EPIC FLASHサブゼロフェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのEPIC FLASHサブゼロフェアウェイウッドについて取り上げます。

EPIC FLASHのフェアウェイウッドは2種類ある!

2019年に発売のEPIC FLASHは、2種類のフェアウェイウッドが発売されています。

  • EPIC FLASH スターフェアウェイウッド
  • EPIC FLASH サブゼロフェアウェイウッド

EPIC FLASH スターフェアウェイウッドは、アベレージゴルファー向けのモデルで、軽量・低重心で球が上がりやすくやさしいモデルです。

一方、EPIC FLASH サブゼロフェアウェイウッドは、アスリート向けモデルで、ソールの前側と後方に一つずつウェイトが搭載されています。前側にもウェイトが搭載されることで、重心が浅くなっていますので、スピン量が抑えられます。

キャロウェイ EPIC FLASHサブゼロフェアウェイウッド

こちらがEPIC FLASHサブゼロフェアウェイウッドです。ソールの前方と後方にウェイトが搭載されています。スターモデルと比べてヘッドの投影面積が小さく、操作性に優れています。

AIがデザインしたフラッシュフェース

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/epic_flash/img/pdf/driver.pdf

EPIC FLASHの最大の特徴であるFLASHフェースは、ドライバーだけでなくフェアウェイウッドにも搭載されています。ユーティリティはというと、ROGUEはユーティリティが発売されていますが、EPIC FLASHはドライバーとフェアウェイウッドのみの発売となっています(執筆時点)。

フラッシュフェースは人間の手作業による試作品を積み重ねる従来の開発工程ではなく、AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回にも及ぶシミュレーションを重ねることで、理想的なフェースデザインを生み出しています。

フェースの肉厚・肉薄部分が織りなす形状が対称性が無いウェーブ状になっています。ゴルフクラブはもともと対称性とは正反対の道具であることを考えると、フェースの対称性が低いのは、ある意味、合理的であるように思えます。

ジェイルブレイクテクノロジーはフェアウェイウッドにも搭載!

キャロウェイのヘッド内部に設置された2本の柱、JAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEで初めてフェアウェイウッドに搭載され、今回のEPIC FLASHフェアウェイにも引き続き搭載されています。ヘッドの余分なたわみを抑え、ボールスピードをアップしてくれます。

ソールのスクリューウェイトを交換して重心を変更できる

ソールの前後に搭載されているウェイトは、取り外して交換することができます。ウェイトは2gと10gで重量差がありますので、交換することで、低スピンの中弾道、高スピンの高弾道を選択することができます。

また、2~14gまでの2g刻みでウェイトがオプション購入できますので、好みの重心に調整することもできます。EPIC FLASHのスクリューウェイトは同じEPIC FLASHシリーズの他のモデルでも同一仕様となっています。例えば、EPIC FLASHサブゼロドライバーも合わせて持っていれば、ウェイトを使いまわすことができます。

EPIC FLASH スクリューウェイト 対応モデル

  • EPIC FLASH Sub Zero ドライバー
  • EPIC FLASH STAR フェアウェイウッド
  • EPIC FLASH Sub Zero フェアウェイウッド
  • EPIC FLASH STAR WOMEN’S フェアウェイウッド

EPIC FLASHとGBB EPICのサブゼロフェアウェイの比較

2年前に発売されているGBB EPICのサブゼロと並べてみると、EPIC FLASHの方がストレッチが長くシャローに見えます。慣性モーメントが大きく、そして、ウェイト間の距離があることで、重量の異なる前後のウェイトを入れ替えた時の重心変更の大きくなっていると考えられます。

ロフト角の調整機能も搭載

ホーゼルにはロフト角の調整機能、アジャスタブルホーゼルが搭載されています。これはスターモデルには無い機能です。

調整機能の取り扱いについては、公式ページで詳しく案内されていますので、実際に行う際はコチラを参考にされると良いと思います。

⇒ロフト&ライ角調整機能の取扱いについて

エピックフラッシュ サブゼロフェアウェイウッドの試打・評価

EPIC FLASH フェアウェイウッドを練習場で試打

こちらもスターとサブゼロを打ち比べていますので、弾道の違いがわかります。

EPIC FLASHサブゼロとスターの比較動画

スターとサブゼロの両方を試打している動画です。

EPIC FLASHサブゼロフェアウェイウッドのスペック

番手 3+ 3 5
ロフト角(°) 13.5 15 18
ライ角(°) 55.0 55.0 55.5
ヘッド体積(cc) 169 169 156
シャフト Tour AD SZ
フレックス S/SR
クラブ長さ (インチ) 43 43 42.5
クラブ重量 317g(S)
シャフト重量 51g(S)
トルク 5.9
調子

番手は3+(13.5°)、3+(15°)、5番18°の3種類が用意されています。球の上がりやすさ、スピン量は、前後のウェイトを交換することで変えることができます。

EPIC FLASHサブゼロフェアウェイウッドの販売価格と発売日

EPIC FLASHサブゼロフェアウェイウッドの発売開始日は2019年2月1日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類ですが、カスタムでその他のシャフトを選択することもできます。

  • Tour AD SZ(S/SR)
  • Speeder EVOLUTION V FW 60(S)

EPIC FLASH サブゼロ ツアーバージョン ダブル・トリプルダイヤモンドの違い

キャロウェイのEPIC FLASH サブゼロドライバーのツアーバージョンとして発売のダブルダイヤモンド◆◆とトリプルダイヤモンド◆◆◆の違いについて取り上げます。

EPIC FLASH サブゼロ ドライバーのツアーバージョンとは?

キャロウェイのEPIC FLASHの上級者向けモデルであるSub Zeroドライバーに、ツアーバージョン2種類が新たに追加されています。

一つは写真左の「EPIC FLASH サブゼロ ドライバー ダブルダイヤモンド◆◆」、もう一つは写真右の「EPIC FLASH サブゼロ ドライバー トリプルダイヤモンド◆◆◆」です。

ツアーバージョンとはツアープロが使用するモデルです。メーカーによっては市販されないものもあれば、今回のSubZeroのツアーバージョンのように数量限定等の形で市販されるものもあります。

ダブルダイヤモンドは更なる低スピン、トリプルダイヤモンドはフェードバイアス

この二つのヘッドの大きな特性を上げると、まずダブルダイヤモンド◆◆は、より低スピン性能を発揮してくれます。

一方、トリプルダイヤモンド◆◆◆はフェードバイアスになっていますので、左を気にせず思い切り叩いていけます。ヘッドスピードが速いゴルファーに向いています。

ダブルダイヤモンドはディープヘッド

ダブルダイヤモンド◆◆のヘッドは、ノーマルなサブゼロやトリプルダイヤモンドと比べて、ディープヘッドとなっています。ヘッド体積は460ccでノーマルなサブゼロと変わりませんので、ストレッチが短くなっています。

重心面では深度が浅くなりますので、より低スピン性能が強まり、スピンを抑えた強い弾道で飛ばすことができます。

出典:https://callawaynews.jp/callaway-exclusive/4751/

ノーマルなサブゼロと並べてみると、フェースの高さが高くなっています。一般に、フェースセンターよりも上目で打つとスピンが抑えられますので、ディープになっている分、フェースの縦方向の面積も広がっていますので、スピン量を抑えたい場合は上目に当てるようにすると良いと思われます。

トリプルダイヤモンドはヘッドサイズが小さい

トリプルダイヤモンド◆◆◆のヘッドは、EPIC FLASHシリーズのドライバーの中で唯一ヘッドサイズが小ぶりで、10cc少ない450ccとなっています。

ヘッドが小ぶりですので、操作性の高さが発揮され、より反応性の高いヘッドになっています。

トリプルダイヤモンドはウェイト重量が2倍になっている

トリプルダイヤモンドでもう一つ注目すべき点は、ウェイトです。サブゼロならではのソール前方に装着されているスクリューウェイトが、ノーマルなサブゼロとダブルダイヤモンドでは2gですが、トリプルダイヤモンドでは4gとなっています。

ダブルダイヤモンドとトリプルダイヤモンドのスペック

モデル ダブルダイヤモンド トリプルダイヤモンド
ロフト角 9°/10.5° 9°/10.5°
ライ角 56° 56°
ヘッド体積 460cc 450cc
参考基準クラブ長さ 45.25インチ 45.25インチ
ペリメーター・ウェイト 12g 12g
スクリュー・ウェイト 2g 4g

ロフト角・ライ角などの主要スペックは変わりませんが、ヘッド体積とスクリューウェイトの重量に違いがあります。

あなたにオススメの「EPIC FLASHドライバー」関連記事

EPIC FLASHスタードライバー 試打・評価・徹底解説

EPIC FLASHサブゼロドライバー 試打・評価・徹底解説

EPIC FLASHのツアーバージョン、ダブル/トリプルダイヤモンドを発売!

 

G410 アイアン 試打・評価・徹底解説

G410アイアンについて取り上げます。

G410アイアン

G410アイアンはG400アイアンの後継モデルとして発売されています。PINGのキャビティーアイアン史上で最大の撓みと飛びが実現されています。

新COR EYE(コア・アイ)テクノロジー

出典:https://clubping.jp/product/product2019_g410_i.html

前作のG400アイアンと比べて、フェースの撓みが12%増えています。

心地良い打感

バックフェースには前作同様エラストマーバッジが搭載されています。インパクトの際の振動を極限まで抑えてくれるため、上質な打感がもたらされます。

MOIが14%アップ

重量がヘッド周辺に配分されていて、上下左右のMOIが約14%拡 大しています。打点がバラついても、許容性が高くミスが抑えられます。

オフセットが10%おさえられている

前作よりもオフセット10%おさえられていて、シャープな形状でストレートで構えやすくなっています。

G410アイアンの試打・評価

マーク金井氏によるG410アイアンの試打・評価

ロフト角、ライ角、グリップなど、PINGのアイアンについて詳しく解説されています。

G410アイアンとG410クロスオーバーの試打

G410アイアンとG410クロスオーバーを打ち比べした動画です。

G410アイアンのPV動画

PING公式チャンネルによるG410アイアンの公式PV動画です。

G410アイアンのスペック

ヘッド スペック

番手 4 5 6 7 8 9 PW UW SW LW
ロフト角(度) 20.5 23.5 26.5 30 34.5 39.5 44.5 49.5 54 58
ライ角(度) 60.5 61 61.5 62 62.8 63.5 64.1 64.1 64.4 64.6
バウンス角(度) 5 6 7 8 9 11 12 12 13 13
クラブ長(inch) 38.88 38.25 37.63 37 36.5 36 35.5 35.5 35.25 35

シャフト スペック

シャフト名 フレックス 重量(g) トルク(度) キックポイント
ALTA J CB RED R 49 4.9
SR 54 4.7 中先
S 63 4.5
PING FUBUKI R 43 5.7
AWT 2.0 LITE R 87 1.9 中先
SR 93 1.8
S 98 1.6
N.S.PRO 950GH R 94.5 2
S 98 1.9
N.S.PRO ZELOS 6 68.5 3
N.S.PRO ZELOS 7 R 74 2.8
S 77.5 2.6
N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 R 103 1.9
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 S 114 1.7 中・元
X 120 1.6 中・元
DG S200 S 129 1.6

G410アイアンの発売日と販売価格

G410アイアンの発売日は、2019年3月21日です。販売価格は、シャフトにより異なります。

  • カーボン:21,000円(税抜)
  • スチール:18,000円(税抜)

 

スリクソン Zシリーズドライバーの歴代モデル、ヘッドサイズの変遷まとめ

スリクソンのアスリート向けモデルとして発売されているZシリーズ。ドライバーのラインナップとこれまでのヘッドサイズの変遷についてまとめました。

スリクソン Zシリーズ歴代モデルのヘッドサイズの変遷

発売年 Z5系 Z7系 Z9系
2012 460cc(Z525) 425cc(Z725) 380cc(Z925)
2013 420cc(Z725LM)
2014 460cc(Z545) 430cc(Z745) 400cc(Z945)
2016 460cc(Z565) 445cc(Z765)
2017 460cc(Z565TG) 440cc(Z765LM)
2018 460cc(Z585) 460cc(Z785)

2013年、2017年の7系のLMはLimited Modelの略です。

2017年のZ565TGのTGは、チタングレーの略です。ヘッドがより大きく見え安心感がまるよう、レギュラーモデルとは異なりチタングレーのカラーリングとなっています。

スリクソンは徐々にやさしくなっている!

ここ数年のゴルフメーカー全体の開発動向を見渡しますと、難しいと言われるクラブが市販されず、徐々にアベレージゴルファー向けモデルにスペックが近づいている傾向が続いています。

そして、スリクソンでも2018年モデルのZシリーズでは、「ゼロスリクソン」というキャッチコピーを掲げ、従来のアスリートゴルファーだけでなく、ゴルフを楽しみたい層も新たにターゲットとしているとプレスリリースにて述べられています。

2018年モデルでは遂にヘッドサイズが460cc一種類となり、ヘッドサイズからもやさしさを取り入れている様子が伝わってきます。

ただし、あらためてヘッドサイズの変遷、そして、7、9の発売状況を見ますと、どれも年々ヘッドサイズが大きくなっていて、2016年は9系が市販されず、2018年は7系が460ccに達しています。

スリクソンのZシリーズは、2018年に一気にやさしくなったということではなく、常にやさしい方向に寄り添ってきていたことが分かります。

PING G410ハイブリッド 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 ハイブリッド について取り上げます。

G410のユーティリティは2種類発売されている!

G410ハイブリッド

こちらがG410ハイブリッドです。ユーティリティというのは日本独自の呼び方で、海外ではハイブリッドやレスキューと言われています。

G410ハイブリッドはヘッドがぷっくりしていて、日本ではウッド型ユーティリティと呼ばれているジャンルのクラブです。

G410クロスオーバー

こちらはG410クロスオーバーです。クロスオーバーとはPING独自の呼び方で、ヘッドがアイアン形状のため、日本では一般的にアイアン型ハイブリッドと呼ばれているタイプです。

本投稿では前者のG410ハイブリッドを取り上げます。

G410ハイブリッドは深低重心設計

G410ハイブリッドは、前作のG400同様、ソール後方にウェイトが搭載されています。重心が深く・低く設定されていますので、打点にばらつきが生じても弾道がブレにくくなっています。

ハイブリッドにもタービュレーターを搭載

クラウンにはPINGらしくタービュレーターが搭載されています。空気の流れをスムーズにしてくれて、空気抵抗によるヘッドスピードの低下を抑えてくれます。

ロフト角・ライ角の調整機能を搭載

ホーゼル部分には、ロフト角・ライ角の調整機能を搭載しています。ロフト角は±1.5度、±1.0度、ライ角はスタンダード/フラットの調整が可能となっています。

G410ハイブリッドの試打・評価

比嘉真美子プロによる試打

PINGの公式チャンネルで公開されている比嘉真美子プロによる試打動画で、製品に関する感想が述べられています。

G410のFWとUTを試打

PINGのg410フェアウェイウッドとG410ハイブリッドの試打動画です。

PING G410 ハイブリッドのスペック

番手 2 3 4 5 6
ロフト角(度) 17 19 22 26 30
ライ角(度) 58 58.5 59 59.5 60
クラブ長(inch) 40.75 40.25 39.75 39.25 38.75
標準シャフト ALTA J CB RED
フレックス R/SR/S/X

PING G410 ハイブリッドの販売価格と発売日

PING G410 ハイブリッドの発売開始日は2019年3月21日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは10種類ありまして、装着シャフトにより価格帯が分かれています。

  • 36,000円(税抜):ALTA J CB RED、PING FUBUKI、PING TOUR 173-85
  • 32,000円(税抜):AWT 2.0 LITE、N.S.PRO ZELOS 6、N.S.PRO ZELOS 7、N.S.PRO950GH、N.S.PROMODUS3 TOUR105、N.S.PROMODUS3 TOUR120、DGS200