M1ドライバー 2017 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM1ドライバー 2017年モデルについて取り上げます。

テーラーメイド M1ドライバーは2世代ある

M1ドライバーは、最初のモデルが2016年に発売され、翌年の2017年にも新たなM1ドライバーが発売されています。そのため、M1ドライバーは、年代違いで2種類存在します。写真左が2017年モデルで、右が初代の2016年モデルです。本記事で取り上げるのは、新しい方のM1ドライバー 2017と呼ばれる方です。

M1ドライバーは2017年モデルも2種類のヘッドサイズがある

2017年モデルのM1ドライバーは、2016年モデルと同様にヘッドサイズが2種類用意されています。写真左がルール限界サイズの460ccのM1 460ドライバー 2017で、右がやや小ぶりで440ccのM1 440ドライバー 2017です。

ちなみに、初代の2016年モデルのヘッドサイズは、430ccと460ccですので、2017年モデルとなって、ヘッド体積の差は小さくなりました。

M1のMの意味はMulti Material(マルチマテリアル)

M1ドライバー、M2ドライバーの「M」は、Multi Material(マルチマテリアル)の頭文字を取っています。マルチマテリアルとはマテリアルがマルチということで、単一の素材ではなく、複合素材でヘッドを構成しています。具体的に言いますと、チタンとカーボンが用いられていて、カーボンは軽量化に用いられる素材ですので、ゴルフヘッドでも余剰重量を生み出すために用いられています。

ウェイト調整機能は重量・調整幅が進化!

新たなTトラック・システムは、ウェイトが稼働する範囲が広がり、さらに後方のバック・トラック・ウェイトは10gから12g(M1 460)、15g(M1 440)に重量アップしているため、重心の調整レンジが広がっています。

ロフト調整機能を搭載し、12通りのセッティングが可能!

ホーゼル部には、カチャカチャと言われるロフト調整スリーブが搭載されています。±2°のレンジで12通りのポジション・セッティングを選択することができます。

インバーテッド・コーン・テクノロジー

出典:https://www.taylormadegolf.jp/M_driver_sp.html

フェースの裏面は、インバーテッド・コーン・テクノロジーと呼ばれる逆円錐形フェースが搭載されています。オフセンターヒット時の反発力低下を最小限に抑え、打点ミスを許容してくれます。

M1ドライバーのクラウン

フェースがブラックなのに対して、クラウン前方はホワイトになっていて、打点面を認識しやすく構えやすくなっています。

M1ドライバー 2017の試打・評価

M1ドライバーをコースで試打した動画

ヘッドがシャローとなったため、ボールが上がりやすくなっています。

M1とM2を打ち比べした動画

M1ドライバーとM2ドライバーを練習場で打ち比べした動画です。

M2ドライバー USモデルの試打

永井延宏プロがM1とM2について解説しています。

M1ドライバーとM2ドライバーの特徴を解説

M1ドライバーとM2ドライバーについて、前作との比較や両者の特徴について、比較しながら解説されています。

M1ドライバー 2017のスペック

M1ドライバー 460 2017年モデル

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト TM1-117
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 57/55/-g
クラブ重量 312/310/-g
バランス D2
トルク 4.1/4.6/-
キックポイント

M1ドライバー 440 2017年モデル

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 440cc
標準シャフト TM1-117
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 57/-/-g
クラブ重量 312/-/-g
バランス D2
トルク 4.1/4.6/-
キックポイント

ロフトは9.5°と10.5°の2種類が用意されています。クラブ重量は標準シャフトを装着したモデルで前作の2016年モデルと同じになっています。

M1ドライバー 2017年モデルの販売価格と発売日

M1ドライバーの発売開始日は2017年3月9日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは5種類あります。

M1 460ドライバー

  • TM1-117:72,000円+税
  • Tour AD TP-6(S):89,000円+税
  • Speeder 661 EVOLUTION III(S):89,000円+税
  • Diamana BF 60(S):89,000円+税
  • ATTAS Punch 6(S):89,000円+税

M1 440ドライバー

  • TM1-117:72,000円+税
  • Tour AD TP-6(S):89,000円+税
  • Speeder 661 EVOLUTION III(S):89,000円+税
  • Diamana BF 60(S):89,000円+税
  • ATTAS Punch 6(S):89,000円+税

成田美寿々 クラブセッティング・プロフィール・スイング動画

成田美寿々のクラブセッティングとゴルファー紹介です。

成田美寿々 プロフィール・戦績

成田美寿々は千葉県出身の女子プロゴルファーで、2013年にプロに転向している。身長167cmでドライバーの飛距離は250ヤード弱、優勝を着実に積み重ね、20代にして既に10勝以上を挙げる実力派の選手です。

成田美寿々 スイング動画

正面から見たドライバーショットのスイングの解析動画です。コマ送りで分かりやすいです。

スイングプレーンが描かれた動画です。トップの返しからはヘッドが体の近くを回り、ゼクシオのスイング慣性モーメント理論を思い出させます。

成田美寿々によるファッションチェックの貴重な動画

LPGAアワードに会した女子プロゴルファーたちのファッションチェックを成田美寿々本人がしている動画です。こういうところから人望の厚さ・性格の良さが伺えます。

成田美寿々 インスタグラム・ツイッター・ブログ

成田美寿々のクラブセッティングについて

成田美寿々プロは、用具契約をしていません。しがらみのないクラブセッティンはリアルなクラブ評価の一つとも取れますので、興味深いです。

成田美寿々のドライバー

PXG 0811X GEN2 ドライバー(10.5度)

成田美寿々のフェアウェイウッド

スポーツライフプラネッツ ロッディオ N-Sole(3番、5番)

成田美寿々のユーティリティ

PXG 0317X ハイブリッド(19度、22度、25度)

成田美寿々のアイアン

PXG 0311 P GEN2 アイアン(6~PW)

成田美寿々のウェッジ

PXG 0311 フォージドウェッジ(50度)

成田美寿々のパター

オデッセイ トゥーロンパター ラスベガス

マッシー、ニブリック、これらはゴルフでどんな意味がある?

「マッシー」、「ニブリック」という言葉を、ゴルフの話の中で見聞きしたことがある人もいるかと思います。聞きなれないこの言葉の意味について取り上げます。

マッシー、ニブリック、ゴルフの何の話?

ゴルフクラブは、フェアウェイウッドの3番とか、7番アイアンとか、クラブの種類と番手を組み合わせた呼び方をします。ですが、これとは別の呼び方もあります。

一番馴染みがあるものは、1番ウッドを指す「ドライバー」です。「ドライバー」と呼ぶ人の方が圧倒的に多いですね。時々、テレビのゴルフ番組でも3番ウッドのことを「スプーン」と呼んでいることもあります。

ここまで来るともう勘付いた人もいると思いますが、「マッシー」、「ニブリック」は、ゴルフクラブの別の呼び方です。

マッシー、ニブリックなど、アイアンの別の呼び方一覧

「マッシー」、「ニブリック」は、先ほどの例で出てきたウッドではなく、アイアンの呼び名の中に出てきます。では、アイアンの呼び名を見てみましょう。

番手 名称 英語表記
1番アイアン ドライビングアイアン Driving Iron
2番アイアン ミッドアイアン Mid Iron
3番アイアン ミッドマッシー Mid Mashie
4番アイアン マッシーアイアン Mashie Iron
5番アイアン マッシー Mashie
6番アイアン スペードマッシー Spade Mashie
7番アイアン マッシーニブリック Mashie Niblic
8番アイアン ピッチングニブリック Pitching Nibli
9番アイアン ニブリック Niblic

「マッシー」は5番アイアンのことを指し、「ニブリック」とは9番アイアンを指します。面白いところで、「マッシーニブリック」というのもありまして、これは7番アイアンを指します。その他の番手では、マッシーアイアン、スペードマッシー、ピッチングニブリックなど、ややこしいですね。

「マッシー」の由来について

マッシーの由来については、いくつかの説がありはっきりしていません。一つは、クラブのフォルムがスマートなため、洒落た男性を意味する「マッシャー」から来ているという説、もう一つは、フランス語の棍棒を意味する「マシー」から来ているという説です。どちらに由来するかは、今となっては分からないようです。

「ニブリック」の由来について

ニブリックは、スコットランド語で「つぶれた鼻」という意味があります。なぜ「つぶれた鼻」なのかというと、アイアンはショートになるほどフェースがオープンになります。ショートアイアンになればなるほど、クラブの顔つきがそのように見えたからだそうです。こちらもピンと来るような来ないような話ですね。

ハイブリッドやユーティリティは聞いたことがありませんが、ウッドも別名があります。こちらについては、また別の投稿で紹介したいと思います。

金澤志奈 クラブセッティング・プロフィール・スイング動画

金澤志奈のクラブセッティングとゴルファー紹介です。

金澤志奈 プロフィール・戦績

金澤志奈は茨城県出身の女子プロゴルファーで、中央学院大学に進学していたが在学中にプロテストに合格し、プロ活動に専念するため大学は中退して2017年にプロに転向している。
まだ優勝はなく、これまでの最高成績は2018年5月に開催された「ほけんの窓口レディース」の5位となっている。

金澤志奈 スイング動画

アマチュアが陥りがちなミスを分かりやすく解説してくれています。左足の使い方が上手です。

ドライバーの練習風景です。後半は珍しいややローアングル気味の動画です。

金澤志奈 貴重な密着取材

顔立ちにも現れてますが、純粋でまじめな人柄がにじみ出てます。華がある選手ですね。

金澤志奈 インスタグラム・ツイッター・ブログ

  • 金澤志奈 動画・DVD
  • 金澤志奈 インスタグラム
  • 金澤志奈 ツイッター
  • 金澤志奈 ブログ
  • 金澤志奈 公式サイト

SNS・公式サイト・ブログといったWEBからの本人による発信情報は、ゴルフに集中しようという姿勢の現れでしょうか、一切ありませんでした。

金澤志奈のクラブセッティングについて

金澤志奈は、ブリヂストンとの用具契約の情報がありましたが、現在、ブリヂストンの契約選手の一覧には掲載がありませんので、契約は終了したのかもしれません。クラブセッティングについては、やや古い情報かもしれません。

金澤志奈のドライバー

ブリヂストン TOUR B XD-3 2016

金澤志奈のフェアウェイウッド

ブリヂストン TOUR B JGR(3番、5番)

金澤志奈のユーティリティ

ブリヂストン TOUR B XD-H 2016(3番、4番)

金澤志奈のアイアン

ブリヂストン ニュー TOUR B X-CBP(5~PW)

金澤志奈のウェッジ

フォーティーン RM-22

金澤志奈のパター

タイトリスト TS4ドライバーの最新情報!動画もあり!

タイトリストから新発売のTS4ドライバーの最新情報を紹介します。

USタイトリストのサイトに、TS4ドライバーが掲載

アメリカのタイトリストの公式サイトに、TS2、TS3と並んで、TS4ドライバーが掲載されました。タイトリストが全く新しいコンセプトのもとに立ち上がったTSブランドの3番目のドライバーとなります。

★追記(2019/06/06)
タイトリスト TS1ドライバーの最新情報!試打動画もあり!

TS4ドライバーは低スピンモデル!

出典:https://www.titleist.com/golf-clubs/golf-drivers

各モデルの説明はこのように書かれています。

TS2 provides maximum forgiveness across the face, TS3 offers speed-tuned performance, and the new TS4 aggressively reduces spin.

TS2は許容性が高く、TS3はスピード調節でき(SURE FIT CGによるウェイト調整のこと?)、TS4はスピンが抑えられる、と書かれています。

さらにTS4ドライバーのより詳しい説明として以下の記載がありました。

Featuring low, forward CG for significant spin reduction to produce a longer, more piercing ball flight.
Mid Launch, Lowest Spin,Traditional Shape…

重心は浅く・低く設定されており、中弾道・低スピンで突き刺すような弾道で飛ばせる。

TS4ドライバーのヘッドサイズは430ccでかなり小ぶり!

今回のTS4ドライバーは、タイトリストに詳しいゴルファーの方は「4」という数字である程度、どんなモデルか想像できた方もいたと思います。タイトリストは、従来の917D2、TS3など、最後の添え字がドライバーのタイプを表しています。

「4」は浅重心で小ぶりなヘッドのモデルです。いわゆる操作性の高いツアープロ向けのモデルということになります。

TSは、従来の915、917といったモデルとは全く別のブランドで、ツアープロに軸足を置いていると言われていたタイトリストが一般ゴルファーに歩み寄ったブランドとして注目を浴びています。しかし、TS4はヘッドサイズが430ccと最近にしては極めて小振りなヘッドとなっていますので、ツアープロからの要望で開発されたのではないかと思います。

POINT

  • ヘッドサイズは430ccで小振り、操作性が高い
  • 低スピンで中弾道の突き刺そうな飛び

SNSやYoutubeでもTS4ドライバーの情報は出回っている


タイトリストの公式サイトからはまだ出ていません。最新情報は公式の方が一歩遅れるのは常ですね。

 

View this post on Instagram

 

GolfWRXさん(@golfwrx)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

@steven_schallockがシェアした投稿

TS4ドライバーのスペック

ロフト角 8.5/ 9.5/10.5°
ライ角 58.5°
長さ 45.5インチ
ヘッド体積 430cc
弾道 中弾道
スピン 低スピン
SureFit CG 無し

TS4ドライバーの発売日は?

気になるTS4ドライバーの発売日ですが、まだ日本の公式サイトでは掲載がありませんので公式情報はありません。

ただ、USサイトでは、6月後半にゴルフショップに並ぶと書かれていますので、日本でのTS4ドライバーの発売日も同じぐらいの時期、2019年6月末頃になるのではないかと思われます。