PING G410フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 フェアウェイウッドについて取り上げます。

PING G410シリーズのフェアウェイウッドは3タイプリリースされている!

PINGのG410シリーズのフェアウェイウッドは、前作であるG400と同様に3タイプのモデルがリリースされています。前作ではSTD、SFT、STRETCH3の3タイプでしたが、G410フェアウェイウッドでは、スタンダード、SFT、LSTの3種類になっています。

POINT:G410FWのモデルの違い

  • STD:スタンダードの意、レギュラーモデル
  • SFT:ドロー設計のスライサー向けモデル
  • LST:浅重心の低スピン・強弾道モデル

本投稿で取り上げるのは、G410フェアウェイウッド(STD)です。

PING G410 フェアウェイウッド(STD)

G410フェアウェイウッドスタンダードモデルは、重心位置が低く・深く設定されています。

シャローなFORGEDフェース

シャロー設計で、ソール後方部にウェイトが搭載されていますので、大きな慣性モーメントで、ミスしても弾道がブレにくくなっています。

正面からの見た目でも感じられる通り、座りも良くフェアウェイから打ちやすくなっています。

クラウンにはタービュレーターも搭載

ドライバーと同様に、クラウンにはタービュレーターが搭載されています。無駄な空気抵抗を制御してくれますので、ヘッドが走ります。

G410フェアウェイウッドの試打・評価

トラックマン試打動画

3番14.5°を使った練習場での試打動画です。

公式PV動画

比嘉真美子プロが試打して解説しています。

PING G410 フェアウェイウッドのスペック

ヘッドスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角(度) 14.5 17.5 20.5 23.5
ヘッド体積(CC) 171 162 148 144
ライ角(度) 57.5 58 58.5 59
標準クラブ長(inch) 43 42.5 42 41.5

シャフトスペック

シャフト フレックス 重量(g) トルク(度) キックポイント
ALTA J CB RED R 44 5.4
SR 49 5 中先
S 54 4.5
X 62 3.5
PING TOUR 173-65 R 53 4.3
S 57 3.4 中元
X 62 3.2 手元
PING TOUR 173-75 R 64 3.3
S 70 2.9 中元
X 76 2.8 手元
ALTA DISTANZA 38 5.9
The ATTAS 5S 54 5.6
6S 63 3.6
Speeder EVOLUTION V 569S 59.5 4.5 先中
661S 66 3.7 先中
TENSEI CK Pro Orange 60S 64 3.5 手元
70S 72 2.9 手元

PING G410 フェアウェイウッドの販売価格と発売日

PING G410 フェアウェイウッドの発売開始日は2019年3月21日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは7種類ありまして、装着シャフトにより価格帯が分かれています。

  • 42,000円(税抜):ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 54,000円(税抜):The ATTAS、Speeder EVOLUTION V
  • 57,000円(税抜):TENSEI CK Pro Orange

PING G400MAXドライバー 試打・評価・徹底解説

PINGのG400 MAXドライバーについて取り上げます。

PING G400シリーズのドライバーは全部で4種類!

PINGのG400シリーズのドライバーは、G400スタンダードドライバー、G400SF TECドライバー、G400LS TECドライバーに加えて、後からG400MAXドライバーが発売され、全部で4種類のラインナップとなっています。

PING G400 MAXドライバー

こちらがG400 MAXドライバーです。先に発売されているスタンダード、SF TEC、LS TECは、ヘッドサイズがやや小ぶりの445ccなのに対して、G400MAXはルール限界の460ccとなっています。

ソールウェイトはG400スタンダードの2倍!


出典:https://clubping.jp/product/product2018_g400_max.html

G400スタンダードドライバーと比べて、ソール後方のタングステン・ウェイトは重量が2倍となっています。深重心設計で慣性モーメントが大きく、打点がブレても弾道がブレにくくなっています。また、低重心でもあるため、球があがりやすくなっています。

G400MAXドライバーの公式PVです。モデルの解説とプロ二人による試打・評価も紹介されています。

フェースのたわみが13%アップ


新たな反発素材 FORGED T9S+チタンがフェースに用いられていて、G400スタンダードモデルと比べて、フェースのたわみが約13%増加しています。

G410 PLUSのクラウンには、タービュレーターを搭載!


クラウンには空気の流れを制御するタービュレーターが搭載されていますので、無駄な抵抗が減り、ヘッドが走って安定して振り切ることができます。

G400MAXドライバーの試打・評価

マーク金井氏によるG400MAXドライバーの試打


スライサーよりもフックのミスが出やすい人の方が適しているそうです。

みんなのゴルフダイジェストによる試打動画


G400の4種類のドライバーを打ち比べた貴重な動画です。

鈴木愛プロによる試打


鈴木愛プロが発表会にて試打して解説してくれています。ちなみに鈴木愛プロのクラブセッティングでは同じG400シリーズのLS TECを選択しています。

PING G400 MAXドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト ALTA J CB
長さ 45.75インチ
フレックス TS/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約293g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

ロフト角は9°、10.5°の2種類が用意されています。ALTA J CBシャフトを装着した場合、シャフトは一般的なR、SR、Sに加え、更に硬めのTSも選択可能です。

PING G400 MAXドライバーの販売価格と発売日

PING G400MAXドライバーの発売開始日は2018年3月8日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは6種類あり、装着シャフトにより価格が異なります。

  • 63,000円(税抜):ALTA J CB、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 75,000円(税抜):ATTAS CoooL、Speeder EVOLUTION Ⅳ

 

PING G410 SFTドライバー 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 SFTドライバーについて取り上げます。

PING G410ドライバーは2種類リリースされている!

PINGの2019年のドライバーは、Gシリーズの10代目となるモデルで、G410です。G410からは2種類のモデルがリリースされていて、写真左がG410 PLUSドライバー、右がG410 SFTドライバーです。

前作のG400ドライバーでは、先に発売されたG400ドライバースタンダードモデル、後から発売されたG400MAXドライバーがニュートラルなモデルとなります。G410では、現時点でPLUSとSFTの2種類のみで、ニュートラルなモデルはG410PLUSドライバーと考えて良さそうです。SFTの方はこれまでと同様にスライサー向けのドロー仕様のドライバーとなります。本記事ではG410 SFTドライバーを取り上げます。

PING G410 SFTドライバー

こちらがG410 SFTドライバーです。G410PLUSではヘッド後方に可変ウェイトが搭載されていますが、こちらのG410SFTでは、ヒール寄りにウェイトが固定されています。

重心がヒール寄りに設定されヘ、スライスが出にくい!

出典:https://clubping.jp/product/product2019_g410_d.html

これはPINGのUSサイトの方で述べられている内容ですが、従来モデルのG400ドライバーと比べて、重心位置がヒール側に50%寄っています。

スライスを生む大きな原因の一つは、インパクトの際にフェースがスクエアでなくオープンになっていることによります。G410SFTドライバーは、重心距離が短く、ヘッドを返しやすくなっていますので、よりスクエアな状態でインパクトしやすくなり、スライスが抑えられる効果が働きます。

G410SFTドライバーのクラウンには、タービュレーターが6本搭載!

クラウンにはタービュレーターが6本搭載されていて、空気抵抗を極限まで抑え、ヘッドを振り抜きやすくしてくれます。

G410ドライバーの公式動画

フォージドフェースで、フェースがたわむ!

PING独自のフォージドフェースが搭載されていて、フェースがたわんでボール初速を高めてくれます。

G410 SFTドライバーの試打・評価

マーク金井氏によるSFTとPLUSの打ち比べ試打動画


G410のPLUSとSFTを打ち比べた動画です。

G410 SFT ドライバー、GOLF PLAYING 4による試打

みんなのゴルフダイジェストによる試打動画


こちらもSFTとPLUSを打ち比べた動画です。

PING G410 SFTドライバーのスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 59.5°
ヘッド体積 455cc
標準シャフト ALTA J CB RED
長さ 45.75インチ
フレックス X/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約291g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

前作のG400SFTドライバーでは10°と12°が用意されていましたが、今作のG410SFTドライバーは10.5°のみとなっています。G410PLUSドライバーの方はロフトが9°、10.5°、12°の3種類となっていますので、どうしてもロフトがあわないという方は、G410PLUSドライバーでウェイトをDRAWにして使うという選択もあります。

この前の章で紹介した試打動画の中で、PLUSのDRAWとSFTはあまり差が無いといった感想もありました。

PING G410 SFTドライバーの販売価格と発売日

PING G410SFTドライバーの発売開始日はPLUSと同じく2019年3月21日(木)です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは7種類あり、装着シャフトにより価格が異なります。

  • 69,000円(税抜):ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 81,000円(税抜):The ATTAS、Speeder EVELUTION V
  • 84,000円(税抜):TENSEI CK Pro Orange

 

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 PLUSドライバーについて取り上げます。

PING G410ドライバーは2種類リリースされている!

PINGの2019年モデルのドライバー、G410シリーズは、二種類のモデルがリリースされています。写真左がG410 PLUSドライバー、右がG410 SFTドライバーです。

PINGは後から追加モデルがリリースされることがありますので、スタンダードモデルがリリースされる可能性はありますが、現時点で考えると、G410 PLUSドライバーがスタンダードモデルと考えて良いかと思います。そして、G410 SFTドライバーは、ドローバイアス設計のスライサー向けモデルです。本記事ではG410 PLUSドライバーを取り上げます。

PING G410 PLUSドライバー

こちらがG410 PLUSドライバーです。前作のG400と大きく異なる点は、ウェイト調整機能が搭載された点です。

G410 PLUSはウェイト調整機能を搭載!

出典:https://clubping.jp/product/product2019_g410_d.html
G410 PLUSドライバーはヘッド後方に可変式の高比重タングステンウェイト を搭載しています。ウェイトは予め定められた3か所の位置に付け替えることができます。

ウェイト変更による弾道調整のレンジは、左右±10ヤードの範囲とされています。ドロー設定も可能となっていますので、「SFTモデルは不要ではないか?」という意見もありそうですが、SFTモデルはもっとはっきりとしたドローバイアス設計になっていますので、10ヤードで収まりきらないスライサーの方はSFTを選ばれた方が良いでしょう。

G410 PLUSのクラウンには、タービュレーターを搭載!

Gドライバーと言えば、タービュレーターです。G410 PLUSドライバーにもクラウンにしっかり空気の流れを制御するタービュレーターが6本搭載されています。無駄な空気抵抗を抑えてくれますので、ヘッドを速く振り抜くことができます。

G410 PLUSドライバーは、深低重心構造でブレない

G410 PLUSドライバーは、高比重のタングステンウェイトがヘッドの後方部に装着されていますので、重心は低く・深く設定されています。

これにより、慣性モーメントが大きくなりますので、弾道がブレずに直進性が高くなります。

フォージドフェースで、フェースがたわむ!

PING独自のフォージドフェースが搭載されていて、フェースがたわんでボール初速を高めてくれます。

G410 PLUSドライバーの試打・評価

みんなのゴルフダイジェストによる試打動画


前作のG400MAXと見比べながら解説している動画です。

マーク金井氏による試打動画


ウェイト位置を変更して試打した感想が述べられています。

G410 PLUS ドライバー、GOLF PLAYING 4による試打


二種類のシャフトで試打した動画です。ウェイトを外した試打もあります。

PING G410 PLUSドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5/12°
ライ角 59.5°
ヘッド体積 455cc
標準シャフト ALTA J CB RED
長さ 45.75インチ
フレックス X/S/SR/R
シャフト重量 56/54g
クラブ重量 約293g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

ロフトは9°、10.5°、12°の3種類が用意されています。G400MAX、G400スタンダードと異なる点として、12°が追加されています。

PING G410 PLUSドライバーの販売価格と発売日

PING G410PLUSドライバーの発売開始日は2019年3月21日(木)です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは7種類あり、装着シャフトにより価格が異なります。

  • 69,000円(税抜):ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 81,000円(税抜):The ATTAS、Speeder EVELUTION V
  • 84,000円(税抜):TENSEI CK Pro Orange