ビッグバーサ B21シリーズ!ドライバー~アイアンまで全モデルを紹介!

キャロウェイからビッグバーサB21が発売となっています。この新しいモデルについて取り上げます。

ビッグバーサ B21シリーズ

キャロウェイのUSにて、ビッグバーサの2021年モデル、ビッグバーサ B21シリーズが発売となっています。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンまであり、アイアンは60°のLWまで揃っていますので、一通り同シリーズで揃えることも可能です。

それでは、ビッグバーサ B21シリーズの全モデルを見ていきましょう。

ビッグバーサ B21ドライバー

概要

ビッグバーサ B21ドライバーは、ドローバイアス・低浅重心が採用されています。ヘッドを返しやすくすることですらいスライスを抑え、浅重心によりスピン量も抑えてくれます。

スペック

ロフト角 10.5° 12.5°
ライ角 60°
ヘッド体積 460cc
クラブ長さ 45.75″
バランス D2

ビッグバーサ B21フェアウェイウッド

概要

フェアウェイウッドにもAI設計によるフラッシュフェースSS21、ジェイルブレイク・テクノロジーが搭載されています。

そして、最も特徴的なのがフェースのトップラインの位置です。フェアウェイウッドとしては珍しく、オフセットが大きく取られていますので、ボールがつかまりスライスを抑えてくれます。

スペック

番手 3番 5番 7番 9番
ロフト角 15° 18° 21° 24°
ライ角 57.00° 58.00° 59.00° 60.00°
ヘッド体積 170 137 135 132
クラブ長さ 43.00″ 42.25″ 41.50″ 40.75″

ビッグバーサ B21ハイブリッド

概要

ビッグバーサB21ハイブリッドも、フェアウェイウッドと同様にフラッシュフェースSS21とジェイルブレイク・テクノロジーが搭載されています。

オフセットについても、フェアウェイウッドと同様に大きく取られていて、ボールが楽につかまりやすい形状となっています。

ハイブリッドは3~8番までの6種類ラインナップされています。ロフト角では19°~33°までありますので、フェアウェイウッドやロングアイアンを苦手としている方は、ハイブリッドを多様できますので、ゴルフが楽になりそうです。

スペック

番手 3番 4番 5番 6番 7番 8番
ロフト角 19° 21° 24° 27° 30° 33°
ライ角 58.50° 59.00° 59.50° 60.00° 60.50° 61.00°
クラブ長さ 40.50″ 40″ 39.5″ 39″ 38.50″ 38″
バランス D1 D1 D1 D1 D1 D1

ビッグバーサ B21アイアン

概要

アイアンにもAIによるフラッシュフェースカップが搭載されています。そして、ソール幅が広く取られていますので、直進性が高く、打ち出しも高くしてくれます。

また、キャロウェイアイアン特有のウレタンマイクロスフィアが搭載されていますので、無駄な振動が吸収され、打感を良くしてくれます。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 クラブ長さ オフセット
4番 19° 60.50° 38.75″ 3.2mm
5番 22° 61.25° 38.125″ 3.05mm
6番 25° 62.00° 37.50″ 2.9mm
7番 29° 62.50° 37.00″ 2.7mm
8番 33° 63.00° 36.50″ 2.4mm
9番 38° 63.50° 36.00″ 2.15mm
PW 43° 64.00° 35.75″ 1.85mm
AW 48° 64.00° 35.50″ 1.5mm
SW 54° 64.00° 35.25″ 1.25mm
LW 60° 64.00° 35.00″ 1mm

あわせて読みたい