T100、T200、T300、620CB、620MB、タイトリストのアイアン最新情報をまとめました

タイトリストのニューアイアンについて、T100、T200、T300、620MB、620CBの名前が出て来ていますので、最新情報をまとめました。

最初にSNSに出たのはT100、620CB、620MBの3種類

 

この投稿をInstagramで見る

 

Titleistさん(@titleist)がシェアした投稿


タイトリストの公式SNSにて、T100、620CB、620MBの3種のアイアンがツアープロが実戦で検証しているというアナウンスが出ました。これが2019年6月10日です。

これまで710、712・・・718と来ていましたので、次はどのような数字が添えられるのか興味深かったところ、全く当たらなT100、そして、2004年頃にお目見えしていた600系となりました。

T200、T300アイアンの2種類も、その後に登場!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Titleistさん(@titleist)がシェアした投稿


そして、1週間後の2019年6月17日に、T100と同じシリーズと思われるアイアン、T200、T300アイアンもテスト中であることが発表されています。

620アイアンは718アイアンの後継か?

公式サイトでこの5種のアイアンに関する詳細な情報はリリースされていませんが、ニューアイアンのフォルム、そして、現在のモデルのラインナップから、大凡の継承関係や位置づけが見えてきます。

出典:https://www.titleist.com/

まず、上の写真の左の620CBと中央の620MBは、モデル名からして同一シリーズの難易度が異なるモデルであることが分かります。中央の620MBは、文字通りマッスルバックでフェースが薄く、完全に上級者向けのアイアンです。

現在の上級者向けのラインナップは718MB、CBですので、620MB、CBは後継に位置づけられると考えて良さそうです。

T100、T200、T300はAP1~3アイアンの後継か?

出典:https://www.titleist.com/golf-clubs/golf-irons/tour-launch

次にT100、T200、T300アイアンですが、当初はT100のみでしたので、AP1、2、3が統合されたやさしいアイアンと思われました。その後、T200、T300 とさらにやさしそうな形状のアイアンが登場しました。形状、そしてモデルの数からして、位置付けとしてはAPアイアンの後継と考えて良さそうです。

ちなみにAPアイアンは、やさしい順にならべると、AP1、AP3、AP2と分かり辛いですが、Tアイアンは、T300、T200、T100となります。

バックフェースの形状からして、ポケットキャビティーのT300とAP1、ソールの厚みが特徴のT200とAP3、T100とAP2という関係性が見えてきます。

ちなみに同じAPアイアンの中でも、AP1とAP3はディスタンス系、AP2はツアープロ向けというい分かり辛い分類でした。実際、718AP2アイアンはソールが薄く、中級者では手ごわそうなフォルムをしています。

出典:https://www.titleist.com/

しかし、写真左の順番的にはAP2の後継に位置づけられそうなT100アイアンは、ソールの厚みがかなりあるように見えます。ヘッド周辺部の肉盛り具合もあり、寛容性をアップしたモデルと言えそうです。

T100、T200、T300、620CB、620MBアイアンの発売日は?

こうなると、一気に5種類登場したニューアイアンのスペックと発売日です。これらの詳細情報についてはまだ出ていませんが、ツアープロによる検証は今後数週間に渡って続くとされていますので、まだ少し先のようです。

スペックや発売日、価格などが分かりましたら、最新情報を改めて投稿します。

PING G400ドライバー 試打・評価・徹底解説

PINGから発売のG400ドライバーについて取り上げます。

PING G400シリーズのドライバーは全部で4モデルある!

PINGのG400シリーズのドライバーは、2017年にヘッド体積が445ccの3タイプのモデルが発売されました。

  • G400スタンダードドライバー
  • G400SF TECドライバー
  • G400LS TECドライバー

そして、翌年の2018年にヘッド体積が460ccのG400MAXドライバーが発売されました。

G400シリーズのドライバーは、全部で4モデルとなっています。

PING G400 ドライバー(スタンダードモデル

こちらがG400ドライバーのスタンダードモデルです。同じく445ccヘッドで発売されている他の2モデルがドロー仕様、低スピンなのに対して、偏った特性を持たないバランス感あるスタンダードモデルです。

極薄クラウンと複合素材のボディーが、大慣性モーメントを実現!

約0.43mmの薄さのクラウンと複合素材のボディーが採用されています。ソールには高比重のタングステンウェイトが搭載されています。

慣性モーメントが大きくなることで、球がブレずに直進性の高い弾道が生み出されます。

フェースのたわみが16%アップ

出典:https://clubping.jp/product/product2017_g400_d.html

フェースには新反発素材のFORGED T9S+が用いられ、約4%強度が増し、約6%薄くなっています。前作と比べて、フェースのたわみは約16%アップしていますので。ボール初速を高め大きな飛距離を生み出してくれます。

クラウンにはタービュレーターを搭載!

クラウン前方には左右3個ずつのタービュレーターが搭載されています。

出典:https://clubping.jp/product/product2017_g400_d.html

空気の流れがスムーズになることでスイング中の空気抵抗が抑えられ、ヘッドが安定して走ってくれます。

G400ドライバーの試打・評価

マーク金井氏によるG400ドライバーの試打

  • アドレスした時に3つのモデルの違いはあまり感じないが、タングステンウェイトの位置が異なる。
  • G400スタンダードは、タングステンウェイトが一番後ろにあり、つかまりが良い。
  • アドレスすると、若干フェースが開く。
  • 打音は澄んだ音で、弾きを感じる。
  • 前作と比べると、つかまりが良く、打感が良い。
  • ヘッドスピード45m/sぐらいで試打したところ、打ち出しが14°で理想的、スピン量も少なく、再度スピンも抑えられ、真っすぐ飛んでくれる。

G410とG400ドライバーのどちらが飛ぶか?飛距離を比較した動画

誰しもが興味のある新作と旧作でどちらが飛ぶのか?というシンプルな問いに対して答えを求めた動画です。

G410 PLUS、G410 SFT、G400の3種類のドライバーで比較されています。

  • G410PLUS:平均226.03(218.6/231.5/228)
  • G410SFT:平均225.05(218.5/221.6/-)
  • G400:平均223.7(225.5/222.5/223.1)

動画の結論としては、G400の次のモデルであるG410ドライバーの方が飛ぶ!とされています。

これは計測が2~3回と少なく、G410PLUSは飛距離のバラツキも出ていますので、わずか3ヤードの差は試験回数を重ねると逆転する可能性も考えられます。

どちらが飛ぶかよりも、弾道の直進性の差が興味深かったです。G410の方が直進性に優れているように見えますので、PINGの言う「ブレない」が進化しているように感じられます。

みんなのゴルフダイジェストによるG400全モデルの試打・評価

ヘッド体積445ccのスタンダード、LST、SFT、そしてヘッド体積が460ccのMAXを打ち比べた動画です。

PING G400ドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 445cc
標準シャフト ALTA J CB
長さ 45.75インチ
フレックス TS/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約294g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

ロフト角は9°、10.5°の2種類が用意されています。ALTA J CBシャフトを装着した場合、シャフトは一般的なR、SR、Sに加え、更に硬めのTSも選択可能です。

PING G400 ドライバーの販売価格と発売日

PING G400ドライバーの発売開始日は2017年9月7日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは6種類あり、装着シャフトにより価格が異なります。

  • 63,000円(税抜):ALTA J CB、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 75,000円(税抜):ATTAS CoooL、Speeder EVOLUTION Ⅳ

 

PING ブループリント アイアン 試打・評価・徹底解説

PINGから発売のBLUE PINTアイアンについて取り上げます。

BLUE PRINTアイアンは、PINGで初めてのマッスルバック

PINGのアイアンと言えば、中空構造をイメージされる方も多いと思います。しかし、今回、新しく発売のBLUE PRINTアイアンは、PING史上で初となるマッスルバックです。

モデル名の由来は、トップアスリートのための青写真(ブループリント)を具現化したことです。名実共にツアープロ向け、上級者向けのために作られたアイアンです。

軟鉄鍛造で打感が良い

ヘッド素材は8620カーボンスチールと公式ページに記載されていますが、ゴルフ業界で良く用いられる表現にするとS20Cです。

軟鉄鍛造ヘッドのため、打感はよく、捉えた打点位置の感じ取りやすさにも優れています。

ヘッドはコンパクト、ボールが大きく見える!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ULMduBx02zw

ヘッドはさすがにトップアスリート向けというだけあって、とてもコンパクトです。

上図はこの後で紹介するyoutube動画の1シーンですが、動画の中で語られているように、非常にボールが大きく見えます。

これはもう一般ゴルファーが見れば「難しい!」、トップアスリートが見れば「操作性が高い!」となります。自由自在にボールを操りたいツアープロには、扱いやすいアイアンとなります。

ソールは薄く、トゥ側にウェイトを搭載

初心者、アベレージゴルファー向けのアイアンと比べると、ソールの形状が全くことなります。やさしいアイアンはソール幅が広く、ダフリにくく滑ってくれるようになっています。アドレスしたときにソール後方がトップブレードの後ろに見えるぐらい分厚いモデルがあります。

ブループリントアイアンは、スパンと斧で切り落としたかのようにソールの後方部がなく、薄い作りになっています。いわゆる難しいアイアンです。

ただし、軟鉄鍛造でありながらもトゥ側にウェイトが搭載され、トゥ・ヒールのバランスが調整されていますので、やさしさも取り入れられています。

ノーオフセットの操作性高いネック

ネックはきれいなストーレートで、オフセットは極限までなくしています。グースが全くありません。

ゴルファーがイメージした通りにボールを操作したい。そんな意図が明確に表れた形状です。

ブループリントアイアンの試打・評価

みんなのゴルフダイジェストによるブループリントアイアンの試打・評価

さすがにツアープロ向けアイアンということで、良さを説明しつつ、難しさについても伝えています。

  • 鍛造のマッスルバックで、打感はとても良い。どこに当たったかよくわかる。
  • フェースが小さくて、操作性が高い。
  • ドロー・フェード、低く・高くなど、実践向きのアイアン。
  • ソールが非常に薄いので、滑ってくれたりといったお助け機能はない。

ブループリントアイアンのスペック

ヘッド スペック

クラブ クラブ長 ロフト角 ライ角 オフセット バウンス スイングウェイト
2 39.25 17.5° 58.3° 0.14 4.0° D1
3 38.75 20.0° 59.0° 0.12 5.0° D1
4 38.25 23.5° 59.8° 0.1 6.0° D1
5 37.75 27.0° 60.5° 0.08 7.0° D1
6 37.25 30.5° 61.3° 0.06 8.0° D1
7 36.75 34.0° 62.0° 0.05 9.0° D1
8 36.25 38.0° 62.8° 0.04 10.0° D1
9 35.75 42.0° 63.5° 0.03 11.5° D1
PW 35.5 46.0° 64.1° 0.02 13.0° D1

シャフト

シャフト名 フレックス 重量(g) トルク キックポイント
N.S.PRO 950GH R 94.5 2
S 98 1.9
N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 R 103 1.9
S 106.5 1.7
X 112 1.6
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 S 114 1.7 中・元
X 120 1.6
DG S200 S 129 1.6

ブループリントアイアンの発売日と販売価格

ブループリントアイアンの発売日は、2019年8月8日です。販売価格は32000円です。

 

TSドライバーの全モデル徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4の特徴まとめ

タイトリストから2018年後半に新たに発売のTSドライバーについて、TS1、TS2、TS3、TS4の全モデルが出そろいましたので、特徴を比較してまとめます。

TSドライバーは全部で4種類!

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/drivers/ts-metals/

タイトリストのTSモデルは、2018年後期に新たに誕生したシリーズです。これまでのツアープロに合わせていた915、917といったシリーズとは全く異なり、スピードをテーマとしてゼロから作り上げたモデルです。

リリース当初はTS2ドライバー、TS3ドライバーの2種類で、917D2、917D3といったヘッド特性を表す添え字が継承され、主軸の2、3系がリリースされました。

これで終わりと思いきや、2019年に入り、ツアープロ向けのカスタムでTS4ドライバー、やさしさ重視のTS1ドライバーが追加されています。

TS1、TS2、TS3、TS4の概要を整理

それぞれのモデルについて、メーカーの説明を見てみましょう。

TS1ドライバー

EFFORTLESS. DISTANCE.

そのフルスピードは、想像を超える!パワフル・ビッグドライブ。

TS2ドライバー

STRAIGHT. SPEED.
その直進弾道スピードは、想像を超える!ストレート・ビッグドライブ。

TS3ドライバー

SPECIALIZED. SPEED.
そのマルチ弾道スピードは、想像を超える!カスタマイズ・ビッグドライブ。

TS4ドライバー

LOW SPIN. HIGH SPEED.
さらにロースピンでハイスピードな弾道をもたらします。

各モデル、冒頭での説明はこのようになっていまして、英語表記の部分がモデルの特徴・差異を良く表しています。

TS1は簡単、TS2は真っすぐ飛ぶ、TS3は調整機能が充実、TS4は低スピンモデル。差し詰めこのような感じになります。

TS1ドライバー

TS1ドライバーは、軽量化に拘ったモデルで、最も軽いシャフトを選択すると268gとなります。

これはゼクシオやPHYZと同じぐらいの軽さになります。つまり、ヘッドスピ―ドが遅い人でもタイトリストのドライバーを扱えるようになりました。

POINT

  • クラブ重量は268~275gでとても軽い
  • 弾道は高く、スピン量は普通。
  • 吹け上がる人は少ないロフトの方が良い。

タイトリスト TS1ドライバーの最新情報!試打動画もあり!

TS1ドライバーの試打動画を3本まとめ

TS2ドライバー

TS2ドライバーは、ドロー・フェードの重心調整機能がなく、オートマチックに働いてくれます。弾道は低スピンの高弾道で、従来の917D2や915D2よりやさしくなっていると言われています。

ミスへの強さもあり、直進性が高く、弾道を操作しない中級者におすすめのモデルです。

POINT

  • 直進性が高く、スピンも抑えられている。
  • 重心調整機能は無い。

TS2ドライバー 試打・評価・徹底解説

TS3ドライバー

TS3ドライバーは、ソール後方に見慣れた筒状の構造があります。ウェイト調整を行うことができますので、ドロー・フェードの設定が可能です。

従来の3系を使っていた方には違和感があるかもしれませんが、ヘッド体積が460ccのルール上限サイズで小ぶりではなくなっています。

POINT

  • 重心調整機能を搭載し、弾道調整の自由度が高い。
  • 3系だが、ヘッドサイズは460cc。

TS3ドライバー 試打・評価・徹底解説

TS4ドライバー

TS4ドライバーはシリーズ中、唯一ヘッドサイズが異なるカスタムモデルです。430ccの小ぶりなヘッドで、ウェイトもソール前方に搭載され、見るからにツアープロや上級者向けのモデルです。弾道は超低スピンの中弾道です。

POINT

  • ヘッドサイズが430ccで操作性が高い。
  • ウェイトが前側に搭載され、弾道は低スピン・中弾道。

タイトリスト TS4ドライバーの最新情報!動画もあり!

 

ROGUE スターユーティリティ 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのROGUEスターユーティリティについて取り上げます。

ROGUEのユーティリティはスターモデルのみ

ROGUEは2018年に発売されているモデルです。前年の2017年に発売されているGBB EPICとは異なるモデルですが、EPICの最大の特徴であるJAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEのユーティリティにも搭載されています。

JAIL BREAKテクノロジーが搭載されているのは、4番と5番の2本!

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/rogue/ut_fw/

JAIL BREAKはヘッド内部の貫通する2本の柱構造で、縦方向の剛性を高めることで、ヘッドの撓みがボールの進行方向と異なる縦に生じにくくなっています。

エネルギーの消費効率が高まりますので、ボールスピードのアップにつながるだけでなく、ヘッドの剛性が高まることで、様々な箇所の薄肉化・軽量化が実現可能となっています。

JAIL BREAKは、ROGUEモデルで初めてユーティリティに搭載されましたが、全番手ではなく、4番と5番のみに搭載されています。6番と7番には恐らくスペース的な関係から搭載されていません。

フェースカップを搭載

飛距離が求められる4番、5番では、フェース素材にカーペンター455スチールが採用され、カップフェース構造となっています。オフセンター時でもボール初速の低下が抑えられます。

アンダーカット・インナーウェイトテクノロジー

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/rogue/ut_fw/index.html

アンダーカット・インナーウェイトテクノロジーは、もともとアイアンのために開発されたもので、重心位置の自由度が上がります。ROGUE スターユーティリティにも搭載され、浅重心・低重心に設定されています。弾道としては、浅重心による低スピン効果、低重心による高打ち出しとなります。

POINT

  • 浅重心・低重心により、低スピン・高打ち出しの弾道

ロフト角調整機能は搭載されていない

ホーゼル部分にロフト角の調整機能は搭載されていません。また、ソールにウェイトビスもなく、GBB EPICのようなスライディングウェイトもありませんので、調整機能はありません。

ROGUEスター ユーティリティの試打・評価

ROGUEユーティリティの試打–深堀圭一郎

  • 飛距離も大事だけど、ミート率が高い。
  • 芝の上で構えて当たりそうな感じがする。
  • ユーティリティが苦手だった人にも打ちやすい。

ROGUEスターユーティリティの試打–佐伯三貴

  • 顔はアイアンっぽくて、構えた時に合わせやすい。
  • 打感も良く、楽に打てる。

ROGUEスターユーティリティのスペック

番手 4 5 6 7
ロフト角(°) 20 23 26 29
ライ角(°) 59 59.5 60 60.5
ヘッド体積(cc) 127 125 122 117
クラブ長さ (インチ) 40 39.5 39 38.5

番手は4(20°)、5(23°)、6(26°)、7(29°)の4種類が用意されています。USモデルではROGUEハイブリッドが2~6番、ROGUE Xハイブリッドが3~8番と番手が豊富ですが、日本モデルは4種類です。

ROGUEスターユーティリティの販売価格と発売日

ROGUEスターユーティリティの発売開始日は2018年3月です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは3種類です。

  • FUBUKI for CW (S/SR/R)
  • Speeder EVOLUTION for CW 60(S/SR/R)
  • N.S.PRO Zelos 7 Hybrid(S)

発売価格は¥21,204(税抜き)からです。