TSドライバーの全モデル徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4の特徴まとめ

タイトリストから2018年後半に新たに発売のTSドライバーについて、TS1、TS2、TS3、TS4の全モデルが出そろいましたので、特徴を比較してまとめます。

TSドライバーは全部で4種類!

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/drivers/ts-metals/

タイトリストのTSモデルは、2018年後期に新たに誕生したシリーズです。これまでのツアープロに合わせていた915、917といったシリーズとは全く異なり、スピードをテーマとしてゼロから作り上げたモデルです。

リリース当初はTS2ドライバー、TS3ドライバーの2種類で、917D2、917D3といったヘッド特性を表す添え字が継承され、主軸の2、3系がリリースされました。

これで終わりと思いきや、2019年に入り、ツアープロ向けのカスタムでTS4ドライバー、やさしさ重視のTS1ドライバーが追加されています。

TS1、TS2、TS3、TS4の概要を整理

それぞれのモデルについて、メーカーの説明を見てみましょう。

TS1ドライバー

EFFORTLESS. DISTANCE.

そのフルスピードは、想像を超える!パワフル・ビッグドライブ。

TS2ドライバー

STRAIGHT. SPEED.
その直進弾道スピードは、想像を超える!ストレート・ビッグドライブ。

TS3ドライバー

SPECIALIZED. SPEED.
そのマルチ弾道スピードは、想像を超える!カスタマイズ・ビッグドライブ。

TS4ドライバー

LOW SPIN. HIGH SPEED.
さらにロースピンでハイスピードな弾道をもたらします。

各モデル、冒頭での説明はこのようになっていまして、英語表記の部分がモデルの特徴・差異を良く表しています。

TS1は簡単、TS2は真っすぐ飛ぶ、TS3は調整機能が充実、TS4は低スピンモデル。差し詰めこのような感じになります。

TS1ドライバー

TS1ドライバーは、軽量化に拘ったモデルで、最も軽いシャフトを選択すると268gとなります。

これはゼクシオやPHYZと同じぐらいの軽さになります。つまり、ヘッドスピ―ドが遅い人でもタイトリストのドライバーを扱えるようになりました。

POINT

  • クラブ重量は268~275gでとても軽い
  • 弾道は高く、スピン量は普通。
  • 吹け上がる人は少ないロフトの方が良い。

タイトリスト TS1ドライバーの最新情報!試打動画もあり!

TS1ドライバーの試打動画を3本まとめ

TS2ドライバー

TS2ドライバーは、ドロー・フェードの重心調整機能がなく、オートマチックに働いてくれます。弾道は低スピンの高弾道で、従来の917D2や915D2よりやさしくなっていると言われています。

ミスへの強さもあり、直進性が高く、弾道を操作しない中級者におすすめのモデルです。

POINT

  • 直進性が高く、スピンも抑えられている。
  • 重心調整機能は無い。

TS2ドライバー 試打・評価・徹底解説

TS3ドライバー

TS3ドライバーは、ソール後方に見慣れた筒状の構造があります。ウェイト調整を行うことができますので、ドロー・フェードの設定が可能です。

従来の3系を使っていた方には違和感があるかもしれませんが、ヘッド体積が460ccのルール上限サイズで小ぶりではなくなっています。

POINT

  • 重心調整機能を搭載し、弾道調整の自由度が高い。
  • 3系だが、ヘッドサイズは460cc。

TS3ドライバー 試打・評価・徹底解説

TS4ドライバー

TS4ドライバーはシリーズ中、唯一ヘッドサイズが異なるカスタムモデルです。430ccの小ぶりなヘッドで、ウェイトもソール前方に搭載され、見るからにツアープロや上級者向けのモデルです。弾道は超低スピンの中弾道です。

POINT

  • ヘッドサイズが430ccで操作性が高い。
  • ウェイトが前側に搭載され、弾道は低スピン・中弾道。

タイトリスト TS4ドライバーの最新情報!動画もあり!

 

あわせて読みたい