ROGUE ドライバーの全モデルを一挙紹介

キャロウェイから発売のROGUEドライバーの全モデルを紹介します。

ROGUE ローグドライバーは全部で4モデルある!

ROGUEドライバーは4種類のモデルが発売されています。

  • ROGUE サブゼロドライバー
  • ROGUEドライバー
  • ROGUE スタードライバー
  • ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン

ROGUEスタードライバーは、アジア向けに発売されているモデルで、ヘッドはアメリカでドローモデルとして発売されているものです。ただし、調角機能の有無やウェイトの重量の違いがあるため、完全に同じではありません。

そして、ROGUE スタードライバー スピードスターバージョンは、シャフトとグリップが軽量化されていて、通常のスタードライバーよりも13g軽くなっています。

JAIL BREAK TECHNOLOGYはさらに進化

GBB EPICで初めて搭載されたヘッドを二本の柱が縦に貫通するJAILBREAKは、ROGUEでも搭載されています。チタン製で形状が砂時計型にスリム化され約25%軽量化されています。

出典:https://callawaynews.jp/products-news/2417/

そして、GBB EPICともう一つ異なる点として、JAILBREAKはドライバー、フェアウェイ、そして、ユーティリティにも搭載されています(低い番手には未搭載)。

ROGUEドライバーのプロダクトビデオ

こちらはキャロウェイ公式チャンネルによるROGUEドライバーの解説動画です。後から発売されたスピードスターを除いた基本3モデルについて解説されています。

X-FACE VFT

ROGUEに搭載されているX-FACE VFTは、薄肉化が進みボール初速をアップするだけでなく、フェースの軽量化と余剰重量の創出につながっています。

GBB EPICにあったペリメーター・ウェイティングは搭載されていない

出典:https://news.callawaygolf.jp/

GBB EPICのスタードライバーに搭載されていたスライダー式のウェイト調整機能は、ROGUEではどのモデルにも搭載されていません。スクリューウェイトはオプションで異なる重量が販売されていて、交換することができます。また、サブゼロはウェイトが2つ搭載されていますので、前後を入れ替えることもできます。

また、ROGUEサブゼロとROGUEドライバーには、アジャスタブルホーゼルが搭載されていますので、ロフト・ライを合わせて8通り調節することができます。

ここからは個々のモデルについて詳しく見ていきましょう。

ROGUE サブゼロドライバー

こちらが上級者向けと位置づけられているROGUE サブゼロドライバーです。特徴はGBB EPICと同様にソールの前後にスクリューウェイトが搭載されている点です。ソール前方にウェイトがあることで、重心が浅く設定でき、低スピン、低弾道で飛ばすことができ、操作性も兼ね備えています。

ROGUE サブゼロドライバーのスペック

ロフト角(°) 9 10.5
ライ角(°) 56
クラブ長さ (インチ) 45.25
ヘッド体積(cc) 460
フェース素材/構造 α+βチタン / NEW JAILBREAKテクノロジー + X-Face VFT
ボディ素材 α+βチタン/トライアクシャル・カーボンクラウン

ROGUE サブゼロドライバーのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは2種類です。

  • Speeder EVOLUTION for CW 50(S)
  • Tour AD IZ-6 (S)

ROGUE ドライバー

こちらがROGUEドライバーです。やさしく球が上がりやすいモデルです。スタードライバーとの違いとしては、ウェイトの搭載位置がソール後方のセンター位置になりますので、つかまりを意識したモデルではありません。また、ウェイトも5gでスターモデルよりも重くなっています。

ROGUE ドライバーのスペック

ロフト角(°) 9 10.5
ライ角(°) 58
クラブ長さ (インチ) 45.25
ヘッド体積(cc) 460
フェース素材/構造 α+βチタン / NEW JAILBREAKテクノロジー + X-Face VFT
ボディ素材 α+βチタン/トライアクシャル・カーボンクラウン

ROGUE ドライバーのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは1種類でフレックスはS、SR、Rの3種類です。

  • Speeder EVOLUTION for CW 50(S)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(SR)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(R)

ROGUE スタードライバー

こちらがアジア市場向けに発売されているROGUEスタードライバーです。アメリカではドロー仕様として発売されているもので、ソールのスクリューウェイト位置を見ると、ヒール寄りで重心距離が短く設定されています。

フェースターンがしやすくなっていますので、スライサーの方が真っすぐ飛ばしやすいモデルとなっています。

ROGUE スタードライバーのスペック

ロフト角(°) 9 10.5 12
ライ角(°) 58
クラブ長さ (インチ) 45.75
ヘッド体積(cc) 460
フェース素材/構造 α+βチタン / NEW JAILBREAKテクノロジー + X-Face VFT
ボディ素材 α+βチタン/トライアクシャル・カーボンクラウン

ROGUE スタードライバーのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは4種類です。標準シャフトはSpeeder EVOLUTION for CW 50となります。

  • FUBUKI for CW 40(S)
  • FUBUKI for CW 40(SR)
  • FUBUKI for CW 40(R)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(S)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(SR)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(R)
  • Speeder 474 EVOLUTION IV(S)
  • Speeder 569 EVOLUTION IV(S)

ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン

こちらがROGUEスタードライバーの軽量モデル、ROGUEスタードライバー スピードスターバージョンです。シャフトが3g、グリップが10g軽量かされていて、Rスペックではクラブ重量が272gとなっています。

重量感で言うと、ゼクシオドライバーやMグローレと同じレベルになりますので、ヘッドスピードが遅めの方に向いているモデルです。

ROGUE スタードライバー スピードスターバージョンのスペック

ロフト角(°) 10.5
ライ角(°) 58
クラブ長さ (インチ) 45.75
ヘッド体積(cc) 460
フェース素材/構造 α+βチタン / NEW JAILBREAKテクノロジー + X-Face VFT
ボディ素材 α+βチタン/トライアクシャル・カーボンクラウン

ROGUE スタードライバー スピードスターバージョンのシャフト

シャフトは専用の軽量モデルとなり、フレックスは2種類です。

  • FUBUKI for CW SPEED STAR(SR)
  • FUBUKI for CW SPEED STAR(R)

ROGUEモデルのヘッドカバー

ヘッドと同様にブラックがベースカラーで、やや淡いスカイブルーがアクセントになったデザインです。

 

あわせて読みたい