PRGR RS Eドライバー 試打・評価・徹底解説

プロギアのRSシリーズに追加発売されているRS Eドライバーについて取り上げます。

PRGR RSシリーズのドライバーは全部で4種類ある!

左からRS E、RS RED、RS、RS Fドライバー

PRGRのRSシリーズは当記事執筆時点で4種類のラインナップとなっています。まず、2018年6月にRS ドライバー、RS Fドライバー(右2つ)が発売され、年を跨いで2019年4月にRS Eドライバー、RS REDドライバー(左2つ)が発売されています。

POINT:RSシリーズの基本特性

  • RSドライバー:ドローで飛ばす
  • RS Fドライバー:フェードで飛ばす
  • RS Eドライバー:簡単に飛ばす
  • RS REDドライバー:スピードで飛ばす

本記事で取り上げるのは、RS Eドライバーです。

PRGR RS Eドライバー

RS Eドライバーは、モデル名の「E」あEASY(やさしい)を意味していて、やさしさに拘ったモデルとなっています。

RSは、Real Sportsの略で、もともとアスリート向けのモデルですが、つかまりがよく、球が上がりやすく、ミスにも強い設計となっていて、中級者でも使いやすいドライバーです。

RS Eドライバーのフェース

同時期に発売されている軽量モデルのRS REDと比べると、面長なフェース形状となっています。

https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-rs-e-driver.html

たわみを増長させるリブが搭載されていて、フェースが大きくたわんで飛距離アップに貢献してくれます。

ヘッド形状は安心感のある丸形

ヘッドはストレッチが長めに取られていて、後方に重量配分されています。また、ヒールよりも膨らみがあり、重心角を大きくした設計になっています。

https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-rs-e-driver.html

重心角はシリーズ最大の34°で、スライサーに適した重心設計となっています。筆者の記憶の範囲で言いますと、2019年モデルとして発売されているドライバーの中で、最も大きな重心角となっています。

これまでの重心角が大きなドライバーは、極端に軽かったり、やさし過ぎたり、シニアや初心者向けのものが多かったイメージがありますが、アスリート向けモデルから登場した大重心角のドライバーということで、新たなゴルファー層に注目されるモデルです。

メーカー モデル 重心角
PRGR RS Eドライバー 34°
ヤマハ インプレスUD+2ドライバー 33°
ブリヂストン PHYZドライバー 32°
PRGR RS REDドライバー 31.5°

低重心・深重心でやさしいドライバー

重心は深く設定されていますので、打点がバラツキやすいゴルファーにとって、オフセンター時のミスを許容してくれますので、扱いやすいドライバーです。

反面、ミスを許容するということは、直進性が高いため、打ち方を変えて弾道を操作するのには不向きとなります。

RS Eドライバーの試打・評価

RS Eドライバーをマーク金井氏が試打して解説

ボールのつかまりの良さについて、カット気味、プッシュアウト気味に打ち分けて検証されています。スライサーにおすすめのドライバーです。

みんなのゴルフダイジェストによる試打動画


RS EドライバーとRS REDドライバーを試打して打ち比べてしています。

アマチュアゴルファーがRS Eドライバーを体験


アマチュアゴルファー2人がRS Eドライバーを実際に使って感想を述べています。

メーカー公式PV


RS E、RS REDドライバーについて製品の特徴が詳しく解説されています。

RS Eドライバーのスペック

 

シャフトスペック S (M43) SR (M40) R (M37)
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5 9.5/10.5
体積(㎝3) 460 460 460
フェースアングル(°) 0 0 0
ライ角(°) 59.0 59.0 59.0
長さ(インチ) 45.5 45.5 45.5
総重量(g) 308 300 298
バランス D-2.0 D-1.5 D-1.0
シャフト重量(g) 54 47 44
シャフトトルク(°) 5.2 5.5 7.0

同時期に発売されているRS REDドライバーも、つかまり、球の上がりやすさ、直進性に優れていて、RS Eドライバーとあまり変わらないのでは?と思うゴルファーもいると思います。

が、RS REDドライバーは約30g軽量化されたモデルで、RS Eドライバーは、先に発売されているRSドライバー、RS Fドライバーと同じ重量感となっています。ちなみに、スペックとは別の話になりますが、RS Eドライバーの方が2万円安いです。

ロフト角は9.5°、10.5°の2種類のみ、フレックスもR、SR、Sの3種類のみとなっています。RSドライバーはドローモデルとして発売されていますが、つかまりが一つ足りず購入を断念した方は、つかまりがぐっと良くなったRS Eドライバーを試してみてください。

RS Eドライバーの販売価格と発売日

RS Eドライバーはの発売開始日は2019年4月19日です。発売価格は68,000円です。

あわせて読みたい