テーラーメイド 300ミニドライバー 2021が発売に

(2021-07-08更新)

テーラーメイドから300ミニドライバーが発売となりました。

往年の300シリーズを現在のミニドライバーとして再現した注目のモデルについて、テクノロジーやスペックなどを紹介します。

300ミニドライバー

出典:https://www.instagram.com/p/CO8HptcNwxx/

新たなミニドライバーが発売されるという情報が、かなり前から出ていました。

当初の予想通り、「300ミニドライバー」がテーラーメイドから正式に発表されました。

古くからテーラーメイドに馴染みのある方は、このフォルム・名前から懐かしさを感じているかもしれません。

300Tiドライバーをオマージュ

出典:テーラーメイド

300ミニドライバーは、往年の300Tiドライバーをオマージュしたモデルで、特徴的なソール形状はしっかりと採用されています。

Vスチールソールを採用し、直ドラでも使える

300シリーズを踏襲して、50gのスチールソールプレートが採用されています。

芝との接触面積が抑えられますので、直ドラでも振り抜けが良く、ドライバーとして、また、フェアウェイウッドとしても扱いやすくなっています。

また、低重心化にも大きく寄与していますので、球が上がりやすくなり、高弾道で飛ばすことができます。

ロフト角の調整機能を搭載

Original Oneミニドライバーと同様に、可変スリーブが搭載されています。

シャフトを挿す向きを変えることで、ロフト角・ライ角・フェース角を調整することができます。

スピードポケットとツイストフェースを搭載

ミニドライバーと言えど、テーラーメイドの最新のテクノロジーが搭載されています。

ソール前方には貫通型のスピードポケットが搭載され、フェース面にはツイストフェースが搭載されています。

どちらも、打点のブレに強さを発揮してくれますし、スピードポケットは特にフェースの下目でのヒットの際に効果がありますので、直ドラでの安心感にもつながります。

ヘッド体積は307cc

ヘッド体積は307ccとなっています。直近の最新モデルであるSIM2やSIMグローレは460ccですから、2/3ぐらいのヘッド体積となります。

2年前に発売されて話題となったオリジナルワンミニドライバーは275ccでしたので、10%ほど大きめなヘッドとなります。

300ミニドライバーのスペック

  • ロフト角:11.5°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:307cc
  • クラブ長さ:43.75インチ
  • シャフト:TENSEI SILVER TM50 MD
  • フレックス:S、SR
  • クラブ重量:318g、315g
  • シャフト重量:55g、53g
  • トルク:4.0、4.4
  • バランス:D2
  • 調子:中
  • グリップ:TM TOUR VELVET 360 MD(径60、47.5g)

300ミニドライバーをプロが試打・評価

試打ラボしだるTVさんにて、トラックマンを使って300ミニドライバーを試打されています。

併せて、同じくテーラーメイドの1つ前のミニドライバーであるOriginal Oneミニドライバーも試打されています。

両者の違いについて、球のつかまりや対象ゴルファーについて解説されていて、300ミニドライバーの方がやさしいと評されています。

300ミニドライバーの発売価格

300ミニドライバーの発売価格は、税込み63,800円です。シャフト選択もありませんので、1プライスとなります。

あわせて読みたい