TS2ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSシリーズから発売のTS2ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TS2ドライバー USモデル

TS2ドライバーはアベレージゴルファ~セミアスリート向け

出典:タイトリストHP

タイトリストはこれまでツアープロの意見を元にクラブ開発をしていると言われていました。しかし、2019年にTSプロジェクトが発足し、スピードに拘ったモデルを開発し、従来の915、917といったシリーズとは違った全く新たなモデルとしてTSシリーズをリリースしました。

TSシリーズは、TS1、TS2、TS3、TS4の4種類のドライバーがあります。TS1は軽量ドライバー、TS2はアベレージ~セミアスリート、TS3はセミアスリート~上級者、TS4は上級者向けと言われています。

ソール後方にウェイトを搭載

TSシリーズのドライバーは、ウェイトの搭載箇所に特徴が表れています。

TS2ドライバーでは、ソール後方のセンターに搭載されています。ウェイトが深い位置に搭載されることで、高MOIが実現されています。

打点のバラツキに対して許容性を発揮してくれますので、フェースをワイドに使っている方が恩恵を受けられやすく、安定した弾道が出やすくなっています。

ロフト角のラインナップが豊富

TS1、TS3、TS4ドライバーは、ロフト角のラインナップが3種類ですが、TS2ドライバーは4種類のロフト角が用意されています。

アマチュアゴルファーにとってはスタンダードな位置づけとも言えますので、幅広いゴルファー層で利用しやすくなっています。

また、タイトリスト特有のロフト角・ライ角の独立式調整機能が搭載されていますので、ロフト・ライを自由度高く変更することができます。

弾道は高打ち出し・低スピン

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
高さ
スピン 超少

TS2ドライバーの弾道の特徴としては、打ち出しが高く、低スピンで飛ばすことができます。

TS2ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ

標準シャフト

USモデルでは、以下の5種類のシャフトが公式サイトで紹介されています。

  • Mitsubishi KUROKAGE Black Dual Core SFW 50
  • Mitsubishi Tensei AV Series Blue SFW 55
  • Project X HZRDUS Smoke Black 60
  • Project X HZRDUS Smoke Yellow 60
  • Project X Even Flow T1100 White 65

TS2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角のラインナップはUSモデルの方で11.5°があり、1種類多くなっています。ライ角、クラブ長さ、ヘッド体積については、公表値が同じ値となっています。

シャフトはUSと日本で共に公式サイトで5種類掲載されていますが、種類は全て異なっています。

なお、シャフトスペックについては、USモデルの場合、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TS2ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

タイトリストでは公式サイトで発売がないため、小売価格の表示がありませんので、アマゾンで調べてみましたところ、日本モデル、USモデル共に、当記事執筆時点では3万円弱で購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい