PING G400 LSTドライバー 試打・評価・徹底解説

PINGから発売のG400 LSTドライバーについて取り上げます。

PING G400シリーズのドライバーは全部で4モデルある!

PINGのG400シリーズのドライバーは、まず2017年に3種類のモデルが発売されました。ヘッド体積は小ぶりな445ccで、スタンダード、SFT(ドローバイアス)、LST(低スピン)の3タイプです。

  • G400スタンダードドライバー
  • G400SF TECドライバー
  • G400LS TECドライバー

その後、翌年の2018年になってヘッド体積が460ccのG400MAXドライバーが発売されました。

これでG400シリーズのドライバーは全て出そろった形となり、全部で4モデルとなっています。

PING G400 LSTドライバー

こちらがG400 LSTドライバーです。PINGと契約していないツアープロが利用したことでも話題となり、極めて評価の高いドライバーです。

445ccのヘッドで操作性もありつつ、低スピンの強い弾道が特徴のドライバーです。

ウェイトが浅めで低スピン効果を生み出している!

G400 LSTドライバーの最大の特徴は、ウェイトの搭載位置にあります。他のモデルと比べて、ソール後方ではあるもののやや前よりに搭載されています。

重心が浅くなることで、バックスピンと反対方向に作業するギア効果が強まりますので、スピン量が抑えられ、おじぎしない強い弾道が生み出されます。

極薄クラウンと複合素材のボディーにより軽量化され、深重心により慣性モーメントが向上!

出典:https://jp.ping.com/

約0.43mmの薄さのクラウンと複合素材のボディーが採用されたドラゴンフライ・クラウン・テクノロジーにより、ヘッドが前作よりも軽量化され、重心が深くなっています。

慣性モーメントがアップし、飛距離と方向性が安定します。

フェースのたわみが16%アップ

出典:https://clubping.jp/product/product2017_g400_d.html

フェースには新反発素材のFORGED T9S+が用いられ、約4%強度が増し、約6%薄くなっています。前作と比べて、フェースのたわみは約16%アップしていますので。ボール初速を高め大きな飛距離を生み出してくれます。

クラウンにはタービュレーターを搭載!

左右3個ずつのタービュレーターがクラウンの前方に搭載されています。

出典:https://clubping.jp/product/product2017_g400_d.html

空気の流れがスムーズになることでスイング中の空気抵抗が抑えられ、ヘッドが安定して走ってくれます。

G400 LST ドライバーの試打・評価

みんなのゴルフダイジェストによるG400全モデルの試打・評価

ヘッド体積445ccのスタンダード、LST、SFT、そしてヘッド体積が460ccのMAXを打ち比べた動画です。

PING G400 LSTドライバーをコースで打った感想


やや短めの動画ですが、コースで打っているので実際の弾道や打音などがリアルで参考になります。アゲインストの中でも吹き上がることは無く、直進性が高いという評価がされています。

PING G400 LSTドライバーのスペック

ロフト角 8.5/10°
ライ角 58°
ヘッド体積 445cc
標準シャフト ALTA J CB
長さ 45.75インチ
フレックス TS/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約305g(Sスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

ロフト角はスタンダードモデルよりも0.5°たっていて、8.5°、10°の2種類となっています。ALTA J CBシャフトを装着した場合、シャフトは一般的なR、SR、Sに加え、更に硬めのTSも選択可能です。

PING G400 LSTドライバーの販売価格と発売日

PING G400ドLSTライバーの発売開始日は2017年9月7日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは他のモデルと同じく6種類で、装着シャフトにより価格が異なります。

  • 63,000円(税抜):ALTA J CB、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 75,000円(税抜):ATTAS CoooL 6、Speeder EVOLUTION Ⅳ

 

あわせて読みたい