ROGUE スターフェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのROGUEスターフェアウェイウッドについて取り上げます。

ROGUEのフェアウェイウッド

ROGUEは2018年に発売されているモデルです。JAIL BREAKテクノロジーが搭載されていることから、前年のGBB EPICの後継モデルと思われることもありますが、異なるモデルとなっています。ちなみに、GBB EPICの後継も出るは、2019年のEPIC FLASHとなります。

そして、GBB EPIC、ROGUE、EPIC FLASHはスターモデルとサブゼロモデルが発売されていて、アベレージゴルファー向け、上級者向けと位置付けがわけられています。ROGUEのフェアウェイウッドについては、スターモデルのみとなっています。

JAIL BREAK テクノロジーを搭載

GBB EPICで初めて登場したJAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEで初めてフェアウェイウッドに搭載されました。

ヘッドの中に剛性を高めるために埋め込まれた2本の柱は、縦方向の無駄な振動を抑え、ヘッドを効率的に撓ませボールスピードをアップしてくれます。

ただし、JAIL BREAKは3、5、7番に搭載されていますが、恐らくサイズ上の問題から9番には搭載されていません。ユーティリティも4、5番のみで、7、9番には未搭載です。

フェースカップを搭載

フェース素材にはカーペンター455スチールが採用され、カップフェース構造となっています。オフセンター時でもボール初速の低下が抑えられます。

アンダーカット・インナーウェイトテクノロジー

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/rogue/ut_fw/index.html

アンダーカット・インナーウェイトテクノロジーは、もともとアイアンのために開発されたもので、重心位置の自由度が上がります。ROGUE スターフェアウェイウッドにも搭載され、浅重心・低重心に設定されています。弾道としては、浅重心による低スピン効果、低重心による高打ち出しとなります。

POINT

  • 浅重心・低重心により、低スピン・高打ち出しの弾道

ロフト角調整機能は搭載されていない


アジャスタブルホーゼルは搭載されていませんので、ロフト角の調整機能はありません。ソールのスライディングウェイトも搭載されていません。ただし、スクリューウェイトはオプションで交換することができますので、重心調整を行うことはできます。

ROGUEスターフェアウェイウッドの試打・評価

ROGUEスターとGBB EPICのフェアウェイウッドを比較


同じヘッドスピードでもROGUEの方が10ヤード多く飛ぶそうです。

ROGUEスターフェアウェイウッドの試打解説


Speeder EVOLUTION for CW 50で試打した動画です。

ROGUEスターフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角(°) 15 18 21 23
ライ角(°) 58.0 58.5 59.0 59.5
ヘッド体積(cc) 180 159 148 142
クラブ長さ (インチ) 43.25 42.75 42.25 41.75

番手は3(15°)、5(18°)、7(21°)、9(23°)の4種類が用意されています。9番はJAIL BREAKテクノロジーが搭載されていません。

ROGUEスターフェアウェイウッドの販売価格と発売日

ROGUEスターフェアウェイウッドの発売開始日は2018年2月23日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは5種類です。ただし、下記の最後にあるSPEED STARは、シャフトとグリップが変わり、クラブ全体をより軽量化したスピードスターバージョンとなります。

  • FUBUKI for CW 40(S/SR/R)
  • FUBUKI for CW 50(S/SR/R)
  • Speeder EVOLUTION IV FW 40(S)
  • Speeder EVOLUTION IV FW 50(S)
  • FUBUKI for CW SPEED STAR(SR/R)

あわせて読みたい