SRIXON Z585ドライバー 試打・評価・徹底解説

スリクソンのZ585ドライバーについて取り上げます。

SRIXON Zシリーズ2018年モデルは2種類!

スリクソンの2018年モデルのZドライバーは、2種類発売されています。Zシリーズはこれまでは3種類のヘッドサイズが発売されていましたが、2018年モデルはZ585ドライバーとZ785ドライバーの2種類です。

従来は3種類のヘッドサイズで発売されていまして、例えば2014年モデルでは、例えば460ccのZ545ドライバー、430ccのZ745ドライバー、400ccのZ945ドライバーという具合です。ただし、このヘッドサイズの差はバージョンアップと共に縮まり、Z9のシリーズは2016年には発売がありませんでしたので、2種類に留まる布石はありました。

Zシリーズのヘッドサイズの差がなくなった!

2018年モデルで驚いたのは、ヘッドの種類が減ったことではなく、ヘッドサイズが1種類になったことです。これまで発売されていたモデルでは、ヘッドサイズが異なっていましたので、今回のZ585ドライバーとZ785ドライバーが共に460ccという点は、インパクトのある変更です。

ただしこれも、上級者向けモデルが徐々に460ccに近づいてきていたここ数年の流れからすると、ある程度予見されていたとも言えます。

スリクソン Zシリーズドライバーの歴代モデル、ヘッドサイズの変遷まとめ

やさしくなった、Z585ドライバー!

2018年のZシリーズドライバーは、これまでのスリクソンのドライバーとがらっと変わっています。まず、ヘッド体積が同じになったことで、ターゲットゴルファー層を広げてきたことは察知できます。実際、プレスリリースでも同様のことが説明されています。

これにより従来のメインターゲットであったシリアスにゴルフに取り組むコアユーザーから、やさしく飛ばせるクラブでゴルフを楽しみたいというライトユーザーまで、幅広いゴルファーに適したドライバーとなりました。
(引用)https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

ゼクシオで培われたカップフェースを搭載!反発エリアが大きく拡大!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

スリクソンにはゼクシオで搭載されているカップフェースが新たに搭載されています。念のため、ご存知の方が多いと思いますが、スリクソンはゼクシオは住友ゴムグループに属します。ゼクシオがシニア・アベレージゴルファー向け、スリクソンが中・上級者向けとなっています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

フェース面上で高い反発を持つエリアが、従来モデルと比べて176%と大きく拡大していますので、オフセンター時の許容性が増しています。

アップライトでつかまりの良さが感じられる

Z785ドライバーと比べて、トゥ側が高くアップライトになっています。構えた時につかまりの良さを感じられます。

ヘッド後方が下がり、低重心に

ヘッドの後方はZ785よりも下がっていますので、低重心でボールのあがりやすさが意識されています。

ロフト角調整機能は無い

Z585ドライバーはスリーブのロフト角調整機能は搭載されていません。Z785の方には搭載されています。

Z585 ドライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打

サウンドリブが搭載されていて、打音が良く、ヘッドターンがありつかまりも良いモデルになっています。

練習場での試打と感想

屋外の練習場で試打していますので、サウンドリブ搭載でどのような打音になったかを確認できます。また、どのぐらいのヘッドスピードが良いかについても最後に総評で紹介されています。

スリクソン Z585ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト Miyazaki Mahana カーボンシャフト
Miyazaki MIZU 6 カーボンシャフト
長さ 45.25インチ

ロフトは9.5°、10.5°の2種類が用意されています。これまでアスリート向けと言われていたスリクソンがゼロベースで作り上げた2018年モデルのZシリーズドライバー。Z585ドライバーはさらに優しいモデルとなります。

ゼクシオで物足りないゴルファー、ヘッドスピードが遅くないゴルファーが使えるとの評価が聞こえてきますので、これまでスリクソンに憧れながらも敬遠してきた方。試打してみることをおすすめします。

スリクソンZ585ドライバーの販売価格と発売日

スリクソンZ585ドライバーの発売開始日は2018年9月22日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類ありますが、販売価格は夫々63,000円となっています。

 

あわせて読みたい