キャロウェイ CHROME SOFT・CHROME SOFT Xボールがリニューアル

キャロウェイのCHROME SOFT・CHROME SOFT Xボールのリニューアルについて取り上げます。

CHROME SOFT・CHROME SOFT Xボール 2020

グラフェンがアウターコアに採用されたことで話題となったこれまでのCHROME SOFTボールが、2020年4月にリニューアルして登場します。

グラフェンとは、グラファイトから分離した素材で、地球上で知られている素材の中で最も軽くて強いものの1つです。

この素材をアウターコアに用いることで、インナーコアを大きくすることが実現されています。

インナーコアを大きくする意味については、キャロウェイの公式サイトでこのように語られています。

ロングショットの際のバックスピン量をより減らし、かつ、ボール初速をもっと得ようとすると、これまでの一般的なコアの大きさでは充分じゃなかったんだそうです。

では、なぜこれまで大きくしなかったかといえば、従来のコアを単に大きくすると、硬すぎてインパクトで充分に潰すことかできず、スピン量が多くなってしまったり、柔らかいままコアだけが大きくなるとインパクトの衝撃で破損しやすくなってしまったり、といった問題があったからなんです。

しかし、やわらかくて反発力も大きいデュアル・ソフトファスト・コアに・・・グラフェンが加わったことで、これらの課題を解決。これまでよりコアを拡大することができ、より高いボール初速と低スピンを実現できるようになったわけです。

引用:https://callawaynews.jp/products-news/2649/

要するに、単純にコアを大きくすると、ボールが破裂したり、スピン量が増えてしまう恐れがありましたが、軽くて強いグラフェンで包むことでインナーコアを大きくすることができた、ということです。

CHROME SOFT 2020

前作よりもさらにインナーコアが大きくなっていて、余分なスピンが抑えられ、高く強い弾道が生み出されます。

CHROME SOFT X 2020

こちらもコアがサイズアップしています。ボール初速が従来よりもアップし、飛距離性能が向上しています。

 

あわせて読みたい