ローグSTの全ドライバーを一挙紹介!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FASTステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

キャロウェイから2022年に発売のローグ STシリーズ。ドライバーは4機種のモデルが発売となっています。

ローグSTのドライバー4種について、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ローグSTのドライバーは4機種

キャロウェイの2022年モデルは、ローグSTです。ローグは、2018年に発売のモデルで、その後継と言われている2020年のMAVRIKは、とても評価が高かったモデルです。

今回のローグSTも、ローグ、MAVRIKと同様に、スライダー式のウェイト調整機能が無いドライバーです。

発売されるのは、写真左から、ローグSTのMAX、MAX D、MAX LS、MAX FASTの4種類です。

4種類のドライバーの違いや詳しい特徴については、この後で取り上げます。

ソール後方にタングステンウェイトを搭載

ローグSTのドライバーでまず目に留まるのは、ヘッド後方の最深部に装着されているゴールドのパーツです。

「タングステン・スピード・カートリッジ」と呼ばれるこのパーツは、中に高比重のタングステンがウェイトとして入っています。

シャローなヘッドの深い位置に取り付けられることで、低重心・深重心が実現されています。

AIフェース、JAILBREAKも搭載

出典:callawaygolf.jp

AIデザインによるフラッシュフェース、ボールスピードを生み出すJAILBREAKは、前年のEPICに引き続き、今回のローグSTシリーズのドライバーにも搭載されています。

AIのアルゴリズムは年々進化していて、ローグSTに搭載されているフェースは、飛びの3要素であるスピン量、打出し角、ボールスピードを含めて設計されています。

ローグST MAXドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル

ローグSTシリーズドライバーのスタンダードなモデルで、飛距離と振りやすさが備わっています。

つかまり、球の上がりやすさは中程度で、クセが無くて、幅広いゴルファーに適合しやすいドライバーです。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:59°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • VENTUS 5 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-5 (S)
  • SPEEDER NX 50 (S)
  • Diamana PD 50 (S)

ローグST MAX Dドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル
  • ソールウェイト(2g)

ローグST MAXドライバーのドローバイアスモデルです。ソール前方のヒール寄りに、スクリューウェイトが搭載されていて、ヘッドが返りやすくなっています。

スタンダードなMAXと比べて、球の上がりやすさも備わっていますので、つかまらない、球が上がらないという方に適しています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:60°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • VENTUS 5 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-5 (S)
  • SPEEDER NX 50 (S)
  • Diamana PD 50 (S)

ローグST MAX LSドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル
  • ヘッド体積は455cc

ローグSTシリーズドライバーの低スピンタイプのモデルです。前年のEPICに引き続いて、MAXでLSという高慣性モーメントで低スピンというレアな組み合わせのドライバーです。

弾道はややフェード、打ち出しの高さも抑えられ、スピン量も抑えられますので、思い切り叩きたいハードヒッターに好まれるドライバーです。

標準シャフトは、MAX、MAX DのVENTUSからTENSEIになり、その他のシャフトも重量クラスが50gから60gとなっています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°
  • 体積:455cc
  • ライ角:57°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • TENSEI 55 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ローグST MAX FASTドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • ソールウェイト(2g)

ローグST シリーズのドライバーの中で、唯一、軽量版のモデルです。MAX FASTはアジア市場向けのシリーズのため、ワールドモデルとしては提供がありません。

ソールにはローグST MAX Dドライバーと同じく2gのドローウェイトがヒール寄りに搭載されていて、球のつかまり性能を高めてあります。

4機種のドライバーの中で、クラブの軽さ、球の上がりやすさ、つかまりの良さの全てで、最も高い性能を発揮してくれます。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:59.5°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • SPEEDER NX 40 for Callaway (S・SR・R)

まとめ

キャロウェイの2022年の新シリーズ「ローグST」のドライバー4種について取り上げました。

ローグST MAX FASTドライバーについては、つかまり、球の上がりやすさが最も優れていますが、クラブ重量が30gほど軽くなっていますので、重量が合うか合わないかをまず試されることをオススメします。

発売日は、2022年3月下旬です。

あわせて読みたい