SIM MAX フェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM MAX フェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM MAX フェアウェイウッド USモデル

銘器 Vスチールソールが復活

SIM MAX フェアウェイウッドは、ドライバーに搭載されていたイナーシャジェネレータではなく、銘器と言われているVスチールのソール形状が採用されています。

芝との接触面積が少ない独特な形状により、滑りが良く、振り抜けの良さが特徴となっています。

すっきりとしたペンシルネックを採用

アスリート向けと言われているSIMフェアウェイウッドには可変スリーブが搭載されていて、ロフト角・ライ角の調整が可能となっていますが、SIM MAXフェアウェイウッドには搭載されていません。

ロフト角・ライ角の調整機能はありませんが、ネック形状がすっきりとしていて構えやすく、余分な重量負荷が無い分、ヘッドの重量配分がより最適に行われています。低重心設計で、高い弾道で飛ばすことができます。

SIM MAX フェアウェイウッドのスペック

 

番手 ロフト角 ライ角 ヘッド体積 クラブ長さ バランス
Rocket 3 14° 59° 185cc 43.25″ D3
3 15° 59° 185cc 43.25″ D3
5 18° 59.5° 160cc 42.25″ D3
7 21° 60° 160cc 41.75″ D3
9 24° 60.5° 145cc 41.25″ D3

標準シャフト

USモデルでは、VENTUS BLUE 6 FW、VENTUS BLUE 5 FWの2種類のシャフトが公式サイトで紹介されています。

VENTUS BLUE 6 FW

フレックス シャフト重量 トルク 弾道 スピン
X 63g 3.6
S 62g 3.8

VENTUS BLUE 5 FW

フレックス シャフト重量 トルク 弾道 スピン
R 56g 4 中-高
A 55g 4.2 中-高

SIM MAX フェアウェイウッドUSモデルと日本モデルの違い

日本モデルは番手が3、5、7の3種類ですが、USモデルでは、14°のRocket 3と9番があります。

クラブセッティングでフェアウェイウッドを多用したい方には、幅広いロフトレンジをカバーすることができます。

公式サイトのスペックによると、クラブ長さは同じですが、USモデルの方が2°アップライトになっています。欧米人と日本人では身長や腕の長さが異なりますので、その分を対応した形になっているのかもしれません。

なお、シャフトのフレックスについては、USモデルでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。購入する際は、このあたりを考慮して、普段より柔らかめを選択されると良いでしょう。

SIM MAX フェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

実際にUSと日本の公式サイトの価格を見てみますと、USモデルは約300ドル、日本モデルは36,000~53,100円と幅が有ります。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい