スリクソン ZX5・ZX7アイアンの最新情報

スリクソンの2020年モデルと思われるZXシリーズのアイアン、ZX5アイアン、ZX7アイアンがR&Aのサイトに掲載されましたので、最新情報を取り上げます。

スリクソンの2020年モデルはZXか!?

R&Aにスリクソンの「ZX」という名称が付いたゴルフクラブが多数掲載されました。ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、ハイブリッド、アイアンが掲載されていますので、2018年のZ85の後継に位置づけられるシリーズのようです。

これまでは、Z25、Z45、Z65、Z85と来ていましたので、2020年は桁あふれでどうするのかと思いましたが、ローマ数字で10の意味があるXを持ってきたようです。

従来通りであれば、Z5X、Z7Xという名前の振り方をしそうですが、ZX5、ZX7というネーミングになっています。

ZXアイアンは2種類

スリクソンZXのアイアンは、ZX5アイアンとZX7アイアンの2種類が掲載されています。

▼前作の2018年モデル、Z585アイアンとZ785アイアン

前作のZ85シリーズでもZ585アイアン、Z785アイアンの2種類でしたので、2020年も同じラインナップ構成で、マッスルバックは発売がないようです。

スリクソン ZX5アイアン

出典:randa.org

こちらがZX5アイアンです。Z585アイアンと同様にヘッド外周が行く圧になっていて、キャビティー形状となっています。

この映像で見る限りは、ポケット構造は無いように見えますが、スピードグルーブは施されていて、フェースの撓み効果を高めているようです。

スリクソン ZX7アイアン

出典:randa.org

こちらがX7アイアンです。キャビティーとマッスルバックの中間的な形状をしていますので、Z785アイアンと同様のハーフキャビティー形状を採用しています。

バックフェースの打点部が肉厚になっていますので、打感がマイルドで、しっかり押し込めるタイプのアイアンのようです。

トゥ側がややえぐれた部分があり、これまでにない独特な形状に見えます。

今回もZX9アイアンは無い?

スリクソンのZシリーズアイアンは、発売当初、5、7、9の3種類の構成で、形状もキャビティ、ハーフキャビティ、マッスルバッグでした。

2018年モデルから9のシリーズがなくなり、その代わり、翌年にマッスルバックのZフォージドアイアンが発売となっています。

今回のZXアイアンも、5、7のみで、マッスルバックは、Zフォージドの後継として2021年に発売されるのではないかと思われます。

スリクソンX2(エックスツー)ボールは、柔らかくなって飛距離アップ!

スリクソンから新たに発売のボール、スリクソンX2について取り上げます。

スリクソン X2(エックスツー)の特徴

ダンロップから新たに発売のSRIXON X2(エックス2)は、飛距離を追求して開発されています。

従来モデルのSRIXON Xの後継となるニューボールについて、特徴を見ていきましょう。

ソフト化して飛距離アップ

新たなボールは、新開発のコア&ミッドによりソフト化されています。そもそもディスタンス系のボールは外側が硬く、中が柔らかいのが特徴ですので、基本的に柔らかさが増すことで飛距離性能はアップする方向に作用します。

ソフト化したことでボールがつぶれやすくなり、サイドスピンが減少するため直進性もアップしました。
引用:https://sports.dunlop.co.jp/golf/srixon/x2_2020/index.html

反対に、つぶれにくい場合、インパクトエネルギーが何らかの形で消費されるため、それがサイドスピンの発生に使われてしまうということでしょう。

ちなみに、ソフト化は従来モデルと比べて10%達成していますので、思い切った改良と言えそうです。

深くなったディンプルが、弾道の高さを抑えてくれる

出典:dunlop.co.jp

スリクソンX2では、ディンプルが従来モデルよりも4%深くなっています。

これにより、アゲインストでも弾道高さが抑えられて、強い弾道で飛んでくれます。

ボールそのものがソフト化されていることで、弾道の高さが上がるため、ディンプルにより理想的な高さになるよう抑えています。

カラーは2種類

カラーはホワイトとイエローの2色あります。

ゴルフボールは同じシリーズでソフトとハードの2種類のスペックが発売されるケースがありますが、SRIXON X2の硬さは1種類です。

アライメントのデザインもある

SRIXONの他、商品名のX2もプリントされています。そして、このロゴの「X」を中心として、中央と上下に合計3本のラインが引かれています。

パッティングの際にアライメントのデザインを求める方は、こちらの面を使うことでターゲットに対してセットして、ストロークしやすくなっています。

スリクソン X2の特徴

性能

  • 飛距離:究極に飛ぶ
  • 直進性:高い
  • アプローチスピン量:少ない
  • フィーリング:ソフト
  • 耐久性:高い

構造

  • ピース:3ピース
  • カバー:H.R.カバー
  • ミッド:スーパースピードX2ミッド
  • コア:スーパースピードX2大径コア
  • ディンプル:強弾道338スピードディンプル
  • ボールNo.:1,2,3,4,5,6,7,8

スリクソン ZXユーティリティの最新情報

スリクソンのZXユーティリティがR&Aのサイトに掲載されましたので、最新情報を取り上げます。

スリクソンの2020年モデルはZXか!?

ドライバーの適合リストに、スリクソンのモデルが何種類か掲載されています。ZX5、ZX7、ZX7 TOURといった名前が付けられていますので、2018年がZ85シリーズだとすると、2020年はZXシリーズではないかと推測できます。

そして、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンについても、ZXの名が付いたモデルが登録されています。

ZXユーティリティ

ユーティリティという名前は、ハイブリッドも含めて使う場合と、ハイブリッドを除いて使う場合があるため、曖昧さがあります。

ここで言うユーティリティは、ハイブリッドを含めない方で使っています。つまり、アイアン型のユーティリティです。

スリクソンのZXでもアイアン型ユーティリティがR&Aに登録されています。

番手は2、3、4番の3種類掲載されていまして、こちらは2番になります。

  • 2番:18°
  • 3番:20°
  • 4番:23°

Z U85は、2~6番の5種類の番手がありましたが、ZXは、2~4番の3本です。まだ公式発表もない段階ですので、これから5、6と追加されてくる可能性は考えられます。

前作に当たるZ U85と並べたみた画像がこちらです。バックフェースが山型に肉厚になっているところは似通っています。

まだ右のZXの方は裏面の映像しかないため、部分的な比較しかできませんが、ソールから打点裏に当たる部分まで、肉厚が増しているようにも見えますので、慣性モーメントを高めた設計になっているのかもしれません。

まだ公式サイトでは情報が公開されていませんので、新たな情報が確認できましたら、反映していきたいと思います。

スリクソン Z785アイアン 試打・評価・徹底解説

スリクソンのZ785アイアンの試打・評価について取り上げます。

スリクソンZ785アイアンの特徴について

スリクソンZ785アイアンは、Zアイアンの2018年モデルです。左がポケットキャビティータイプのZ585アイアン、右がハーフキャビティータイプのZ785アイアンで、2種類のヘッドが発売されています。

Zアイアンは、当初、5、7、9の3種類のヘッドが発売されていましたが、2018年モデルではドライバーも含めて9のヘッドが廃止となっています。

ゴルフクラブ全体として、プロモデルもやさしい方向にシフトしていますので、スリクソンのモデルラインナップもそれに沿った形となっています。

ハーフキャビティー構造で操作性を高めたアイアン

Z785はポケットがなく、ハーフキャビティーとなっています。フェース周辺部のキャビティー部分がZ585と比べて薄めになっています。

Z585は飛距離とやさしさを重視した形状ですが、Z785は操作性を重視した形状となっています。

芯で捉えた時の打感が柔らかい

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sp/2018_s90.html

打点となるフェースセンター部分のバックフェースが肉厚になっています。

弾き感の強いZ585アイアンに対して、Z785アイアンは芯を食った時にやわらかさがあり、しっかりと押し込んでいけるマイルドな打感です。ショットのレスポンスを求める上級者に好まれる打感となっています。

ストレートネックでインテンショナルに打ち出せる

ネックはすっきりとしたほぼストレートです。

Z585はややグースが効いていますが、Z785はFPが大きく、意図した球を打ちやすくなっています。

スリクソン Z785アイアンのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは4種類あります。

  • ダイナミックゴールド DST シャフト
  • ダイナミックゴールドシャフト
  • N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR120 スチールシャフト

スリクソン Z785アイアンの公式動画

Zシリーズアイアン2018年モデルの公式動画です。Z585 アイアン、Z785アイアン、ZU85ユーティリティについて紹介されています。

スリクソン Z785アイアンの試打・評価

  • スピン性能が高く、ボールが高くあがる。
  • 外観は前作のZ765アイアンよりスマートに見える。
  • 球を拾いやすい。

  • 打感が良い。球が喰い付く。
  • フック系、スライス系など、球を操作できる。
  • 前作よりもすこしつかまりが良く、フェースターンがしやすい。

スリクソン Z785アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
3 20 60 2.9 38.75
4 22 60.5 3 38.25
5 25 61 3.4 37.75
6 28 61.5 3.5 37.25
7 32 62 3.8 36.75
8 36 62.5 4.1 36.25
9 41 63 4.5 35.75
PW 46 63.5 4.9 35.25
AW 51 63.5 5.4 35.25
SW 57 63.5 6 35.25

前作のZ765アイアンとロフト角・ライ角は同じ設定になっています。同年モデルのZ585アイアンと比べると、7番のロフト角は1度寝た32°です。

 

SRIXON Z585とZ785ドライバーの違いを徹底解剖・評価!

SRIXONのZ85シリーズから発売のZ585ドライバーとZ785ドライバーについて、違いを取り上げます。

スリクソン Z85シリーズのドライバーはこれまでと違う


アスリート向けモデルとして位置づけられているスリクソンのZシリーズ。2018年モデルのドライバーは、Z585 ドライバー、Z785 ドライバーの2種類が発売されています。

従来までのZシリーズでは、ヘッド体積が異なるモデルがラインナップされていました。2018年モデルで「ZERO SRIXON ドライバーを、ゼロから作り直せ。」というキャッチコピーが付けられ、これまでと構成が変わってきました。

Z585とZ785はヘッドサイズが同じ!

この記事はZ585とZ785の違いを取り上げていますが、まず触れておかなければならない点は、Z585ドライバーとZ785ドライバーのヘッドサイズです。両方とも460ccで同じヘッド体積となっています。

従来までは5、7、9と数字が上がるにつれヘッド体積が小さくなっていましたので、従来モデルと異なる点となります。

ちなみに、これまでのZシリーズを振り返ってみると、年々ヘッド体積の差は縮まっていましたので、460ccへの統一は時間の問題であったように感じます。

スリクソン Zシリーズドライバーの歴代モデル、ヘッドサイズの変遷まとめ

ヘッド体積460ccは全体の流れ

スリクソンのドライバーが460ccで統一された点は、様々な感想が出ているようです。他メーカーに目を向ければ、タイトリストでもスリクソンと同じくゼロからドライバーの製品開発が行われ、TSという新たなモデルがリリースされました。そして、日本で発売されているTS2、TS3ドライバーは、ヘッドサイズが同じとなっています。

また、テーラーメイドのM5、M6、キャロウェイのEPIC FLASHも、上級者向けとアベレージゴルファー向けでヘッド体積が同じになっていますので、460ccに統一されたことは、自然な流れだったように思います。

ウェイトの位置の違い

Z585とZ785は注目したい違いが2点あります。1点目はウェイトの設置個所です。左が585、右が785になります。

左のZ585ドライバーはウェイトがヒール寄りに搭載されていますので、重心角を大きくし、ヘッドがターンしやすくなっています。Z785よりはつかまりが良いモデルとなります。左のZ785ドライバーの方は、ヘッド形状の違いも相まって重心角が小さくなる方向に働いていますので、操作性が高く、意図した弾道を繰り出しやすいモデルとなっています。

一般的には、Z785がより上級者向けという言われ方をされますが、最近では優しい方を手にするツアープロも増えていますので、難易度よりもヘッド特性で分類した方が良いように思います。

ヘッド形状の違い

こちらはクラウンの画像を並べたものです。縮尺が若干異なるようにも思いますので、形状の比較のみでご覧ください。

左がZ585ドライバー、右がZ785ドライバーです。Z585は投影面積が大きくシャロー、ヒールよりも厚めになっています。右へのミスが抑えられ、直進性もあり、安心感を持って構えられそうな形状です。

一方、Z785はツアープロが好みそうな洋ナシ型です。ストレッチも短めで操作性の高さが感じられます。

スペックの比較

モデル Z585 Z785
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5
ライ角(°) 58 58
ヘッド体積(cc) 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.25 45.25
バランス D2 D2
重量(g) 302/308 303/309

基本スペックで見ると、違いは殆どありません。ヘッド形状とウェイト位置が異なりますので、重心設計値が公表されていれば、大きな違いが確認できると思いますが、残念ながら公式ページに掲載はありませんでした。

Z585ドライバー、Z785ドライバーの試打・評価

Z585ドライバーとZ785ドライバーの試打・評価については、それぞれ個別に取り上げていますので、より詳しい特徴はこちらの記事をご覧ください。

SRIXON Z585ドライバー 試打・評価・徹底解説

SRIXON Z785ドライバー 試打・評価・徹底解説