SIM MAX Dドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM MAX DドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM MAX Dドライバー USモデル

SIM MAX Dドライバーの試打動画

USモデルの試打・評価

こちらはSIM MAX DドライバーのUSモデルを取り上げた動画です。

  • SIMシリーズは全体的にフェード系の球がでやすいが、SIM MAX Dドライバーはサイドスピンが少ない。
  • 簡単にドローが打てるわけではないが、サイドスピンが少なく、ストレートな弾道に近い。
  • 打感はやや硬め。SIMドライバーよりは柔らかい。

日本モデルの試打・評価

こちらは後から日本テーラーメイドから発売となってSIM MAX Dドライバーの日本モデルを試打した動画です。

  • ドロータイプが日本で売られるのは久しぶり。
  • Dと謳う程、すごくつかまる感じではない。
  • SIM、SIM MAXはつかまりを抑えたドライバーのため、ニュートラルぐらい。
  • 打感はSIM MAXと近いか同じ。SIMは乾いた感じの打感。
  • 構えた時につかまえてくれそうな安心感はある。
  • ヘッドスピードが遅めの方向け。

ドローバイアス設計

出典:taylormadegolf.com

ヒール寄りにインナーウェイトが搭載されていて、ドローバイアス設計が採用されています。

これにより、重心距離が短くなり、スイング後半でヘッドをスクエアに戻しやすくなりますので、ボールのつかまりが良くなります。

なお、多くのゴルフ評論家、試打者が述べている通り、SIMシリーズはもともとフェード系が出やすいクラブのため、ドローバイアスと言えど、ドローが出やすいわけではなく、どちらかと言えば、フェード系からニュートラルになったと感じられる方が多いようです。

いずれにしても、SIMシリーズの中では最もつかまりが良いドライバーとなりますので、右に出やすい方、スライス気味の方にはスタンダードなSIM MAXドライバーよりも適しています。

ラージフェース

出典:taylormadegolf.com

SIM、SIM MAX、SIM MAX Dとなるにつれ、フェース高が確保されていて、ラージフェースになっています。より構えやすく、ミスへの許容性も高まっています。

また、フェースのトップラインも他の2モデルと比べると奥に下がっていてグース気味になっています。この違いも、球のつかまりのよさにつながり、構えた時も安心感があります。

SIM MAX Dドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56~60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

UST Helium 5

フレックス 重量 トルク 弾道高さ スピン
S 54g 5.5 中~多
R 53g 5.5 中~多
A 49g 6.1 中~多

SIM MAX DドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、日本モデルとUSモデルで公式サイトで掲載されているデータに違いはありません。いずれもロフト角が9、10.5、12°の3種類となっています。

シャフトについては、日本モデルではSIM MAXとSIM MAX Dで標準シャフトが同じTENSEI BLUE TM50となっていますが、USモデルではSIM MAXとSIM MAX Dで標準シャフトが異なっています。

VENTUS BLUE 6からUST Helium 5になっていて、約11g軽量でスピンが入りやすく、打ち出しも高いシャフトになっています。

SIM MAX DドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM MAX Dドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$499.99、日本は73,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい