SRIXON Z785ドライバー 試打・評価・徹底解説

スリクソンのZ785ドライバーについて取り上げます。

2018年モデルのSRIXON Zシリーズドライバーは2種類!

Zシリーズ2018年モデルのドライバーは、2種類発売されています。初代の発売当初から暫くは3種類のヘッドサイズが発売されていましたが、2018年モデルはZ585ドライバーとZ785ドライバーの2種類となっています。

2014年のZシリーズドライバーでは、460ccのZ545ドライバー、430ccのZ745ドライバー、400ccのZ945ドライバーという具合で、ヘッドサイズが大きく異なるモデルがリリースされていました。このヘッドサイズの差は年々縮まり、Z9のシリーズは2016年には発売が無く、2種類に留まる布石はありました。

2018年モデルでZシリーズのヘッドサイズは同じになった!

2018年モデルのZシリーズドライバーで注目すべき点は幾つかありますが、その一つがヘッドサイズです。従来のモデルでは、モデルの3桁目の数字が上がるにつれ、より上級者向けモデルとなりヘッドサイズが小さくなっていきましたが、今回のZ585ドライバーとZ785ドライバーは、共に460ccというルール最大サイズに統一されています。

とは言え、振り返ってみれば、上級者向けモデルが徐々に廃止されたり460ccに近づいてきていましたので、遅かれ早かれ460ccに統一されることは感じ取れたゴルファーもいたのではないでしょうか。

これまでのZシリーズのヘッドサイズの推移については、下記記事にまとまっていますので、ご参考ください。

スリクソン Zシリーズドライバーの歴代モデル、ヘッドサイズの変遷まとめ

Z785ドライバーの特徴

Z585 とZ785でヘッドサイズが460ccに統一されましたので、この2種類のヘッドでどのような違いがあるのかが注目の集まるところです。まず、両者の公式の概要説明を見てみましょう。

  • Z585ドライバー
    「圧倒的な飛距離性能とやさしさ。 ドラスティックに進化した スリクソン Z585 ドライバー。」
  • Z785ドライバー
    「圧倒的な飛距離性能とやさしさ。クラブを操る喜びも忘れない スリクソン Z785 ドライバー。」

どちらも「やさしい・飛ぶ」と言うことが第一にPRされています。そして、Z785ドライバーの方は、操作性の高さが謳われています。

Z785ドライバーは操作性が高い

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

ヘッド形状の特徴として、クラウンバックの頂点がセンターに位置することで、操作性が高くなっています。さらに、「自然なヘッドターン」という表現がなされていまして、Z585ドライバーは、ヒール寄りがぷくっとしてつかまりの良さがありますので、勝手につかまり過ぎないということを表していると思われます。

反発エリアが拡大し、やさしさアップ!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

スリクソンにはゼクシオで搭載されているカップフェースが新たに搭載されています。念のため、ご存知の方が多いと思いますが、スリクソンはゼクシオは住友ゴムグループに属します。ゼクシオがシニア・アベレージゴルファー向け、スリクソンが中・上級者向けとなっています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

フェース面上で高い反発を持つエリアが、従来モデルと比べて176%と大きく拡大していますので、オフセンター時の許容性が増しています。

フェース・ライ角の違い

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.h

Z585ドライバーとZ785ドライバーのフェース形状・ライの重ね合わせ図です。Z585ドライバーの方は、つかまりが意図されている様子が見て取れます。Z785はオートマチックではなく、インテンショナルな弾道を重視した設計となっています。

ヘッドの後方はZ785よりも下がっていますので、低重心でボールのあがりやすさが意識されています。

Z785ドライバーはロフト角調整機能を搭載

Z785ドライバーはネック部分にロフト角調整機能を搭載しています。いわゆるカチャカチャと呼ばれているシステムです。

Z785 ドライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打

スリクソンZ785、Z585、ゼクシオ10との違いについて語られています。

練習場でのたんたんと打っている動画

屋外の練習場で打っている動画です。弾道の高さ、直進性の高さ、音の良さが確認できます。

スリクソン Z785ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト Miyazaki Mahana カーボンシャフト
Miyazaki MIZU 6 カーボンシャフト
長さ 45.25インチ

ロフトは9.5°、10.5°の2種類が用意されています。これまでアスリート向けと言われていたスリクソンがゼロベースで作り上げた2018年モデルのZシリーズドライバー。Z785ドライバーは反発エリアが拡大し、直進性が高くなっています。

スリクソンZ785ドライバーの販売価格と発売日

スリクソンZ785ドライバーの発売開始日は2018年9月22日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類ありますが、販売価格は夫々68,000円となっています。

 

SRIXON Z585ドライバー 試打・評価・徹底解説

スリクソンのZ585ドライバーについて取り上げます。

SRIXON Zシリーズ2018年モデルは2種類!

スリクソンの2018年モデルのZドライバーは、2種類発売されています。Zシリーズはこれまでは3種類のヘッドサイズが発売されていましたが、2018年モデルはZ585ドライバーとZ785ドライバーの2種類です。

従来は3種類のヘッドサイズで発売されていまして、例えば2014年モデルでは、例えば460ccのZ545ドライバー、430ccのZ745ドライバー、400ccのZ945ドライバーという具合です。ただし、このヘッドサイズの差はバージョンアップと共に縮まり、Z9のシリーズは2016年には発売がありませんでしたので、2種類に留まる布石はありました。

Zシリーズのヘッドサイズの差がなくなった!

2018年モデルで驚いたのは、ヘッドの種類が減ったことではなく、ヘッドサイズが1種類になったことです。これまで発売されていたモデルでは、ヘッドサイズが異なっていましたので、今回のZ585ドライバーとZ785ドライバーが共に460ccという点は、インパクトのある変更です。

ただしこれも、上級者向けモデルが徐々に460ccに近づいてきていたここ数年の流れからすると、ある程度予見されていたとも言えます。

スリクソン Zシリーズドライバーの歴代モデル、ヘッドサイズの変遷まとめ

やさしくなった、Z585ドライバー!

2018年のZシリーズドライバーは、これまでのスリクソンのドライバーとがらっと変わっています。まず、ヘッド体積が同じになったことで、ターゲットゴルファー層を広げてきたことは察知できます。実際、プレスリリースでも同様のことが説明されています。

これにより従来のメインターゲットであったシリアスにゴルフに取り組むコアユーザーから、やさしく飛ばせるクラブでゴルフを楽しみたいというライトユーザーまで、幅広いゴルファーに適したドライバーとなりました。
(引用)https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

ゼクシオで培われたカップフェースを搭載!反発エリアが大きく拡大!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

スリクソンにはゼクシオで搭載されているカップフェースが新たに搭載されています。念のため、ご存知の方が多いと思いますが、スリクソンはゼクシオは住友ゴムグループに属します。ゼクシオがシニア・アベレージゴルファー向け、スリクソンが中・上級者向けとなっています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

フェース面上で高い反発を持つエリアが、従来モデルと比べて176%と大きく拡大していますので、オフセンター時の許容性が増しています。

アップライトでつかまりの良さが感じられる

Z785ドライバーと比べて、トゥ側が高くアップライトになっています。構えた時につかまりの良さを感じられます。

ヘッド後方が下がり、低重心に

ヘッドの後方はZ785よりも下がっていますので、低重心でボールのあがりやすさが意識されています。

ロフト角調整機能は無い

Z585ドライバーはスリーブのロフト角調整機能は搭載されていません。Z785の方には搭載されています。

Z585 ドライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打

サウンドリブが搭載されていて、打音が良く、ヘッドターンがありつかまりも良いモデルになっています。

練習場での試打と感想

屋外の練習場で試打していますので、サウンドリブ搭載でどのような打音になったかを確認できます。また、どのぐらいのヘッドスピードが良いかについても最後に総評で紹介されています。

スリクソン Z585ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト Miyazaki Mahana カーボンシャフト
Miyazaki MIZU 6 カーボンシャフト
長さ 45.25インチ

ロフトは9.5°、10.5°の2種類が用意されています。これまでアスリート向けと言われていたスリクソンがゼロベースで作り上げた2018年モデルのZシリーズドライバー。Z585ドライバーはさらに優しいモデルとなります。

ゼクシオで物足りないゴルファー、ヘッドスピードが遅くないゴルファーが使えるとの評価が聞こえてきますので、これまでスリクソンに憧れながらも敬遠してきた方。試打してみることをおすすめします。

スリクソンZ585ドライバーの販売価格と発売日

スリクソンZ585ドライバーの発売開始日は2018年9月22日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類ありますが、販売価格は夫々63,000円となっています。

 

PING G410クロスオーバー 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 クロスオーバーについて取り上げます。

G410のユーティリティは2種類発売されている!

G410クロスオーバー

こちらはG410クロスオーバーです。クロスオーバーとはPING独自の呼び方で、ヘッドがアイアン形状のため、日本では一般的にアイアン型ハイブリッドと呼ばれているタイプです。

G410ハイブリッド

こちらがG410ハイブリッドです。ユーティリティというのは日本独自の呼び方で、海外ではハイブリッドやレスキューと言われています。

G410ハイブリッドはヘッドがぷっくりしていて、日本ではウッド型ユーティリティと呼ばれているジャンルのクラブです。

なお、本投稿では前者のG410クロスオーバーを取り上げます。

G410クロスオーバーは強弾道で飛ばせる!

G410クロスオーバーは、前作のG400クロスオーバーと同様に中空構造が採用されています。そして、フェース素材には高強度のマレージングC300が使われ、極薄フェースが実現しています。最大のたわみで初速が速く、強弾道で飛ばすことができます。

前作の1.5倍のタングステンウェイトをトゥ側に搭載

ヘッドのトゥ側には、前作のG400クロスオーバーと比較して約1.5倍の重さのタングステン・ウェイトが搭載されています。慣性モーメントが大きくなり、打点のバラツキに強さを発揮してくれます。

ソール幅は20%狭まり、抜けが良くなっている

Gシリーズのクロスオーバーの特徴の一つが、幅広ソールでしたが、今作では約20パーセント幅を狭めることで、抜けの良さが高められています。

前作と並べてみるとソールの幅の違いがわかります。左がG410、右がG400です。

形状もアイアンに近くなっていますので、クロスオーバーからアイアンに違和感なくつながって入っていけそうです。

グースがきいていて、つかまりをイメージできる

こちらはアドレスした状態で見える上からの画像です。グースがきいていて、つかまりをイメージしながらスイングすることができそうです。

G410クロスオーバーの試打・評価

G410クロスオーバーとG410アイアンを試打

G410クロスオーバーの4番23度で試打しています。

G410クロスオーバー2番(17度)を試打

練習場で2番17度を使って試打した動画です。240ヤード飛んでます。

比嘉真美子プロによる試打

PINGの公式チャンネルで公開されている比嘉真美子プロによる試打動画で、製品に関する感想が述べられています。

PING G410 クロスオーバーのスペック

番手 2 3 4
ロフト角(度) 17 20 23
ライ角(度) 58.1 59 59.9
シャフト ALTA J CB RED
標準クラブ長(inch) 40.38 39.75 39.13
フレックス R/SR/S/X

PING G410 クロスオーバーの販売価格と発売日

PING G410 クロスオーバーの発売開始日は2019年3月21日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは10種類ありまして、装着シャフトにより価格帯が分かれています。

  • 33,000円(税抜):ALTA J CB RED、PING FUBUKI、PING TOUR 173-85
  • 29,000円(税抜):AWT 2.0 LITE、N.S.PRO ZELOS 6、N.S.PRO ZELOS 7、N.S.PRO950GH、N.S.PROMODUS3 TOUR105、N.S.PROMODUS3 TOUR120、DG S200

 

NEW ボーケイ フォージド ウェッジ 2019の最新情報まとめ!発売日・試打・スペック

タイトリストから発売のVOKEY ボーケイ フォージドウェッジ 2019年モデルについて、試打の感想を含めてモデルの特徴・発売日などを取り上げます。

VOKEY フォージド ウェッジ

ボーケイ デザイン ウェッジは、世界のツアープロにて使用率が一番高く、ウェッジの中で最も人気のあるモデルです。

Co-Forging(精密ハイテクノロジー鍛造)

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/wedges/forged_wedge/

タングステンやチタンを配置し、重心が打点位置に近づくようフェースセンター寄りになっています。また、精密に鍛造により、フィーリングが向上し、左右のばらつきも抑えられます。

プログレッシブCGデザイン

VOKEY FORGEDウェッジは、重心の高さがロフトごとに最適化されています。距離がばらつかず、正確な距離感とスピンコントロールを発揮してくれます。

インプルーブドTX4 グルーブ&パラレルミーリング

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/wedges/forged_wedge/

フェース面の溝の幅・深さは、ロフト角により最適になるよう変えられています。そして、溝と溝の間についても精密加工のパラレルミーリングが採用されています。

さらに、溝は一本一本検査され、表面が熱処理されているため、スピン性能はもとより耐久性にも優れています。

プレウォーンリーディングエッジ

ソールのリーディングエッジ側が削られており、バウンスが地面に接地させやすくなっています。

日本人ゴルファー好みのデザイン設計

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/wedges/forged_wedge/

日本人ゴルファーの好みと、日本のコースコンディションに最適化された設計となっていて、グースネックで小ぶりなヘッドは構やすくなっています。

ソールグラインドは4タイプ

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/wedges/forged_wedge/

ソールグラインドは、F、M、K、Sの4タイプあり、ロフト角に合ったものが用意されています。

  • F GRIND:バウンス効果を最大限に発揮
  • M GRIND:バウンスを操リ多彩なショット
  • K GRIND:バンカーで使いやすさを実感
  • S GRIND:フェースも開ける万能タイプ

ボーケイ フォージドウェッジの試打

一番使われている56°のMグラインドとKグラインドを試打して解説している動画です。

ボーケイ・フォージド・ウェッジのスペック

番手 4810F 5010F 5210F 5410M 5610M 5612K 5808S 5810M 5812K 6010M
ロフト角(°) 48 50 52 54 56 56 58 58 58 60
バウンス角(°) 10 10 10 10 10 12 8 10 12 10
グラインド F F F M M K S M K M
長さ(インチ) 35.75 35.5 35.5 35.25 35.25 35.25 35 35 35 35
オフセット(インチ) 0.118 0.118 0.11 0.098 0.098 0.098 0.079 0.079 0.079 0.079

ボーケイ・フォージド・ウェッジの発売日と販売価格

ボーケイフォージドウェッジの発売開始日は、2019年3月22日です。発売価格はシャフトにより異なります。

  • N.S.PRO 950GH:27,500円+税
  • Titleist Diamana VF(カスタム):29,500円+税

 

FujikuraのZERO SPEEDER ゼロスピーダーを徹底解説

Fujikuraから発売されているZERO SPEEDER ゼロスピーダーについて取り上げます。

ZERO SPEEDERは、20g台の超軽量シャフト!

ZERO SPEEDERは、重量が20g台を実現した超軽量のシャフトです。先に販売されているAir Speederも軽量シャフトですが、それをも超える軽さとなっています。

モデル Air Speeder ZERO SPEEDER
重量 33g 29.5g

軽量モデルに使われているシャフトとの比較

どれぐらい軽いかですが、例えば、軽量クラブと言われているモデルのシャフトの重量を見てみると、ゼクシオ10ドライバーのMP-1000では、Rスペックで40g、PHYZ 5ドラバーのR-Lightスペックで45gです。20g台というと、大幅に軽量化されていることがわかります。

なお、トルクはゼクシオ10で6.4、PHYZ 5で7.3ですから、ZERO SPEEDERの10.8というのは、軽量化ゆえに捩じれやすくなっています。このあたりは、軽さと柔らかさをどの程度まで求めるか・許容するかで、このシャフトを生かせるかどうかが変わってくると思われます。主なターゲットゴルファー層としては、女性、60代・70代のゴルファーになるかと思います。

塗装にまで軽量化の工夫を凝らしている

シャフトの軽量化というと、材質・製法といったあたりを思い浮かべますが、塗装の重量も見直しがなされています。

実際に、Air Speederでは塗装による重量が約1.5gあり、これを見直すことで、ZERO Speederでは約0.8gに抑えることに成功しました。これによる軽量化は約0.7gと僅かですが、20g台を達成するにはこういった積み重ねが必要なのでしょう。

ZERO SPEEDERで試打した感想

ヘッドスピード30m/s台から打ち始めて、最終的には45m/sまでヘッドスピードを上げて試打してみました。驚いたのは、軽量シャフトにありがちなグニャリとした頼りなさを感じなかったこと。しなやかさは感じるのですが、『ZERO Speeder』の場合はシャフトが捻れてしまうような感覚にはなりません。
引用:http://www.fujikurashaft.jp/dcms_specialcontents/zerospeeder/

HS35 m/s前後では、振り抜きやすさも抜群で、シャフトのアシストにより、HSが2m/s前後アップしそうです。ですから飛距離に悩んでいる、HS30m/s台の人には自信を持って薦めたい
引用:https://www.gew.co.jp/attention/impression/g_21036

ダウンスイングでしなったシャフトが、インパクトではしっかりとしなり戻ってきてくれます。
引用:http://www.fujikurashaft.jp/dcms_specialcontents/zerospeeder/

ZERO SPEEDERのスペック

製品長 46インチ
重量 29.5g
トルク 10.8°
Tip径 8.5mm
Butt径 14.6mm
調子 先中

ZERO SPEEDERの発売日と販売価格

ZERO SPEEDERの発売日は、2016年4月15日です。販売価格は、70,000円+税で、組み立て費・グリップ代は含まれていません。