【完全解決】iPad Air4はイヤホンジャックが無い!それでもイヤホンを挿す方法【イヤホンジャックが無い機種も紹介】

AppleのiPadは、機種によってイヤホンジャックが廃止されているものがあります。

筆者もiPad Air4を購入しましたが、イヤホンジャックが無いことに購入後に気付き、暫く途方にくれた一人です。

そこで、本記事では、iPadでイヤホンジャックが無い機種、無くてもイヤホンを使う方法について解説します。

iPadでイヤホンジャックが未搭載の機種

筆者は、iPad Air4を購入して、見事にイヤホンジャックが未搭載でした。

iPad Air1~3まではイヤホンジャックが搭載されていましたので、まさかの事実、青天の霹靂です。

そこで、まずはイヤホンジャックが搭載されていないモデルについて、紹介します。

これから購入を検討されていて、イヤホンジャックは必須と言う方は、下記をご覧の上、最新の公式情報もご確認ください。

モデル イヤホンジャックあり イヤホンジャックなし
iPad 第1~9世代
iPad mini 第1〜5世代 第6世代
iPad Air 第1〜3世代 第4世代
iPad Pro 2015~2017年 2018年~

iPad、iPad mini、iPad Airは、世代間に境界線がありますので、分かりやすいです。

iPad Proは、画面サイズ違いの発売があり、世代だけでは綺麗に分かれません。ただし、発売年に境界線がありますので、そちらで特定することができます。

iPad Air4でイヤホンジャックが欲しい場合の対処方法

iPad Air4は、USB C端子のみのシンプル設計になっています。

イヤホンジャックが無いため、刺すことができませんが、専用アダプターをUSB端子に刺すことで、使うことができます。

こちらはAppleの純正品のアダプター、「USB-C – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」です。

Appleの純正品は、Apple Pencilなど、さぞお高いのかと思いきや、なんと1100円です。

同類のものを他メーカーで探すと、筆者が調べた限りですと3000円ぐらいしましたので、純正品を買わない手はありません。

▼100円ショップのアダプターを試した動画です

ちなみに、100円ショップなどで、Type-Cとイヤホンジャックのアダプターが販売されています。

しかし、それらは機能しないという事例しか見たことがありませんし、繋がったという話も聞いたことがありません。

まとめ

iPadで、イヤホンジャックが有る機種、無い機種、そして、無い場合の対処方法について取り上げました。

iPad Air4やiPad Pro第5世代などでイヤホンジャックが欲しいという方は、純正品のアダプターを購入することをおすすめします。

あわせて読みたい