タイトリスト TSi2・TSi3フェアウェイウッドの試打動画まとめ

タイトリストから発売のTSiシリーズ。海外ツアープロが既に多数利用を開始していて、日本でも2020年後期に注目度No.1のクラブです。

本記事では、TSi2・TSi3のフェアウェイウッドについて、試打動画をまとめました。

#ドライバーについては下記記事をご覧ください。

タイトリスト TSiドライバーの特徴を解説!TSi2ドライバー・TSi3ドライバー

タイトリスト TSi2・TSi3フェアウェイウッド

タイトリストのTSiシリーズは、TSi2フェアウェイウッド、TSi3フェアウェイウッドの2種類があります。

TSシリーズでも2と3がありましたので、ラインナップ体系は同じです。

TSi3フェアウェイウッドは、TS3と同様にウェイト調整機能が搭載されています。ただし、調整の仕組みはガラッと変わりまして、棒状ウェイトではなく、ノーマル、ヒール、トゥの3ポジションへの移動式となっています。

TSi2・TSi3フェアウェイウッドをプロが試打・評価

<TSi2フェアウェイウッド>

  • TSi2の5番を構えてみると、ヘッドサイズがかなり小さいので、安心感はない。
  • ヘッドが軽くて抜けが良い。振ってみるとやさしい。
  • 打ち出し角は低い。

<TSi3フェアウェイウッド>

  • TSi3もヘッドが小さく、やや重い。
  • 打感は重くて弾いている感じはゼロ。
  • 弾いてないのに飛距離は出る。
  • TSi3の方が難しく、ヘッドスピードが遅いと球が上りきらない。
  • 距離がまあまあ出る操作性の高いヘッド。

TSi2・TSi3フェアウェイウッドを3upCLUBが解説

  • TSiは球が上りやすい。
  • TSi3は低く出てスピンで球が上り、TSi2は打ち出しから高く出る。
  • ドライバーとフェアウェイウッドで2と3を組み合わせても良い。

TSiフェアウェイウッドをアマチュアが試打

<TSi2フェアウェイウッド>

  • タイトリストはアスリートのイメージがあるが、難しさを感じない。
  • 弾道が高くて強い球が出る。
  • 純正シャフトは中調子のわりに先が走る。

<TSi3フェアウェイウッド>

  • TSi3の方が分厚い感じがある。

あわせて読みたい