.html

前作と比べると、所謂、芯で捉えたを感じられる反発エリアが34%拡大しています。反発エリアが上下左右方向に広がっていますので、芯で捉える確率も増しています。

粘るシャフトでインパクト時の打点のブレを抑える

ゼクシオ10ドライバーのシャフトは、インパクトまで粘って、最後に一気に走る仕様となっています。これにより、ヘッドが体の近くを通り、最後に一気にヘッドが加速しますので、スイング途中で体の前方向にかかる力が抑えられ、打点のバラツキが抑えられます。

結果として、芯で捉える確率が上がりますので、大きく飛ばすことができます。

ゼクシオ9からの変更点

ゼクシオ9からの乗り換えをされる方にとっては、スペック面の変更があるかが気になるところです。ゼクシオは従来あまりスペックを変えてきませんが、今回はゼクシオ9からゼクシオ10へのリニューアルで、若干の変更があります。

モデル ゼクシオ9 ゼクシオ10
ライ角 58° 59°
長さ 45.5インチ 45.75インチ
クラブ重量 272g 270g

まず、ライ角が1°大きくなっています。ライ角が大きくなると、つかまりの良さが感じられますので、スライスに悩む方には良い変更点と言えます。

次に、クラブの長さが0.25インチ長くなっています。ゼクシオ7~9まで45.5インチでしたので、クラブ長さがを長くすることで飛距離を伸ばそうという意図と思われます。一方で、クラブ重量は2g軽量化されていますので、こちらは振りやすさに寄与します。シャフトもヘッドが体の近くを走る仕様になっていますので、クラブ長さを感じずに触れる仕掛けが取り入れられています。

POINT:前作からの変更点

  • ライ角が1°増している。
  • クラブが0.25インチ長くなっている。
  • クラブ重量が2g軽くなっている。

ゼクシオ10ドライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打動画

若干フックフェース、重心アングルも大き目で、つかまりが良いそうです。

右手のゴルフチャンネルによる試打動画

10.5°、Rでの試打動画です。ボールが上がりやすく、つかまりやすいクラブになっています。

アマチュアゴルファー二人による試打

ゼクシオ10ドライバーはミスがミスにならないドライバーです。

ゼクシオ10ドライバーのスペック

ロフト角 8.5/9.5/10.5/11.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト MP-1000カーボン
長さ 45.75インチ
フレックス S/SR/R/R2
シャフト重量 45/43/40/39g
クラブ重量 270g(Rスペック)
トルク 6.2/6.3/6.4/6.5
キックポイント

ロフトは選択幅が広く8.5°から用意されています。ただし、今作から12.5°がなくなりました。クラブ重量は270gとなっていますので、ヘッドスピードが遅い方には振りやすいクラブに仕上がっています。

ゼクシオ10ドライバーの販売価格と発売日

ゼクシオ10ドライバーの発売開始日は2017年12月9日(土)です。販売価格は、標準シャフトのゼクシオ MP1000 カーボンシャフトが装着されたモデルで、80,000円(税抜き)となっています。