M2アイアン USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのM2アイアンのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

M2アイアン USモデル

スピードポケットがミスを許容

M2アイアンはソールにスピードポケットが搭載されています。特にフェース下方でのオフセンターヒット時に、ミスの許容性を発揮し、飛距離の大幅な落ち込みを抑えてくれます。

グースが効いたつかまり感のあるネック

ネック形状はオフセットがあり、グースが効いた形状となっています。

ボールのつかまりを良くしてくれますので、つかまえて大きく飛ばしやすくなっています。

また、トップブレードが厚めになっていますので、フェース外周部に剛性があり、ミスへの許容性が高くなっています。

低重心で高弾道を実現

M2アイアンはソールがしっかりめになっていて、重心が下に集められています。

低重心設計により、ボールが上がりやすくなっています。

ロフト角は7番で28.5°と、ややストロングロフトですが立ち過ぎていませんので、ボールの上がりやすさと飛距離のバランスに優れています。

とにかく飛ばしたい人というより、中程度の飛び系で、球が上がって打感も良いものを求める方におすすめです。

M2アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 オフセット 長さ バランス
4 19° 61.5° 5.8mm 38.88″ D2
5 21.5° 62° 5.2mm 38.25″ D2
6 25° 62.5° 4.7mm 37.63″ D2
7 28.5° 63° 4.2mm 37.00″ D2
8 33° 63.5° 3.5mm 36.50″ D2
9 38° 64° 3.0mm 36.00″ D2
PW 43.5° 64.5° 2.6mm 35.50″ D2
AW 49° 64.5° 2.2mm 35.50″ D2

標準シャフト

  • M2 REAX S-75G
  • M2 REAX R-65G
  • M2 REAX A-55G
  • REAX 88HL by FST S

M2アイアンのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角、ライ角、長さはUSモデルと日本モデルで違いがありません。アイアンはロフト角が異なるケースがありますが、M2アイアンは同じ設定となっています。

ただし、クラブセッティングには違いがありまして、USモデルにはSWがなく、日本モデルには4番がありません。全体本数は変わりませんが、1番手ずれています。

シャフトの種類については、2017年の発売当時、日本ではカーボンがTM7-216、スチールがREAX-90 JPでしたが、当記事執筆時点では日本でもワールドワイドモデルとなっていて、カーボンがREAX 17、スチールがREAX88 HLとなっています。

また、シャフトの硬さについては、USと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

M2アイアンのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

しかし、M2アイアンについては、USと日本の公式サイトでの価格を見てみますと、USはカーボンシャフトの4~Pの7本セットが$599.99、日本はカーボンの5~Pの6本セットで29,900円となっています。日本の方はセットが1本少ないので、単品でSWを加えても34,883円です。

1ドル110円で計算すると約30,000円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい