キャロウェイ APEXアイアン2019 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのAPEXアイアン 2019年モデルについて取り上げます。

APEXアイアン 2019

キャロウェイのAPEXアイアン2019は、今回で3代目のモデルとなります。前作の2代目APEXアイアンは2015年末に発売され、アメリカでは爆発的に売れたアイアンです。

2代目の「APEX アイアン」は、昨年もアメリカで売れに売れて、*No.1の人気を誇るアイアンだったんだそうです。2016年のモデルですから、登場して3年目(!)にもかかわらずです。これって、すごいことですよね。 *2015年1月-2018年11月の期間、アメリカ市場でのキャロウェイアイアンの販売金額No.1
引用:https://callawaynews.jp/products-news/4393/

そして、3代目となるAPEXアイアン 2019も注目のモデルとなっています。

これまでのAPEXアイアンをの形状の変化

S25C軟鉄による鍛造ボディに、17-4 ステンレスによる360°フェースカップが採用されていて、オフセンターで捉えた時でも安定したボール初速を生み出してくれます。また、ウレタン・マイクロスフィアが使われることで、打感が良くなるだけでなく、余分な振動を吸収してエネルギーの伝達効率を高めてくれます。

トップブレードは厚め

こちらは今作の2019年モデル(左)と2016年モデル(右)の写真を並べてみたものです。トップブレードに厚みがある形状は一緒で、ネックがすっきりしたためか、グースが前作よりやや抑えられた印象を受けます。

APEX アイアン 2019のソール

ソールは厚みがあり、座りもよく安心感を持って構えられそうです。

4番から8番までは、タングステンインナーウェイトにより、重心位置の最適化調整がなされていますので、各番手に求められる性能が発揮されるようになっています。

APEX アイアン 2019の試打・評価

石川遼による試打・解説

石川遼がAPEXアイアンについて詳しく解説しています。

APEXアイアンとAPEXプロアイアンを打ち比べ

APEXアイアンはN.S.PRO Zelos 8、APEXプロアイアンは、N.S.PRO 950GHでの試打です。

APEX アイアン 2019のスペック

番手 I4 I5 I6 I7 I8 I9 PW AW SW
ロフト角(°) 21 23.5 26.5 30.5 34.5 38.5 43 48 54
ライ角(°) 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 63.5 63.5
クラブ長さ (インチ) 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75 35.5 35.25

前作と比べると、若干のストロングロフトとなっています。7番で0.5°、9番で1.5°です。ただし、7番アイアンで30.5°ですから、標準的なロフト角で、ストロングアイアンの部類には入りません。

APEX アイアン 2019の発売日と販売価格

APEXアイアン 2019の発売日は、2019年2月8日です。販売価格は、シャフトにより異なります。なお、公式サイトでスペック公開されているシャフトは以下の3種類です。

  • Speeder EVOLUTION for CW(R)
  • N.S.PRO Zelos 8(S)
  • N.S.PRO MODUS3 Tour 105(S)

inpres インプレス UD+2 アイアン2019 試打・評価・徹底解説

ヤマハからinpres UD+2 アイアン2019について取り上げます。

インプレス UD+2 アイアン 2019

inpres UD+2は初代モデルが2016年に登場し、今回の2019年モデルは2代目となります。「+2番手の飛び」という分かりやすいキャッチコピーも相まって、ぶっ飛びアイアンとして人気のモデルとなっています。

飛距離が出る!ストロングロフト設計

前作同様、飛びの秘訣であるストロングロフト設計となっていて、7番アイアンのロフト角は26°となっています。一般的なアイアンの7番は30°ぐらいですので、5番アイアン並みのロフトとなっています。

余剰重量をソールに配分し、ボールが上がりやすくなっている

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_iron.html

ストロングロフトになると懸念されるのはボールが上がるかどうかです。ロフトが立つと打ち出し角が低くなりますので、ボールが上がりにくくなることが懸念されます。inpres UD+2アイアンでは、トップブレードを軽量化し、それにより生まれた余剰重量はソール後方に配分されています。低重心設計とすることで、ボールは上がりやすくなる方向に作用してくれます。

フェース面上の重心点がトゥ側に移動

ここまでは初代モデルと同じ飛びのメカニズムですが、2019年モデルではフェース面上の重心点をトゥ側に移動することで、飛距離アップが図られています。

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_iron.html

これは同じく2019年モデルのドライバーでも採用されていまして、重心点がトゥ側に依ることで、スイング半径が大きくなります。同じエネルギーでスイングした場合、半径が大きくなると回転速度は速くなりますので、ヘッドスピードが上がります。

フェースの反発性能もアップ!

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_iron.html

フェースのソール部が拡大していて、反発性能が向上しています。

アドレスした時の見え方は、グースが効いていて、つかまりの良さを感じながらしっかり打てそうです。

inpres UD+2アイアン2019の試打・評価

inpres UD+2アイアン2019を試打

実際に試打してみると、2番手というより3番手上の飛びが出ているそうです。

inpres UD+2アイアン2019について解説

前作との違いを解説してくれています。前半はドライバーですが後半でアイアンを取り上げています。

inpres UD+2アイアン2019のスペック

番手 5 6 7 8 9 PW AW AS SW
ロフト角(°) 22 24 26 29 33 38 43 49 55
ライ角(°) 60.75 61 61.25 61.5 61.75 62.25 62.75 62.75 63.25
N.S.PRO ZELOS 7 38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.75 35.5
MX-519i 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 36 35.75

ストロングロフトとなっていますので、5番アイアンで22°、7番アイアンで26°となっています。ここまで思い切った設定ですと、後ろの番手に影響が出てきますが、AWとSWの間にASが用意されていますので、飛距離の空白地帯は生まれないようになっています。

inpres UD+2アイアン2019の発売日と販売価格

inpres UD+2アイアン2019の発売日は、2018年10月5日です。販売価格は、4本セット(7~PW)が96,000円+税、単品販売は5、6、AW、AS、SWが24,000円+税となっています。

 

XXIOクロス アイアン 試打・評価・徹底解説

XXIOクロス アイアンについて取り上げます。

ゼクシオ クロスアイアン

ゼクシオクロスアイアンは、「ぶっ飛び×一直線」というキャッチコピーで発売されているアイアンです。飛距離が出て、真っすぐ飛ぶということで、より優しく飛ばしたいアイアンを求めるゴルファー向けのモデルです。

Speed Titan Faceを搭載

出典:https://golf.dunlop.co.jp/xxio/cross/index.html

フェースは、XXIO史上で最も薄く2mmとなっています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/xxio/cross/index.html

さらに、内側の下部からトウ側にまでスピードグルーブ(溝)が施されていて、たわみが生み出され、広範囲な反発エリアが実現されています。

トゥ側に余剰重量が配分され、ボールがばらつかない!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/xxio/cross/index.html

ヘッドのトゥ側にタングステンウェイトが搭載されることで、重心位置から重量配分がばらけ、左右方向の慣性モーメント(打点のブレへの強さ)を大きくしています。フェースの左右に打点がブレても球がばらけにくくなっています。

ゼクシオクロスアイアンの試打・評価

マーク金井氏によるゼクシオクロスアイアンの試打・評価

ゼクシオクロスアイアンの特徴について詳しく説明されています。

ゼクシオ10アイアンとゼクシオクロスアイアンを打ち比べ

カーボンシャフトとスチールシャフトの違いも解説されています。

ゼクシオクロスアイアンのフェース・ネック

こちらは横から見た図で、ゼクシオ10アイアンと並べてみました。左がゼクシオクロスアイアンで、右がゼクシオ10アイアンです。グースはゼクシオ10アイアンの方がややあるように見えますが、いずれもつかまりをイメージしやすい形状になっています。

そして、もう一つ注目点はソールの厚さです。左のクロスアイアンの方は、ソールがごてっとしていますので、低重心でボールが上がりやすくなっています。ストロングロフトで上方向より前方向にエネルギーが伝わりますので、これをカバーするための設計と思われます。ここまで分厚いと座りが良く安心して打てそうです。後ろに向かってラウンド形状の方が抜けの良さが感じられて安心できるという方もいますので、このあたりは好みが分かれるところかもしれません。

ゼクシオクロスアイアンのスペック

番手 5 6 7 8 9 PW AW DW SW
ロフト角(°) 21 23 25 28 32 37 43 49 56
ライ角(°) 61.5 62 62.5 63 63 63.5 63.5 63.5 63.5
カーボン 38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.75 35.75
スチール 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.5 35.5 35.5

先ほどのゼクシオ10アイアンと並べた画像でも分かりますが、ゼクシオクロスアイアンは、ストロングロフト設計となっています。7番アイアンで比べると、ゼクシオ10アイアンは29°ですが、ゼクシオクロスアイアンは25°で、かなりロフトが立ってます。

ゼクシオクロスアイアンの発売日と販売価格

ゼクシオクロスアイアンの発売日は、2019年3月9日です。販売価格は、シャフトにより異なります。

  • ゼクシオMH1000カーボンシャフト
    7本セット(#7~9、PW、AW、DW、SW):¥168,000+税
    4本セット(#7~9、PW):¥96,000+税
    1本(#5、6、AW、DW、SW):¥24,000+税
  • N.S.PRO 870GH DST for XXIO スチールシャフト
    7本セット(#7~9、PW、AW、DW、SW):¥133,000+税
    4本セット(#7~9、PW):¥76,000+税
    1本(#5、6、AW、DW、SW):¥19,000+税