M4アイアン 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM4アイアンについて取り上げます。

テーラーメイド M4アイアン

Mシリーズの2018年モデルは、M3アイアンとM4アイアンが発売されています。M4アイアンは、前年のM2アイアン 2017の後継モデルとなります。(M3アイアンはM1アイアンの後継モデル)

M3アイアンとM4アイアンの違い

M3アイアンとM4アイアンの位置づけは、M3アイアンが上級者向け、M4アイアンがアベレージゴルファー向けとなります。実際、この二つのモデルのキャッチコピーを見ると、M3アイアンは「アスリートゴルファーに飛距離を。」、M4アイアンは「より真っすぐ、より遠く、より高く。」となっています。

POINT

  • M3アイアンは、操作性のあるアスリートゴルファー向け
  • M4アイアンは、飛距離・直進性重視のアベレージゴルファー向け

リブコアにより真っすぐ遠くに飛ばせる

フェース内部の両端に「リブコア」が設置されることで、ボールへのエネルギー伝達が効率化され、さらに、スロットに挟まれたスコアライン上の反発力もアップしてくれます。

この剛性を高める2本の構造は、ハンマーヘッドやキャロウェイのJAIL BREAKを連想させます。

改めてM2アイアンのバックフェースを見てみますと、2本のリブ的なもので剛性を高めているようにも見えます。左右からガチっと固めてセンターの打点面を柔らかくするという発想は、以前からあったのかもしれません。

フェーススロットはM2から継承されている!

フェース面上のスコアラインを挟むように縦に施されたスロットは、M2に引き続き搭載されています。効果としては、オフセンターの際の初速低下を抑え、高い反発力をもたらしてくれます。

つかまりの良さをイメージできるネック形状

上から見るとグースがあり、しっかりボールをつかまえたいゴルファーにとって構えやすい形状になっています。

また、ホーゼルは凸凹していて、重量集中しがちなネック・ヒールの軽量化の工夫がなされています。

低重心デザイン

ソールを横から見ると、重量感ある形状になっています。後にスペックの説明で触れますが、ストロングロフトになっている分、低重心化によりボールの上がりやすさが取り入れられています。

M4アイアンの試打動画

M4アイアンを2種類の標準シャフトで試打


アマチュアゴルファーによるM4アイアンの試打動画です。シャフトはFUBUKI TM6とREAX 90JPの2種類です。

M4アイアンのツアープロによるインプレッション動画

こちらはテーラーメイドの公式チャンネルで公開されているツアープロによる試打と感想です。CM感覚でご覧ください。

M4アイアンのスペック

番手 #4 #5 #6 #7 #8 #9 PW AW SW
ロフト角 19 21.5 25 28.5 33 38 43.5 49 54
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 63.5 63.5
FUBUKI TM6 38.875 38.25 37.625 37 36.5 36 35.75 35.75 35.5
REAX90 JP 38.625 38 37.375 36.75 36.25 35.75 35.5 35.5 35.25

クラブセッティングは、4~9、P、A、Sです。セット販売は5~9、Pの6本で、その他は単品購入となります。

スペック面では7番で28.5°のロフトですので、ストロングロフトです。球の上がりやすさも確保する重心設計となっていますので、やさしめのアイアンで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめです。

M4アイアンの販売価格と発売日

M4アイアンの発売開始日は2018年2月16日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類あります。

  • FUBUKI TM6(S、R)
    6本セット(5~P):108,000円
    単品(4、AW、SW):18,000円
  • REAX90 JP(S、R)
    6本セット(5~P):96,000円
    単品(4、AW、SW):16,000円

 

あわせて読みたい