M6ドライバー 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM6ドライバーについて取り上げます。

テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、Mシリーズドライバーの2019年モデルで、2018年に発売されているM4ドライバーの後継モデルです。同時に発売されているM5ドライバーがアスリート向けモデル、M6ドライバーはアベレージゴルファー向けモデルと言われています。

スピードインジェクション

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

M6ドライバーは高反発のフェースを製造した後、フェースの下方にある赤い穴からジェルを注入し、反発性能をルール限界値まで下げる作業が施されています。

これにより、従来のドライバーヘッドはルールギリギリを目指して製造され、結果的にルール限界値への近づき具合にバラつきがありましたが、スピードインジェクションにより全てのヘッドがルール限界の反発係数となっています。

ツイストフェースはM6でも採用されている

M3ドライバー・M4ドライバーでドライバー市場に一石を投じたといっても過言ではないツイストフェースは、M6でも搭載されています。

ツイストフェースについては既にご存知の方も多いと思いますが、テーラーメイドは約50万発にも及ぶ打球データを解析し、打点のバラつきがハイトゥ・ローヒールに集中することをつきとめました。そして、この打点のブレに対処するため、フェースをねじる(ツイストする)手法を考案し、弾道が曲がらないメカニズムとして採用されています。

グラファイト・コンポジットの採用による超低重心設計を実現!

M6ドライバーではグラファイトコンポジットのソール構造となっており、ヘッドの軽量化が進められ大きな余剰重量が生み出されています。これにより、ヘッド後方に46gの大きなウェイトが搭載され、超低重心・深重心設計が実現されています。

これにより、慣性モーメントが大きくなっているため、ツイストフェースによる効果と相まって、弾道の直進性が高くなっています。

M6ドライバーのフォルム

クラウンはブラックのカーボンエリアが大きく取られており、ヘッドの軽量化が進んでいます。

ソール前方にはテーラーメイドの代名詞ともいえる溝が施されていて、打点のバラツキにも強さを発揮してくれます。

M6ドライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打動画

M6のつかまりの良さについて語られています。

みんなのゴルフダイジェストによる試打動画

同時に発売されているM5ドライバー、M6ドライバーを打ち比べています。

M6ドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト FUBUKI TM5 2019
長さ 45.75インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 54/52/50g
クラブ重量 299/297/295g
トルク 4.6/5.0/5.2
キックポイント

ロフトは9°と10.5°の2種類が用意されています。クラブ重量は約300gとなっており、前作のM4と変わりません。

M6ドライバーの販売価格と発売日

M6ドライバーの発売開始日は2019年2月15日です。、メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは3種類あります。

  • FUBUKI TM5(S、SR、R): ¥65,000+税
  • Tour AD IZ-6(S):¥82,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION Ⅳ(S):¥82,000+税

「M6ドライバー」関連のオススメ記事

テーラーメイド 歴代Mシリーズのドライバーを一挙紹介!

M5ドライバーとM6ドライバーの違いを徹底解説!

M6フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

M5ドライバー 試打・評価・徹底解説

M6アイアン 試打・評価・徹底解説

 

あわせて読みたい