RMX 220 ドライバーの試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売のRMX 220ドライバーについて取り上げます。

RMX 2020年シリーズのドライバー

RMX シリーズは2016年の初代が発売されています。2020年モデルは3代目となり、RMX120・220ドライバーの2種類が発売されています。

従来通り、モデルの数字が若い方のRMX120がアスリート向け、大きい方がのRMX220がアベレージ向けとなっています。

本記事ではアベレージ向けのRMX220ドライバーを取り上げます。

RMX220ドライバーは「曲がらない」と評判のドライバー

2019年後期に発売となる、いわゆる2020年モデルのドライバーは、国産メーカーが中心となっています。

その中で、RMX220ドライバーは「直進性が高い」、つまり、「曲がらない」という評価が聞こえてきています。

事実、ヘッドシェイプは典型的なシャローバックで、メーカーとしても「ルール上限に迫る大慣性モーメント(5,760g・cm2)」をアピールしていますので、打点がずれてもヘッドのブレが小さく、ミスの許容性の高さが大きな特徴です。

▼RMXドライバ― 2020年モデルの公式動画

 ブースト・リングによりボール初速がアップ

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

RMX220ドライバーでは、フェースの直ぐ後ろの部分で、クラウン・ソール・ホーゼル部にリング状の剛性を高めた構造が採用されています。

このBOOST RING(ブースト・リング)と呼ばれる構造により、インパクトエネルギーによるヘッドの撓みがフェース近傍だけで生じることで、ボール初速を高めてくれます。

RMX 220ドライバーの試打・評価動画

  • ヘッドスピードが速い人が振るには、オリジナルシャフトは柔らかい。
  • 前作の118、218より、今作の方がスピン量が抑えられて、初速がアップする。
  • 慣性モーメントが大きいドライバーなので、普通に打てば曲がらない。
  • 特別つかまる感じはなく、218と比べてつかまり感は抑えられている。
  • 打感も良く、ヘッドの性能は高い。

RMX220ドライバーのスペック

ロフト角(°) 9.5 / 10.5
ライ角(°) 60
フェース角(°) 0
ヘッド体積(cm3) 460
慣性モーメント(g・cm2) 5,760
重心深度(mm) 44.5
重心高さ(mm) 30.5

RMX220ドライバーの発売日と発売価格

発売日は、RMX220ドライバーは2019年9月6日となっています。

発売価格は、ヘッドが43,000円+税、シャフトがTMX-420Dで32,000円+税、SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅵ、TOUR AD XC-5、Diamana ZF 50で42,000円+税となっています。

あわせて読みたい