タイトリストのTシリーズアイアン 2023年モデルの映像をキャッチ

タイトリストのTシリーズアイアンの2023年モデルが、ツアー会場で確認されています。

これは、タイトリスト恒例のツアープロによる検証プロセスによるもので、ニューモデルの最終チェックとして、契約プロたちにより実地テストが行われています。

Tシリーズアイアン 2023年モデル

こちらがタイトリストのTシリーズアイアン 2023年モデルです。

ご丁寧にタイトリストの公式ツイッターにて、4機種の画像が公開されています。

映像を見る限り、上の2モデルは中空、下の2モデルは軟鉄鍛造ではないかと思われます。

ラインナップは前作と違う

一見、4機種ありますので、前作と同じラインナップかと思われそうですが、モデルに付された番号を見ると、変更が入っていることがわかります。

前作、前々作は、T100、T100S、T200、T300、T400というラインナップでした。

しかし、2023年モデルは、T100、T150、T200、T350となっています。

T150はT100Sを分かりやすくT100とT200の間のモデルとし、T350はT300とT400の間のモデルにしたものと思われます。

ジャスティン・トーマスはT100にスイッチ

https://www.instagram.com/p/CtZsWO7AcgX/

ジャスティントーマスが早くもT100 2023年にスイッチしたという情報もSNSで確認されています。

T100にスイッチといっても、ベースはカスタムの621JTアイアンを使用していて、4番のみT100を入れていましたので、この4番が最新のT100になったということになります。

目立つT200のロングアイアン

ツアープロにより選ばれるアイアンとなると、T100アイアンに集中しそうなところですが、これまでにメディアなどで確認されている情報によると、T200アイアンも同じくらい確認されています。

  • ボウ・ホスラー
  • キム・スンヒョグ
  • ピーター・マルナチ
  • スコット・ストーリングス
  • ブライアン・ハーマン
  • トロイ・メリット
  • アルドリッチ・ポットギーター

特に注目したいのは、T200アイアンの使い方で、全ての番手をT200にしている選手は逆に確認されていません。

上述の選手たちは、アイアンとしてのベースはT100もしくは別のアイアンで、ロングアイアンのみT200を入れています。

ツアープロであっても、ロングアイアンは難しいクラブで、より扱いやすいモデルをコンボで取り入れているという実情が確認できます。

まとめ

ツアープロによる検証プロセスは、通常、数週間程度で終わります。

その後、製品リリースとなりますので、公式情報が確認され次第、また取り上げたいと思います。

あわせて読みたい