キャロウェイ ROGUE スターアイアン 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのAPEXアイアン 2019年モデルについて取り上げます。

ROGUE アイアンは2種類ある

キャロウェイから2018年に発売されているROGUEシリーズから、アイアンは2種類リリースされています。

左がROGUEスターアイアン、右がROGUEアイアンです。ROGUEスターアイアンの方がヘッドがやや大きく、ソールも厚め、グースもきいています。ロフト角も立っていますので、よりやさしく、ディスタンス性の高いアイアンです。

参考までに7番アイアンのロフト角を比べると、ROGUEスターアイアンが27°、ROGUEアイアンが30°となっていますので、両モデルの違いが顕著に表れています。

ROGUE スターアイアン

ROGUEスターアイアンは、キャビティー構造でストロングロフトの飛距離性能に優れたアイアンです。アイアンに飛距離を求めるアベレージゴルファーが多いことは、最近の売れ行きモデルを見れば明らかです。

一方で、アイアンはフィーリングが重視されるクラブですが、ディスタンス要素を強めれば強めるほど、打感は損なわれていきます。

この点に対して、ROGUEスターアイアンでは、ウレタン・マイクロスフィアがインサートされることで、フェースの反発性能の高さと打感の良さの両方を兼ね備えています。

タングステンウェイトを搭載し、打ち出しが高く、打点のバラつきに強い

外側からは分かりませんが、ヘッド下部のトゥ側にタングステンウェイトが搭載されています。これによりセンター重心・低重心が実現され、打ち出しの高さと弾道のバラつきを抑える効果を発揮してくれます。

特に、EPICスターアイアンと同様にストロングロフト設計となっているため、前方向のボールの推進力が強く、球の上がり具合が懸念されるところですが、低重心化を進めることで、球の上がりやすさをプラスする設計が採用されています。

キャビティー構造で、アベレージゴルファーが使いやすい

ヘッド形状はバックフェースの周辺部が分厚くなっています。キャビティー構造により、打点のブレに強く、直進性の高いアイアンとなっています。

方向のバラつきに悩むゴルファーにとっては、キャビティーは非常に使いやすいと思います。

グースがきいていて、つかまりが良いネック形状

フェース面がシャフトセンタ―軸と同じか引っ込んだぐらいで、かなりグースがきいた形状となっています。フェースが打球方向に対して奥にあることで、インパクトが充分ひきつけられますので、よりつかまりが良く右へのミスが出にくい形状です。

反対に、普段、ボールがつかまりすぎる方は、今お使いのモデルと比べてグース具合がどうかは、確認しておくことをおすすめします。

ソールは厚めで、安心感がある

ソールは2段形状になっています。低重心化のためソール側にウェイトを集中配分させていることもあり、厚さが充分あります。

ダブりが心配な初心者・アベレージゴルファーには、安心して使いやすい形状です。

ROGUE スター アイアンの試打・評価

ROGUEアイアンとROGUEスターアイアンを打ち比べした動画


アマチュアゴルファーがROGUEアイアンとROGUEスターアイアンを打ち比べした動画です。ロフト角が違いますので、飛距離の差が確認できます。

ROGUEスターアイアンを重永プロが試打


他社モデルのキャッチコピーのような「2番手違う」という感想が飛び出し、飛距離性能の高さを評価しています。

ROGUEスターアイアンのCM動画


内部構造に関する説明ムービーも入っていますので、製品の大きな特徴が分かりやすい動画です。

ROGUE スターアイアンのスペック

番手 I5 I6 I7 I8 I9 PW AW GW SW
ロフト角(°) 21 24 27 31.5 36 41 46 51 56
ライ角(°) 61.25 62 62.5 63 63.5 64 64 64 64
クラブ長さ (インチ) 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75 35.5 35.25

EPIC スターと比べると、7番アイアンは1°寝ていますが、それでも27°ありますので、完全なストロングロフトアイアンです。

飛距離性能だけでなく、打点のバラツキへの寛容性、球の上がりやすさ、そして、打感の良さも配慮された構造になっていますので、初心者から中級者まで扱いやすいアイアンです。

ROGUEスターアイアンの標準シャフト

公式サイトで紹介されている標準シャフトは、以下の3種類となっています。

  • FUBUKI for CW 50(R)
  • Speeder EVOLUTION for CW 60(R)
  • N.S.PRO Zelos 7 (S)

あわせて読みたい