SIM2ドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2ドライバー USモデル

日本ではSELECT STORE限定のモデル

SIM2シリーズのドライバーは、USモデルも日本モデルも3タイプあります。

日本では前作と比べて取り扱いが変わっていまして、前作ではドローモデルが後から追加されました。Mシリーズ・SIMシリーズを通じて、ドローモデルが正式に日本テーラーメイドで取り扱われたのは(恐らく)初めてです。

ドローモデルの販売が好調だったためか、SIM2ではドローモデルも同時発売となり、最もハードはSIM2ドライバーがSELECT STORE限定という扱いになっています。

2種類のウェイトが、大慣性モーメントと低スピンを両立!

出典:USテーラーメイド

SIM2ドライバーには、ソール後方と前方にウェイトが1つずつ搭載されています。

後方のウェイトはヘッドの最深部に配置されることで、大きな慣性モーメントを実現しています。これにより、ミスに対する許容性が高くなっています。

そしてソール前方のウェイトはスピン量を抑え、最適な打ち出し角を実現しています。SIM2ドライバーは低弾道・低スピンで、吹け上がらない強い弾道で飛ばすことができます。

SIM2ドライバーのスペック

  • ロフト角:8、9、10.5°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75″

SIM2ドライバーのシャフト

Tensei AV Raw Blue

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
X 71g 3.9 中~低
S 68g 4.0 中~低
R 65g 4.4 中~低

Project X HZRDUS Smoke RDX

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
X 69g 3.5
S 67g 3.5

SIM2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2ドライバーのスペック面での違いとしては、日本モデルではロフト角が2種類なのに対して、USモデルは3種類あります。8.0°のスペックがありますので、ヘッドスピードが速いハードヒッターで、出来る限り打ち出しの高さを抑えたいという方は、より低い弾道を求めることができます。

ライ角、クラブ長さといったその他の基本スペックは同じ値です。

シャフトについては、日本モデルではTENSEI SILVERの標準シャフトに加えて、公式サイトでは4種類のシャフトが紹介されています。一方、USモデルではTENSEIとPROJECT Xの2種類となっています。

標準シャフトでのバランスは、日本モデルがD3、USモデルがD5となっていますので、よりヘッドの重量を感じながら振りたい方は、USモデルの方がおすすめです。

SIM2ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM2ドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は76,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい