ゼクシオエックス X ハイブリッドの試打・評価・スペック

ゼクシオ2020年モデルは11代目を迎え、レギュラーモデルのゼクシオイレブンに加え、しっかり振り切りたいゴルファー向けのゼクシオエックスが追加されています。

本記事では、ややハードなゼクシオエックスのハイブリッドについて取り上げます。

ゼクシオエックス  ハイブリッド

ゼクシオレのギュラーモデルは、一般的なアベレージゴルファー向けモデルよりも軽量で、シニアやヘッドスピードが遅めの方に好まれています。

振りやすく、とても扱いやすいゴルフクラブですが、しっかり振り切れる方にっては、シャフトが柔らかすぎる、クラブ重量が軽すぎるため、敬遠されている方もいるようです。

今回、新たに発売となったゼクシオエックス Xは、しっかり振りきりたい方向け、年代では40・50代の元気なゴルファーがターゲットとなっています。

これまでゼクシオでは物足りないと感じていた方にとって、使い応えのあるクラブとなっています。

▼ゼクシオエックス ハイブリッドの公式動画

新構造のキャノンソールでヘッドが撓む!

出典:https://sports.dunlop.co.jp/golf/xxio/technology/eks/

ゼクシオエックス ハイブリッドは、カップフェースの接合点が長く取られ、フェース周辺の薄肉エリアが拡大されています。

新たなキャノンソール構造により、ソールの撓み幅が大きくなり、フェース全体の反発エリアが拡大しています。

ウェイトプラス・テクノロジーを搭載

ドライバー・フェアウェイウッドと同様に、ハイブリッドにもウェイトプラス・テクノロジーが搭載されています。

グリップ側に重量を掛けたカウンターバランスとなっていて、手元側がしっかりすることで、ヘッドの重量負荷が抑えられます。

これにより、トップポジションが安定し、スイングが安定します。

▼ウェイトプラステクノロジーの詳細はこちらの動画で詳しく説明されています。

Miyazakiシャフトを標準装着

ゼクシオエックスモデルでは、Miyazakiシャフトが標準装着されています。

レギュラーモデルの標準シャフトであるMP-1100と比べると、重量は8gほど重く、トルクは0.4°小さくなっています。

クラブ長さもレギュラーモデルより0.25インチ短いため、しっかりしたシャフトでヘッドスピードがしっかりあるゴルファーでも、しなり過ぎずにボールを捉えてくれます。

ゼクシオエックス ハイブリッドの試打・評価

  • シャフトが短め。トップしてもしっかり飛ぶ。
  • フェアウェイウッドの方はヘッドスピードが必要と感じられたが、ハイブリッドは誰でも扱える。
  • トップ気味でも球が上がってくれて、寛容性が高い。
  • 球が曲がらず、直進性が高い。

ゼクシオエックス ハイブリッドとゼクシオ11ハイブリッドのスペックを比較

ゼクシオ11とゼクシオエックスは、どちらも3、4、5、6の4種類の番手が揃っています。

ゼクシオエックスの方が、クラブ重量は約15g重く、クラブ長さは0.25インチ短くなっていて、しっかり振り抜きやすくなっています。

ゼクシオエックス ハイブリッドのスペック

番手 3 4 5 6
ロフト角 18 20 23 26
ライ角 59.5 60 60.5 61
ヘッド体積 130 130 130 130
長さ 40.5 40 39.5 39
クラブ重さ 330 334 339 343

ゼクシオ11ハイブリッドのスペック

番手 3 4 5 6
ロフト角 18 20 23 26
ライ角 59.5 60 60.5 61
ヘッド体積 130 130 130 130
長さ 40.75 40.25 39.75 39.25
クラブ重さ 316 320 325 329

ゼクシオエックス ハイブリッドの発売日・発売価格

ゼクシオエックス ハイブリッドは、標準シャフトとしてMiyazaki AX-1 カーボンシャフトが装着されています。発売日は2019年12月7日、発売価格は38,000円となっています。

あわせて読みたい