オリジナル ワン ミニ ドライバー 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのオリジナル ワン ミニ ドライバーについて取り上げます。

オリジナル ワン ミニ ドライバードライバー

ミニワンドライバーは、テーラーメイドが時々発売しているミニサイズのドライバーです。前回、発売されたモデルは筆者のつたない記憶では、SLDRのミニドライバーだったと思います。今回のミニドライバーは、テーラーメイドの創立40周年という意味合いも込めて、作られているようです。

オリジナル ワン ミニ  ドライバーの基本スペック

テーラーメイドのUS公式サイトで確認しますと、Original One  Mini Driverは、ドライバーとフェアウェイウッドの両方のページで掲載されています。位置づけが興味深いオリジナルワンミニドライバーについて、特徴をを確認するに際して、まず、スペックを確認してみましょう。

ヘッドスペック

ロフト角 11.5° 13.5°
ライ角 56~60° 56~60°
長さ 43.75インチ 43.75インチ
ヘッド体積 275cc 275cc
バランス D3 D3

シャフトスペック(Mitsubishi Diamana F Limited)

フレックス S R
重さ 64G 57G
トルク 4.1 5.9
チップ径 0.335 0.335
打ち出し Mid Mid-High
スピン Mid Mid

ヘッド体積はドライバーの半分ぐらいになっていますが、3番ウッドよりはかなり大きいです。ロフト角はドライバーと3番ウッドの中間ぐらいです。長さはM6ドライバーの45.75インチよりも、M6の3番ウッドの43インチに近いです。

ヘッド形状はドライバー寄り、クラブ長さはフェアウェイウッド寄りで、ドライバーとスプーンのハイブリッドといいたくなります。

ドライバーとしての基本性能は持っている

名前はミニですが、性能面ではM5、M6ドライバーとほぼ同じものが搭載されています。搭載されているもの、されてないものを整理します。

  • 〇:ツイストフェースを搭載
  • 〇:ロフト・ライ調整機能を搭載
  • △:スピードポケットを搭載(ハンマーヘッドではない)
  • -:ウェイト調整機能は搭載していない
  • -:スピードインジェクションではない

ウェイト調整機能については、M6も搭載していませんので、オリジナル ミニ ワン ドライバーには、かなりのテクノロジーが詰め込まれていると言ってよいでしょう。

フェース周りの色がブラックになっているだけで、クラウンもM5、M6とかなり似ています。

オリジナル ワン ミニ ドライバーの試打・評価

日本語の試打動画はまだ掲載がなかったので、海外のものを紹介します。M6ドライバー、フェアウェイウッドと並べている映像がありますので、参考になります。

実際にスイングしている動画を見ると、クラブ長さが短いので、ドライバーよりもかなり振りやすいことが分かります。

オリジナル ワン ミニ ドライバーの販売価格と発売日

オリジナルワンミニドライバーは、テーラーメイドの日本の公式サイトに掲載がなく、USサイトで情報発表されています。現時点で手に入れる方法は、USモデルを購入するという形になります。価格については、USサイトで、$399.99と記載があります。

参考までに、M6ドライバーは$499.99、M6フェアウェイウッドは$299.99、M5フェアウェイウッドは$399.99となっていますので、M5フェアウェイウッド相当と考えられます。

オリジナル ワン ミニ ドライバー、日本モデルの販売がスタート!

あわせて読みたい