ビッグバーサ ドライバー 2023の評価・試打動画

ビッグバーサ ドライバー 2023

キャロウェイのビッグバーサ ドライバーは、2021年に発売のビッグバーサドライバー BB21の後継モデルです。

スライス改善を大きな特徴としていて、右へのミスを減らしたい方に注目のドライバーです。

一般的なスライサー向けのドライバーは、軽量・長尺といった特徴がありますが、ビッグバーサドライバーは300g前後の通常の重量で、クラブ長さも45.375インチで若干の短尺です。

併せて、浅重心で低スピン性能にも優れていて飛距離も出しやすいドライバーです。

ビッグバーサ ドライバー 2023の試打・評価

スライスの悩みが一気に解決!キャロウェイ「ビッグバーサ」シリーズ(2023年モデル)

クラブフィッターの小倉勇人氏が、キャロウェイ「ビッグバーサ ドライバー 2023」を試打して解説しています。

  • 2021年から2年振りのモデルチェンジ。
  • メーカーは、スライスキラーと呼んでいる。
  • ヘッド後方ヒール寄りにウェイトを配置し、オートマチックにボールをつかまえてくれる。
  • ヘッドの投影面積が前作よりも拡大して、フェース面積も増やし、安心感がアップしている。
  • スライスに悩む人は、シリーズで(ドライバー~アイアン)まとめて買うといい。
  • 他のシリーズよりロープライス設定になっている。

【最新クラブ】キャロウェイ・ビッグバーサは本当にスライスしないのか?パラダイムと試打データで比較したらその性能が丸裸になった!

スライスしないクラブとして評価の高い【 ビッグバーサ 】の最新モデルが登場!

お馴染みのクラブ大好き伊藤元気プロが、アベレージゴルファーを想定したヘッドスピード42m/sで、【 ビッグバーサ 】ドライバーとパラダイムXドライバーを、スライスが出るスイングで試打して両モデルを比較。

<HS42m/sで試打比較したクラブ>

  • キャロウェイ ビッグバーサ ドライバー 10.5度
  • キャロウェイ パラダイム X ドライバー 10.5度

キャロウェイ『BIG BERTHA(2023)』ドライバー トラックマン試打

試打ラボしだるTVさんによるビッグバーサ ドライバーの試打動画です。

試打クラブはロフト10.5°で、シャフトはSPEEDER NX for Callaway S、TENSEI PRO BLUE 1K 60 Sです。

ビッグバーサ ドライバー 2023のスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 60°
体積 460cc
長さ 45.375インチ

ビッグバーサ ドライバー 2023のシャフト

シャフト フレックス クラブ重さ シャフト重さ シャフトトルク シャフト調子
SPEEDER NX for Callaway S 約301g 約54g 4.2 中調子
SR 約299g 約52g 4.4 中調子
R 約297g 約50g 4.6 中調子

あわせて読みたい