タイガーウッズが使用するゴルフボールがリニューアル

ブリヂストンから発売のタイガーウッズが使用するゴルフボール、TOUR B X・XSについて取り上げます。

TOUR B X・TOUR B XS の特徴

ブリヂストンからゴルフボールの新商品、TOUR B XとTOUR B XSが発売となります。発売日は2020年2月21日です。

高初速・低スピンと低初速・高スピンを1つのボールで実現

TOUR B X・TOUR B XSの特徴は、高初速時と低初速時でスピン性能が変わる点です。

3ピース構造が採用され、それぞれのピースで異なる働きをすることで、二律背反とも言える性能を実現させています。

出典:https://www.bs-sports.co.jp/press/2020/g0122_tourb_x_xs/g0122_tourb_x_xs.pdf

ドライバーショットなど高初速でインパクトした際には、内部のカバーとコアが働き、アプローチショットなど低初速でインパクトした際には、表皮のウレタンカバーによる衝撃吸収が働きます。

タイガーウッズによる評価

飛距離が出るし、アプローチで止まると評価されています。そして、ボールの音にまで拘っています。

TOUR B X とTOUR B XSの性能比較

商品 TOUR B X TOUR B XS
特徴 風に強い飛び スピン性能とソフトな打感
打感 芯を感じられる ソフトでフェースに吸い付く
ドライバー飛距離 かなり優れている 優れている
アプローチスピン 優れている かなり優れている

スピン系ボールに位置づけられながら、3層構造によりどちらも飛距離性能に優れています。2種類のボールの選択については、その上の飛距離を求める方はX、スピン性能を求める方はXSということになります。

TOUR B X の特徴と試打・評価

芯を感じられるしっかりとした打感で、ドライバーショットで高い飛距離性能を発揮してくれます。

3ピース構造のスピン系のボールで弾道は中。柔らかさは10段階で8の評価(数字が大きい程、しっかり)。推奨ヘッドスピードは約37m/s以上。

▼こちらの動画で、ツアーB Xのボールをプロが試打して評価されています。

TOUR B XS の特徴と試打・評価

フェースに吸い付くようなソフトな打感で、アプローチショットで高いスピン性能を発揮してくれます。

3ピース構造のスピン系のボールで弾道は中。柔らかさは10段階で6の評価(数字が大きい程、しっかり)。推奨ヘッドスピードは約37m/s以上。

▼こちらの動画で、ツアーB XSのボールをプロが試打して評価されています。

タイガーウッズはソフトなTOUR B XSを使用

TOUR B X・TOUR B XSはタイガーウッズが使用し、復活の優勝を遂げていることで注目を浴び、人気のボールとなっています。2017年のモデルから使っていまして、2020年のモデルについては、引き続きXSの方が使用されます。

タイガーウッズとしては、更なる飛距離よりも、初速を落としてスピンを掛けてボールを止めることを求めているようです。

ボールの種類によってドライバーの飛距離が変わる!?自分に合ったボールの選び方!

ドライバーの飛距離は様々な要素で変わってきます。主に注目されるのがスイングと使用ギアではないかと思います。この記事ではもう一つ忘れられがちな重要なもの、ボールについて取り上げます。

ゴルフボールは大きく分けて2種類ある!

ゴルフボールを購入する際、有名ブランドだから、プロが使っているから、セールでお買い得だからなど、様々な選び方をされていると思います。

特に、マークダウン等のお買い得品にはひかれてしまうのも実際のところですが、ゴルフボールには、大きく分けて2種類あり、ゴルファーのタイプによって向き不向きがあります。

1つはディスタンス系と呼ばれるもので、もう1つはスピン系と呼ばれるものです。

ディスタンス系のボール

ディスタンス系のボールは、飛距離性能が追求されています。ボールの構造面での特徴としては、外側のカバーが硬く、内側のコアが柔らかいのが特徴です。

表面が硬いため、フェース面上の溝に食い込みづらく、スピンが掛かりづらくなっています。また内側が柔らかいためボール全体としては変形しやすいため、これもスピンが掛かりづらくなっています。

スピンがかかりづらくなることで、ロースピンの強いボールとなりますので、飛距離が出やすくなっています。

スピン系のボール

スピン系のボールは、ディスタンス系のボールと正反対に、スピン性能が追求されています。ボールの構造面での特徴としては、外側のカバーが柔らかく、内側のコアが硬いのが特徴です。

例えば、ウェッジでスピンを掛ける際、ボールの表面が柔らかい方がフェース面上の溝に食い込みやすく、よりスピンがかかります。

飛距離を伸ばすには、どのようなボールが適しているか?

ドライバーショットの飛距離アップを考えた場合に、自分の弾道がどうかによって、適しているボールが変わってきます。

吹け上がってしまうゴルファー

ボールが吹け上がってしまう場合、打ち出し角が高いかスピンが掛かり過ぎかのどちらか(または両方)が原因となります。

バックスピンが掛かり過ぎている場合、スピンを抑えることで吹け上がりが抑えられ、飛距離が伸びます。ボールはディスタンス系が適しています。

打ち出しそのものが高すぎる場合は、スピンとは関係ありませんので、ディスタンス系とスピン系のどちらが適しているかはケースバイケースとなります。まずは、クラブのロフトを立てるか、重心を高める等によって、打ち出し角そのものを下げると良いでしょう。

球が上がらないゴルファー

球が充分に上がらず、飛距離が伸び切らないという方は、バックスピンを増やすことで、ボールに揚力が加わり、球が高くなります。

スピン系のボールを使うことで、バックスピンの量が増え、揚力によりボールが高くあがり、飛距離が伸びる可能性があります。

現在、ディスタンス系を使っている場合、スピン系に変えて試してみることをおすすめします。

スライスが出るゴルファー

一般的にスライスが出やすいゴルファーは、スピンが多く掛かり過ぎているケースが大半です。

ディスタンス系のボールを使うことで、無駄なスピンが掛かりづらくなりますので、ボールが真っすぐ飛ぶことで、飛距離が伸びる可能性があります。

フックが出るゴルファー

フックが出るゴルファーは、一般的にスピン量が少ないと言われています。スピン量が増えることで、弾道が真っすぐになりやすくなりますので、スピン系のボールを使うと、飛距離が伸びる可能性があります。

最後に

ボールの種類と適正タイプについて取り上げました。適正タイプについては、分かりやすく弾道傾向を上・下・左・右に分けて解説しましたが、同じスライサーでも原因や弾道の特徴も様々ですので、一概にディスタンス系・スピン系のどちらが適しているかを決めることはできません。

あくまで、一般的な傾向から適したボールを解説しました。最終的には、両方のボールで試打してみて、どちらがあっているかを確認してみてください。